<< 前ページ 最新| 1 | 2 | 3 | 4 | 5
2012-03-26 02:10:15

屋号のこと①

テーマ:■翠風窯suifuyou*について

会う方やお客様に、たまに聞かれます。


「なぜ翠風窯ってつけたんですか?」




長い話になるので、立ち話を躊躇するわたし。。。

なので、いつもかなりハショリます、すんません。

こういう話はなんか、しながら自分で居心地の悪さを感じます。

なので、書いてみたもののアップせずに消したことも。

また消すかもしれないけれど、一応書いてみるとします。



けっこう軽いキモチでした。

こんな風に活動に使う名前になるとは、予想せず。

陶芸教室の先生とわたし、場所は行きつけのお寿司屋。

シチュエーションが違ったら、きっと違う屋号をつけていたと思います。

もっと、ひらがなとか・・・英語とか・・・。


そもそも屋号が必要じゃないかってハナシになったのは、思いがけなく電気窯を手に入れたからです。

これがなかったら、電気窯を自分で「買おう」とも思わなかったかもしれません。



それは2003年。

陶芸を始めて3年半。

陶芸コンテストへの、2回目の出品。

特にコンテストとか賞に興味があったわけではないです。

ただ、最初に、



出品料が1点につき¥2000!安!



お財布のヒモがかたい貧乏性なワタクシ、腕試しが¥2000なら、まーいいんじゃん?

入選くらいはするかな?(しなかったらさみしいので実は弱気・・・)

なんかのマチガイで、もしかしてちょっとした賞なんか取っちゃったら商品券とか電動ロクロとかもらえるしー。

安易、安易。。。

そういうカンジで、


1度目、入選いただきました。

ホ。。。ヨシヨシ。


翌年、2度目、、、







なんと大賞いただきましたm(_ _)mわお。







副賞、50万相当の電気窯。








その後しばらくは、

「そんな話(窯を貰うなんて)、初めて聞いた!」

いろんな方に言われる度に、

「わたしも初めて聞いた!!」

まるで他人事の気分!

(未だに)


母は、報告の電話を一度切った後にまたかけ直してきて、

「あんた、電気ガマって、ご飯炊く釜じゃなくて陶芸の窯じゃないもしかして?」


「・・・イヤ・・・わかってるって・・・」



ウソみたいなホントのハナシとはこのことです。


AD
コメント(0)  |  リブログ(0)
<< 前ページ 最新| 1 | 2 | 3 | 4 | 5

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。