固定概念 | 鉄家具日記

鉄家具日記

鉄家具を作る杉山製作所のスタッフ日記。私たちの日常の風景や商品のご紹介をお届けします。

こんにちは。村上です。

先日お客様との会話の中での話です。

「固定概念にとらわれたらアカンよ」という言葉がありました。

大学時代はよくそんなことを考えていましたが、実際社会に入ると現実との闘い。

固定概念という言葉すら忘れそうになっていました。

 

これは一例ですが、そのお客様が資料館を設計する際のお話。

「普通は展示物があってすぐ近くに説明文があるんやけど、それだと人はまず説明文を読み始めんねん!

それだと本来見てほしい展示物に目がいかんし、考えへん。だから展示物には説明文なしにして気になった人が後から見れるようにしたんや」

私は腑に落ちました。

 

その言葉は私たちの開発している製品に対しても考えさせられる言葉で

「椅子の脚は4本が普通?」「テーブルはこの形が普通?」

固定概念をなくすことで新たな道が描けるかもしれないと。

 

これに関しては、しっかり現実を細かく受け止めた上での話

だからこそお客さんがこの言葉を出せることがすごいと素直に感じました。

挑戦して、評価を受けるには、「固定概念にとらわれない」という言葉が、今の私にささった言葉でした。

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

http://www.kebin.jp/