December 24, 2009 05:05:52

【読書日記】料理こそ最大の自己啓発!-「あなたの年収を3倍にする料理のパワー」

テーマ:読書日記
おはようございます。
本日の1冊はコチラ↓


「あなたの年収を3倍にする料理のパワー」 臼井由妃 総合法令出版


そういえば、最近料理をする機会が減りました。
実はこの本、著者の臼井由妃さん から頂いたのですが・・・
見透かされていたのでしょうか?笑

以前、臼井さんのお料理を頂いたことがあります。
芯まで味の染み込んだ煮物、出汁のよく利いたお吸い物などなど。
見るからに手の込んだお料理でした。

あとでお話を伺うと、何と朝から市場へ買出しに行き、
仕込みをしていたのだとか!
そのもてなし力に感動したことを、本書を読んで思い出しました。

料理には、不思議な力があります。
それを意識することを「料理力」と臼井さんは呼んでいます。

「料理力とは、一言で言ってしまえば、『自分の人生に成功を引き寄せる総合プロデュース能力』が身に付くことなのである。
成功をする人は、必ず総合プロデュース能力が身についている。この能力には、感謝や思いやりの心、相手の立場やタイミング、そして時代の状況を瞬時に読み取る感性が必要になってくる。さらに、常にトライ&エラーを繰り返し、初心を忘れない。」(P20)

私は以前、2年間居酒屋のキッチンでアルバイトをしていました。
なので料理は好きです。
社会人になってしばらくは、お弁当も作っていました。

アルバイトしていたときのことを思い出すと、「料理力」のことが
すんなりと理解できました。
その場の状況、お客さんの入り具合や予約状況を確認して、
今自分は何をすべきかを考える。
一人ひとりが考えて行動しないと、忙しい時間帯は回りません。

本書でも書かれていますが、料理で一番重要なのは「段取り」。
段取り八分と言っても、過言ではないと思います。

「できる人とできない人の決定的な差は、段取り力だ。
できない人は、何を優先して行うかが分からず、今必要ではないことばかりに奔走して、納期を引き延ばし、無駄な体力と気力を消耗する。
(中略)一方、できる人は、分析結果をもとに、今やるべきものを見極め、優先順位をつけてこなしていく。」(P73)

料理は、同時進行で作っていくことが普通です。
あと何分でごはんが炊けて、それまでにおかずを何品作るか。
どういう順序で作っていくか。

きちんと描けていないと、時間通りに完成度の高い料理を作る
ことができません。
ゴールから俯瞰して、プロセスを導く。
そして、相手にバリューを提供する。

やはり、料理力は仕事力ですね。
ちなみに、臼井さんの知り合いの社長さんにアンケートをしたところ、
なんと9割もの人が料理好きと答えたとか!
ビジネスで成功している人は、料理の力を意識されているんですね。

最近ちょっと、料理も食事のためになっていたので・・・
意識して作ってみようと思いました。


料理を普段しない人こそ、ぜひ読んでみて下さい!
きっと料理への考え方が変わるはずですよ。



最後に応援クリックお願いします☆

皆さんの応援で元気が出ます(´∀`)♪


あなたの年収を3倍にする料理のパワー 「仕事のスキル」「潜在能力」が開発される究極の自分磨きツール/臼井 由妃
¥1,365
Amazon.co.jp




AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

ハマの読書王子@sugiyuzuさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

このエントリーをはてなブックマークに追加 Related Posts with Thumbnails

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。