好印象アップの撮影の仕方について | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

 

笑顔3割増しをモットーに

研修講師 杉浦永子と申します。

 

 

好印象アップの撮影の仕方について

 

スマホの性能もどんどん良くなり

気軽に撮影できるようになりました。

 

とは言え、写真のクオリティーは

個人差がありますよね。

 

また、カップルや家族、グループで

出かける際、自分たちでに撮影も

良いですが、

 

せっかくなら記念に残る写真が欲しいものです。

 

気配り上手であれば

スマホを片手にキョロキョロしていれば

 

「お撮りしましょうか?」

と言って綺麗にとって差し上げたいものです。

 

先日、小旅行に出かけた際、

ほとんどのスタッフがお声がけをしてくださり

 

「はい、お撮りします。

先ずは、縦にお撮りします。

はい、次は横にお撮りします。

はい、(スマホを手渡し)

どうぞ、ご確認ください。」

 

この流れが全員、一緒で

いわゆるマニュアル通り?

サービスになっているようでした。

 

私もお世話になっている飲食店さんの研修の

お出迎えからお見送りの流れの中に入れ

確認していきたいと思っていたのです・・・。

 

このお話を娘にすると

「本当は、写真って沢山取ればよい写真があるから

もっとスナップ写真を撮っても良いかも・・・・。」

 

確かに、かしこまったポージングや

笑顔の写真も良いけれど

自然体も良いものです。

 

フィルムでもないので気に要らないものは

削除してもらえば良いので

 

先ずは、縦、横パターンが初歩段階で

慣れてきたら、お話しながらパシャ、パシャ

「少し多めにお撮りします♪」

と言ってからスマホを戻す方法もあると思いました。

 

 

 

好印象アップの撮影の仕方について

 

1:スマホ片手にきょろきょろしている方に

 お声がけ

 

2:基本の取り方(縦・横パターン)から

 

3:余裕があれば、いつもより多めに撮影

 

そうそう、基本的に携帯・スマホは

固定を心掛け撮影しましょう。

 

シャッターを押す際にスマホが動く方が

いてズレる人もいました。

 

サービス業の方は撮影も基本的なサービスの

中に入りますね。

 

本日も最後まで読んで頂きありがとうございます。

 

第一印象研究所

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

 

笑顔3割増しをモットーに

研修講師 杉浦永子