まず英語について書こうと思います。


ですが、私は学習方法についてお伝えするつもりはありません。


何故ならば、英語学習のプロでは無いので。



前の日記にも書きましたが、私は3年前初めてアメリカに渡ったとき、全く英語が話せませんでした。

・ではどうやって合格したのですか?と、よく質問されます。

今回はそれについてお伝えしていこうと思います。


答えは、

「あいらぶふぉーてぃーないなーず!!!!!」


を連呼して合格しました。

これは本当の話です。

紙に名前と出身+その様な事などを書き、それを面接では手汗びっしょりになりながら、読み上げました。


でも、今思えば、それがきっとこの子一人でもアメリカで生きていけそう、おもしろい、と思われたのでは無いでしょうか。


私はこの度胸が一番の合格理由だと思っています。

2012年初めて挑戦した時の私は、お世話になっている齋藤佳子さんにも、今までの受験者の中で一番の自信の無い人間だったと、よく笑い話として言われているほど、ひどかったです。ホテルのチェックインさえ、佳子さんにしてもらいました。



・では、どうやってこの度胸を身に着けたのか。


とにかくNFLチアリーダーになりたいという気持ちを高めた、それだけです。

中途半端なものでは無く、本気で。


その気持ちが大きければ大きいほど、どんなに分からなくても、ニコニコする!笑ってごまかす!という事ができるのです。



落ちてから1年間、本当に勉強しました。

悔しくて悔しくて、とにかく英会話、映画を英語字幕で見る、英会話カフェ、教科書で文法のやり直し。

何冊の英語教材を買ったことか。



今思えば、中学レベルの簡単な事しかやっていません。

ちょっと思い出した程度の1年にしかならなかったし、こちらに来た時は全く通じませんでした。



でも、私なりに全力で勉強し直した事は、私に自信を与えてくれました。



今の私はそれなりにチームメイトと冗談を言いながら、コミュニ―ケーションを取る事ができるレベルになっています。

日本に帰ったら喋れる人に分類されるかもしれません。


でも、それでもまだここで、ネイティブの中に入れば、喋れない人だという事をひしひしと感じますし、アメリカ在住歴の長い先輩方の足元にも及ばないのは百も承知です。


最低1日1回は辞書を引いて新しい単語を調べています。




アメリカに語学留学に来た人が半年くらいで気付くのが、

英語はツールでしかないという事。


大切なのは英語を使って何をしたいか。


私の場合は、英語を使ってチアをしたかった。

それがあった事が一番の勉強要因です。


佳子さんや、典子さんに

『美香ちゃん、まずは自分でやってみなさい。困ったら助けて上げるから。』


そう言われた時も、腹をくくる事ができたのは、自分が英語でチアをしたいという理由があったからだと思います。



今日本で英語を勉強したいと思っている人は、英語をなんのために勉強するのかをまず考えるべきだと思います。


そして、それが定まったら本気で勉強できるのではないでしょうか?

本気で勉強した先には、レベルに関係なく自信がついてくると思います。



恥ずかしいですが、あいらぶふぉーてぃーないなーず!!!はそこから出た言葉だと今は思います。



笑われてもいい、喋れないのかこの人って思われてもいい、やる事やってる人は絶対伸びる!そう信じて頑張りましょう!!!