新居での暖房は、ガスストーブを選びました。
ガスファンヒーターではなく、赤外線ガスストーブという風の出ないものです。



ゴローンとダイニング横に鎮座しています。結構大きい。
吹き抜け上のロフトでサーキュレーターを回しておけば、これ1台でLDK+子ども部屋は暖かくなります。

そしてこのストーブの良いところは、上で色んなものを温められること!



ポットを置いておけばお湯が沸きます。
お芋やパンも焼けます。
多分鍋も出来るんじゃないかなーと思っていますがまだやってません。

もう一つ、ガスストーブは燃焼で水蒸気が出るので乾燥知らずです。
だいたいいつも50~60%あります。

ガスコックは床埋め込み式でこんな感じに作ってもらいました。



ぱかーん。



夏になったら穴のないフタに替えれば目立ちません。



換気だけは気を付けないといけないし、ガスコックをあらかじめ計画しておかないといけないけど、冬の暖房器具としてはとても優秀なんじゃないかなーと思います。
コードがね、邪魔だけどね。
これから家づくりをされる方は、興味があったら是非ガスコックを計画されることをお勧めします…!
じわじわ芯まで暖まって快適ですよー!

にほんブログ村 住まいブログ 一戸建 注文住宅(施主)へ
にほんブログ村


注文住宅(施工主)ランキングへ

*****

こちらの記事が、広島住宅総合館様のサイトに掲載されました!
広島以外の情報も扱っていらっしゃるので、家づくりの参考にどうぞ。



*****