シマダアユミブログ 181111 | 鉄家具日記

鉄家具日記

鉄家具を作る杉山製作所のスタッフ日記。私たちの日常の風景や商品のご紹介をお届けします。


テーマ:
今週は社内で商品開発ワークショップ

{CD803A02-D445-46AD-8E57-21B1FEA865CA}

スタッフみんなで新作ソファの検証、何度か試作を繰り返すことで洗練されたデザインに杉山らしさが加わり、ずいぶんと仕上がってきました。

{4398CB4B-A6FB-4497-B774-01F1BEAF71B7}
 
カウンターチェアはいま取り組んでいる課題です。デザインをした村上くんがプレゼン!
なかなか攻めたデザインに挑んでいます。

もう一つの商品開発はイギリスのセバスチャン・コンラン氏とやっています。

{6847645C-A170-4BCD-9B63-E1B7B448BDF3}

今回は最終打ち合わせ。
来年1月のメゾンエオブジェで発表します。
海外の方から見る日本の良さをデザインに!
仕様はヨーロッパでも受け入れてもらえるように。コンラン氏とだからできた製品になりました。最後の仕上げまでしっかり詰めたいと思います。

最近気になった言葉より

ちょっと長い文章ですが…わかりやすい解説です。

 事は起こるべくして起こるもの 

 

人生とは実に面白いものです。

自分にとって都合の良い事、悪い事、いろいろな事が起きるときには同時多発的にタイミングを合わせたかのように起こるときがあります。

 でも良く考えてみると、実は良い事、悪い事とは、自分の一部の主観に過ぎないことが理解できます、そしてそれは自分にとってこの時期に理由も意味も有って起こるように仕組まれていたと結論付けられる思いが湧いてきます。

 

 それを多くの場合、自分の現在の都合に照らし合わせて「良い事」、「悪い事」と勝手に思い込むのかも知れないですね。 

 本当は「良いと思った事」は、未来の悪い状況に繋がり、「悪いと思った事」が、未来の良い状況に繋がることなのかもしれないのです、ただ今はそれが理解できていない状況にあると言えなくも無いのです。

 

事が起きた時、自分がそれをどう見てどう感じるかが本当のところ重要なのです。 

 一時的な「良い事」、「悪い事」で片付けてしまって、それによって一喜一憂しても仕方ないのです、重要なのはこれから先の展開なのです。 

 

人生は意外と短いようで長いものです。 

そして起きてしまった事を、この瞬間にあれこれと考えるのは遇の骨頂! 

起きたことを潔く認めて何故起きたかを分析し、これからどうするか、この先どうすれば理想に近づくかと思考し行動することが肝要だと思います。

 

物事成るようにしかならない。 

そして、成るように動けば、事は居心地の良い落ち着くところへ落ち着きます。

 

常に事は脈動しながらも安定を求める、これは自然の法則でもあり、事実宇宙創生も我々人類の進化もその過程によって起こったものです。

バランスが崩れればバランスを取るように、これ自然界の摂理なり。

 

雨が止まない事はない、また晴れが続くこともない、同じ状況が連続することはありえません。

そして「良い事」と「悪い事」は同じ次元で起きているということ、つまりはそれぞれに逆の要素が含まれているのです。

「良い事」の裏に潜む怪しい陰を見切ること、「悪い事」の裏に潜む自己成長に繋がることを見出すこと、これこそが現実を正確に受け入れると言うことです。

 

時を待て! 

冷静に現実と周囲を良く見ろ! 

今ではない、5年後、10年後の在るべき姿を思い描け!




鉄家具日記さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス