ラウンジチェアの考察 | 鉄家具日記

鉄家具日記

鉄家具を作る杉山製作所のスタッフ日記。私たちの日常の風景や商品のご紹介をお届けします。

こんにちは。村上です。

先週ワークショップが社内であってからラウンジチェアについての考えが自分の中で変化しつつある。

ラウンジチェアは現在4つのデザインを進めていて、どれも現状の椅子のデザインを継承するものです。

写真はHoopチェアのデザイン継承した試作品

ダイニングチェアはある程度「座り心地」が求められます。

ご飯を食べるのに座り心地悪かったらいやですもんね。なので多くの人がこれならいいかなというマスを狙います。

一方ラウンジチェアは座り心地以外にも、「佇まいがいい」「どう座って時間をすごすか」「座った時の見える景色はどうか」

など座り心地以外に求められる部分があります。

言ってしまうと、多くを狙わなくても、気に入ってくれた人を口説けばいいという事。

つくり手としても遊び心をだせるという事です。

椅子に関して最優先で考えてきた自分としては、頭の思考をシフトするのが一番の課題。

もうワンステップちがう領域に入るすべを模索しながら2次試作へ進んでいきます。

 

株式会社 杉山製作所

□501-3829 岐阜県関市旭ヶ丘3-13

TEL:0575-22-0554 FAX:0575-22-4035

村上