地元放送局テレビ60周年記念ドラマが文化庁芸術祭・優秀賞受賞 | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

人材育成コンサルタントの杉浦永子です。

 

 

【地元放送局テレビ60周年記念ドラマが文化庁芸術祭・優秀賞受賞】


本日は、放送局の審議員10年任期、実質、最後の審議でした。

(来月、一年の振り返りで正式に10年任期を終えます。)

 


その最後の審議会の議事は、何と!第75回 文化庁芸術祭で
優秀賞を受賞した作品で記念になりました。

 

おめでとうございます!!

 

 

実は、地元の記念ドラマと言う事で楽しみにしており、
11月20日 家族とリアルタイムに観ました。

 

 

地元放送局が大切にしている、「震災を風化させない。」
と言うメッセージを「ドラマ」を通し、感動溢れる
ストーリーで素晴らしい演出になっていました。


何度も涙し、笑いもあり、心が揺れ動きました。

 

メインのご出演は、宮城県多賀城出身の千葉雄大さん、
岩手県出身の土村 芳さん

 

 


それぞれ役者さんが、個性があり、被災地に想いを
寄せながら、スタッフの皆さんとワンチームになって
いた作品でした。

 

 

脚本は、内舘 牧子さん

 


地元のことをしっかりとヒアリングし、会話の中に
「言葉の力」を感じました。

 

 

ドラマの場所は、苺栽培が有名な亘理で、地元、仙台、宮城が
メインで東京のシーンもあります。

 

 

一番、心に刻まれたことは、私の中で「一日一生」
命の大切さです。


ある日、突然、この世を去る事になったり
突然、残されることもある。

 

だからこそ、大切な人を大切にし、
毎日の会話を楽しく丁寧にしたいと感じました。


人との出会いを大事に、別れ際もしっかり見送りたい。

 

 

このドラマの後半の作り方が特に感動しますので
2時間ドラマですが、しっかり最後までご覧頂きたいです。

 

再放送は、東北放送 「小さな神たちの祭り」
3月14日 (土)です。

 

審議会後は、気心の知れた審議員の方と
珈琲店 まめ坊さんでカフェタイム
カップとソーサは自分で選べました♫

 

 

審議会を通し、普段、なかなか出会えない素晴らしい
出会いがありました。


心より御礼申し上げます。

本日も有り難うございます。


素敵な週末をお過ごし下さい。

 

第一印象研究所

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

人材育成コンサルタントの杉浦永子