1 | 2 次ページ >> ▼ /
2006-09-27 09:49:02

秋、言葉は感覚。

テーマ:ブログ
半袖から
長袖に
衣替えするタイミングを見計らっているとき
夏が終わるさみしさと
秋の訪れへのわくわくが
交差する時。

いつもより豪華な食事を
と思っていたのに
タイミングを逃した給料日。
帰りにスーパーで買った
一房750円の葡萄。
ささやかな、贅沢。

夜、布団から首だけ出してぬくぬくしていて
なんだか暑くなって両腕を外に出したとき
少しヒンヤリする。
そのときはじめて秋を実感する。

おやすみなさい。

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-20 17:58:22

映画『親切なクムジャさん』

テーマ:ブログ
人は、何か大事なものを失うと必死で取り戻そうとするものだ。
しかし、何かの理由でどうしてもそれができないとき、
諦めるか、気が狂ってしまうか、どちらかだ。

しかし、彼女の場合はどういうわけか、親切になったのである。
それは、単に復讐のための、仮の親切なのか
本当の、素としての親切なのかは分からない。

分からないが、分からないなりに考えたすえ
ぼくは、後者なのだと思うことにした。

なぜなら、この映画のクライマックスは彼女のその親切さゆえに
とてつもなく残酷なものになってしまうのだから。

『親切なクムジャさん(氏)』
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-16 01:10:53

bitter sweet autumn

テーマ:ブログ
初めて彼女の部屋に行ったときのこと。

緊張とうれしさが入り交じった心持ち。
テレビのバラエティ番組でタレントがワーワーと騒いでいるのが見えたり聞こえたりするが
それは遠くの喧噪のよう。
テーブルに置かれた二つのマグカップからは温かな湯気がゆっくりと立ち上っている。
一口飲む。
コナコーヒーのほろ苦さと甘い匂い。
それらが一瞬、ぼくの心持ちと解け合い、そうしてなぜだかぼくは、この秋という季節が好きになる。







AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006-09-16 00:59:13

本である。

テーマ:ブログ

人生の教訓は
人との出会いから生まれる。
だが
だいたいの場合において
その誕生は出会いからずっと後のことだ。
気づかされる
その瞬間にそばに在るのは
だいたいの場合において

本である。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-16 00:30:42

poor

テーマ:ブログ
何時だろうと朝は眠い。
ギリギリまで寝て飯も食わずに
9時5分前の地下鉄に飛び乗る。

そんな毎日にようやく終止符を打つことができた。
編集室に缶詰で寝られない、というのを抜きにしたら、昼夜うまい飯が食えるわけだ。
相変わらず鋭い目つきの上司はその目をギンギンに血走らせてぼくを叱ってくるが。
そのお陰で
たとえば、なにかが右の耳から入ってきたら左の耳を塞ぐ、これがようやくできるようになってきた。
でも
どうやったってできないことがあって
それは、毎月口座に入ってくるヤツが出て行くところを塞ぐこと、である。

poor
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-14 10:28:07

share

テーマ:ブログ
ココではすべてが共有される。
パソコンも、ビデオカメラも、
もちろん、普段食べるちょっとしたお菓子も、だ。
いっそのこと、共有化の名において全てが許される社会になってしまえばいい。
「自己」から「自他」満足へ。
また、そういう場で、youtubeのように時間軸というものがなくなってしまえば
もう完璧、超フラット!
さて、それじゃあ皆さん同じスタートラインに立ったところでヨーイどんっ。
おれはやっぱり一着を目指すよ。
共有できない一着を、ね。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-11 21:57:33

9.11朝

テーマ:ブログ

すごい音で5時半に目が覚めた!
築40年のぼくの住んでいるアパートは一瞬、地震体感住宅のようになった。
どうやら家のすぐ近所で雷が落ちたらしい。
でもそんなふうに気づいたのは、その音を聴いてから少し落ち着いてのことだった。
最初は爆弾が落ちたんだと寝ぼけた頭で確信してた。
9.11だしテロだか戦争が始まったんだとリアルに感じてもう怖くて布団にくるまってた。
その後すぐにザーーって音が聞こえてやっと、あぁ雷で豪雨なんだなと気づいた。
いやあ、でもすごい音だった。
もうテロがおこりませんように。
ピースです。
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-04 19:16:09

神戸にて。

テーマ:ブログ

神戸の港に行ったことがありますか?

ここは横浜、桜木町なんじゃないですか?

というぐらい激似。


まず、中華街に行った。

食べ放題の店に入ろうとするとおもちゃの拳銃をもった

中国人とおぼしき定員が笑顔で、そして強引にいらっしゃいませと

ぼくらを店の中へ案内した。

店の外でパンパンとビービー弾を発射している音が聞こえる。

その光景にあからさまに不快感を覚えている他の客を尻目に僕らは食った。

というか食い過ぎた。まじで気持ち悪い、あの黒い牛の煮物。

ていうか、ホントこの店、店員の出入りが激しい。

三分置きぐらいにバタンバタンとエントランスのドアが開け閉めされる様子を見て

ココは中国版ゴッド・ファーザーか!と思ったのはぼくだけだろうか。

いや、たぶん傍に居た友人も同じことを思っていたはずだ!

その後、神戸の港へ移動。

そこは、昼寝をするのにはもってこいの場所で

いかに桜木町に激似でもやっぱりここは神戸、関西なんだなというような光景がいくつかあった。

そのうちのひとつ。

ピンクの電話の清水よし子がロケしてた。


以上、旅日記おしまい。






※ココまで読んでくれた方、本当にありがとう。半分、忘れないためのメモみたいなものですが、ありがとう。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006-09-04 19:01:43

大阪。

テーマ:ブログ

朝、目が覚めると、少し肌寒く感じた。

女将さんにあいさつをし、あたたかい朝食を胃の中にほうりこみ

少しだけ肩に食い込むバックパックを背負って民宿を出たのは10時過ぎのこと。

今回の京都は、昨日のできごとでお腹いっぱいだった。

今日はゆっくりお土産でも見ようと決めて歩を進めた。

それからしばらくして、歩は車輪へと変わる。

一日1000円のレンタルサイクルを借りたのだ。

京都ってもちろん新しい家屋もあるけど、古い民家がそのまま残っているのが多い。

そういうのが、ポツポツっとお土産物屋さんをやってる。

いろいろ巡って、いろいろなものを買った。


夕方4時ごろ、友人の待つ大阪へ。

香里園という駅で降り、近くのスタバでレイバックしてアイポッドを聞いていると

来た来た、よく見た顔。なんも変わんねーな、大阪でも。

そいつん家で少し休み、心斎橋とか「ザ・大阪」みたいなところを一通りビデオ片手に観光。

ってかココ、新宿??

なんかあんまり日本ってどこも変わらないね、という話をしていたとき

食い倒れ人形がぼくらをバカにしたような顔で少し笑ったような気がした。





いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2006-09-04 18:27:11

京都

テーマ:ブログ

清水寺ってすごい。

何がって、その建築が、とかの前に、その閉寺時間が!

6時半って。俺、6時20分に着いたんだよ。くそツライ坂を上ってだね。

でも、入り口で粘ったら、20分間見てもいいって。

それで、自慢のカメラを携えて、あの有名な舞台まで行ったんだ。

そしたらなんだよ、「アンニョハセヨ」って!

つまりね、韓国から遊びに来てる女性に声かけられた。

その子は、清水寺の手を洗うスペースの水を、ペットボトルに必死につめてた。

「これ、飲めるんですか?」って、うん、どうだろう。


しばらく片言の日本語で話していた彼女は、どうやらシドニーに留学してたことがあるらしく、英語も話せる。

それを早く言えよ、と。俺もだぞ、と。

それから、なぜか、同じように日本に遊びに来ているスペイン人の作家も加わり

清水寺そっちのけで盛り上がる。

気がつくと、もう夕暮れ時で、お腹減ったね、ということで祇園に行くことに。

スペイン人は、別件があるとのことで、メアドを交換してサヨナラした。


俺は初日だし、ここまで徒歩で来たし、少々豪勢にいきたかった。

そう思い、先斗町という所の、川沿いの赴きのある、これまた小洒落たご飯屋さんに向かう最中。

でもアタシこれしか今日は使えないの、と出してきたのは、1000円。

それなら、と思い方向を180度変え、道すがら目に入っていたそば屋に入った。


彼女とは、たくさんの話をした。

日本と韓国の若者の違いについて(たいした違いはないらしい)。

徴兵制について(そのせいで付き合っていた彼氏と別れたらしい)。

宗教について(最近、洗礼を受け、カトリックになったらしい)。

あと、ぺ・ヨンジュン氏について(もう本国ではあまり有名じゃないらしい)。

店を出て、思いがけず、パチンコ屋の前に冬のソナタのポスターを発見。

それをバックに、パシャリと一枚。

それから、彼女と別れ、寝床についたのは午前2時をちょうど回ったとこだった。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 次ページ >> ▼ /

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。