感謝がダイレクトに伝わる方法 | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

 

笑顔3割増しをモットーに

人財育成コンサルタントの杉浦永子と申します。

 

 

感謝がダイレクトに伝わる方法

 

それは、手紙、葉書を書くことです。

 

現代は、便利な時代で

メール、LINEなどで気軽に伝えることが

出来ます。

 

後で礼状を書こう!と思っても

タイミングを逃すと後手後手になり

書けなかった・・・。

となるより良いと思って、私も利用しています。

 

手紙は、封筒、便箋も用意し

文面も後に残るため考えます。

 

その後、郵便局かポストに入れる作業があります。

 

手間がかかります。

 

だからこそ、もらう方はポストを

空けた第一印象で感激します。

 

更に、季節感あふれる

切手ですと気分も上がります♪

 

手紙は

最初に見る!

 

簡易的にしまう時に見る!

 

更に仕分けで見る!

 

最低3回は目を通します。

 

このような時代だからこそ

感謝もダイレクトに伝わりますね。

 

 

 

 

最近、礼状を頂き、私も返事を兼ねて

出しました。

 

ありきたりの文、定型的な文でも良いと思いますが

私が心がけているのは

 

1:丁寧に書く

2:短い中にも相手に印象に残る

  一言を書く

 

いかがでしょうか?

 

手紙・はがきは出されますか?

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

PS:本日は、10年以上前にお世話になり

5年ほど前に大きな仕事を頂いた方が

また、ご依頼をくださいました。

 

長い打ち合わせになりました。

 

まだ、公にはできませんが、実現すると

大きな展開になりますのでワクワクドキドキです。

 

謙虚に誠実にコツコツと!

 

第一印象研究所

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

 

笑顔3割増しをモットーに

人財育成コンサルタント 杉浦永子