●中国 湖南省 ニワトリが「H5N1型」鳥インフルエンザに感染

2020年2月2日

中国の湖北省で新型のコロナウイルスの感染が拡大する中、隣接する内陸部の
湖南省の養鶏場でニワトリが「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに感染しているのが確認され、当局は警戒を強めているものとみられます。

これは、中国の農業農村省が1日発表したもので、湖南省邵陽にある養鶏場で、ニワトリが「H5N1型」の鳥インフルエンザウイルスに感染しているのが確認され、4500羽が死んだということです。

感染の確認を受けて、およそ1万7800羽が予防的に殺処分され、感染が広がらないよう処理をしたということです。

鳥インフルエンザはもともとは鳥に感染する病気で、「H5N1型」と呼ばれるウイルスはヒトにも感染して重い症状を引き起こすことが知られています。

中国では、去年、東北部、遼寧省の鳥の飼育施設でも感染が確認されていて、2015年には、内陸部、四川省で感染した男性が死亡したと伝えられています。

新型コロナウイルスの感染が拡大する中、中国当局は、鳥インフルエンザの感染の拡大にも警戒を強めているものとみられます。

 

 

湘北省の新型コロナに続いて新型インフルエンザ(H5N1)が発生って……こーいっちゃなんだけど神サマが中国人を減らそうとしてるの?

――などとブラックジョークは置いといて豚コレラも収束していなかったですし中国国内の食料供給面でも打撃になりそうですね。

これで鳥から人に感染するよーなコトにでもなれば……一気に社会秩序が崩壊するんじゃないの?(棒

 

その際は「山には賊、湖水には匪のいないところなし」といわれた水滸伝さながらの無法社会が出現するのでしょうが、そーなると安心安全を求めて日本に渡って来ようとする輩が大勢出るでしょうね。

しかし! そんな『難民』化した中国人の方がどんな疫病よりも質が悪いでしょうね!

すでに日本国内のあちこちで団地やタワーマンションなどを乗っ取ってコロニーを作り我が物顔で勝手気ままを通そうとする連中が出没しています。

しかしそんな「郷に入っては郷が従えといわんがばかりの身勝手を許してはなりませんし、日本は許さないでしょう!

ちゃんと「郷に入っては郷に従え」を実行できない特亜連中は要りません。

インバウンドだの観光客誘致だの、数ばかり多くてもいくらカネを落としても長い目で見て日本社会の良き秩序を乱し壊す侵略者になるなら“害”でしかアリマセン!

 

今回の今の疫病騒ぎはそうした点を今一度見直す意味である意味良かったんじゃないでしょうか?

そう思えてなりません。

 

 

 

タイトル鬼子っ










 

人気ブログランキング参加しました~w よしければクリックお願いします