満足度 | 酔扇鉄道
2006-01-04 23:59:59

満足度

テーマ:ブログ

5.0















年末に、出講している予備校の内の一つから、ある通知が届いた。
















「授業アンケート」結果の通知だ。



この予備校では、前期と後期の2回、それぞれの授業ごとに、受講生に対し記述・記号選択式のアンケートを書かせる。



記述式の方は、その授業を受けての感想や要望などがあれば書けというもので、「特になし」と書く生徒も多い(やはりめんどくさいのだろう)。こちらに関しては、出講している校舎のスタッフがすぐに見せてくれる。先日(もう二ヶ月以上前だが)見た限りでは、良いふうに書かれてはいたが、悪いように書かれたものは無かった。





で、今回郵送されてきたのは、記号選択式の方で、こちらは「出席」「板書」「説明」「満足度」「分量」について、それぞれ1~5のいずれかの数字で回答する形式。内訳は、1=悪い(足りない)、2=やや悪い(やや足りない)、3=普通(適量)、4=やや良い(やや多い)、5==とても良い(多すぎる)、となる。




アンケート結果は当然次年度の契約の際の査定材料になるわけで、悪すぎるとクビである。講師自身の処遇に特に関わる項目は、「板書」「説明」「満足度」の3項目。各項目とも最低で1.0、最高が5.0となる。





















・・・そして私の評価はどうかと言えば、3項目とも冒頭に示した通りである。つまり5.0、最高点だ。







嬉しくない。















なぜ?!















いや、生徒みんなが満点を付けてくれたこと自体はとても嬉しいのだ。















しかし、人事サイドが、このことをきちんと査定に反映してくれるかどうかはまた別だからだ。















2年前(つまり2003年度)、同様のアンケートで「4.65」を出したことがある。それまではずっと3点台で低迷していた。




これに対する査定の結果は、時給200円アップのみ。コマ数はそのまま。当時のコマ数は60分×4コマでいずれも現役クラス(高3生対象)のみで、本科(浪人生対象)のコマは無し。




で、2005年度現在はどうかというと、時給はそのままで(これは数字が4.4だったためか)、コマ数は60分×2コマ。実は本来コマ数も4コマのままだったのだが、うち2コマは時間と曜日の都合が合わず、変更してくれるよう要請したところ、一蹴され、そのまま無しにされた次第。
















こんな予備校にどれほどのことを期待すればよいのやら。





それでもすぐに「やめてやる!」と言えないのが何ともはや。





紙面上

居並ぶ数字

冷たくて

せめて生徒の

顔をば思う



酔扇





・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・






               2006/01/04大阪駅10・11番案内

JR大阪駅にて。こういう表示を見ると何とも言えずそそられるものがある。





銀河



               2006/01/04寝台急行銀河

寝台急行『銀河』・東京行き。牽引する電気機関車はEF65 1100。寝台列車・・・魅惑の響きだ。




・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・





<一日一Q>

「西鉄路線バス『いとうづゆうえん』行き」




                  西鉄路線バスいとうづゆうえんチョロQ

九州の大手私鉄である西鉄は、鉄道よりもバス事業のウェイトが高くなっている。と言うか、最大手のバス会社なのだとか。



西鉄のバスチョロQもいくつか出ているが、これは『いとうづゆうえん』が閉園になるのを記念して発売されたものらしい。



このチョロQ、店によって付けられている売値に差がありすぎる。日本橋の某レンタルショーケースだと2,100円。月に一度梅田で開かれるチョロQ等のグッズ販売会場では5,250円。



そして私が実際に購入したのは梅田の『まんだらけ』。ここでは525円。



・・・評価とは、何とも儚いものである。



酔扇さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス