スイッチ | そうめん屋のキセキ

そうめん屋のキセキ

そうめん屋が仕事を通しての出来事や思った事・感じたことをとりとめもなく書き綴っています。また、そうめん屋の日常生活。

食べた人の心に訴えかけるようなそうめんを作るためには
どうしたらいいか?日々、奮戦中!!


先日11月23日と24日、長崎の東急ハンズさんに催事に行ってきました。連休ということもあり、沢山のお客さんで溢れていました。
そんな中での試食販売ということもあり、何とかなるだろうと軽く考えていました。

ところが、私のブースの前を沢山の人が通るのに誰一人、試食さえしてもらえない。どうすることもできず、1日目が終了。2日目もそんな感じで時間だけが過ぎていきました。
そんな時、担当の方が、一緒になって声をかけてくれました。その時、ハッと思いました。自分は何をやっているんだろう。前にドンドン出ていって、もっとお客さんにアピールしないといけないと。
ここ最近の催事では、どうせ売れないとばかり思い、ブースの前に出ていってアピールすることを諦めていま

ここで私のスイッチがやっと入りました。すでに時は遅しでしたが、二週間後の福岡の催事では、初心に返って頑張りたいと思います。

売り上げこそ、上がりませんでしたが、私自身にとっては大きな収穫であり、ここ最近の自分の戒めにもなりました。

東急ハンズのスタッフのHさんに色々と勉強させていただきました。どんな時も笑顔で接客しているところや私たちにも分け隔てなく接してするところ、本当に得るものたくさんでした。
ありがとうございました。

12月8日、久留米の催事、頑張るぞ。