駅弁『ほろほろランチ』(大月駅・『桂月館』)<伊那路・甲斐路の旅 その14> | 酔扇鉄道
2010-05-23 13:43:18

駅弁『ほろほろランチ』(大月駅・『桂月館』)<伊那路・甲斐路の旅 その14>

テーマ:SRE(酔鉄レストランエンタープライズ)

酔扇鉄道-TS3E8814.JPG

大月駅の富士急行線ホームにてワゴン販売されていたのを購入しました。
ほろほろ鳥は、アフリカ原産でフランス料理の高級食材の一つとして知られ、日本国内でも富士山麓などごく一部の地域で飼育されているのみやそうです。



酔扇鉄道-TS3E8815.JPG

この駅弁にはそのほろほろ鳥の燻製が入っています。
ほろほろ鳥を食べるのは初めてでしたが、あっさりとした味で癖が無く、またかなり柔らく、あっという間に口の中でなくなっていく感じで、何とも美味でした( ̄▽+ ̄*)
左側には、オリファン・ロゼという甲州ワインが100ml。
こちらも癖のない爽やかな飲み心地、アルコール度数は10度なので食欲増進には丁度良い感じですね。
ワインの製造元は地元の「笹一酒造」というところで、富士急のお土産用ワイン(赤・白)もここが製造しています。

その他は全体的に洋風というか、ちょっとお子様ランチっぽい感じで、栗が載っかった味御飯に、フライドポテト、海老フライ、ウィンナー、玉子焼き、蒲鉾、などなど。
ほろほろ鳥と甲州ワイン入りのため、価格は1,200円ですが、その他のおかずの旨さやボリュームをも考えれば、決して高すぎることはない、充分価格に見合った内容やないでしょうか。



さて、大月の駅弁業者である『桂月館』さんですが、現在、駅弁の(駅での)販売は土・日・祝の富士急行線ホームでのみとなっているようです(JRホームの売店では取扱がないようです)。
やはり大変なんでしょうね・・・

『桂月館』さんでは他にもいくつか駅弁のラインナップがあります。
休日に大月へお立ち寄りの際は、是非富士急ホームへ!
買って損はあらへんよ♪(°∀°)b

酔扇さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス