桜の生き様を絵で残しておきたい。~心を豊かに~ | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク

研修講師 杉浦永子です。

 

 

【桜の生き様を絵で残しておきたい。心を豊かに】


単なる写実ではなく、感情、感覚を込めて描き
木の気持ち「魂」を引き出す。〜中島千波氏〜

 

本日はお世話になっている放送局の第609回 番組審議会に
出席し、その後、有り難い事に研修とセミナーの
打ち合わせ2本でした。

 

さて、日本画家 中島千波さんをご存知ですか?


きっと作品はどこかで目にした方は多いのではないでしょうか。

 

今回の議題は、「桜を描く 〜日本画家 中島千波の世界〜」
地元の老舗藤崎デパートが創業200周年を迎え、
展覧会が開かれ、番組も記念に制作されました。
(おめでとうございます。)

 

 

形式にとらわれない革新的な作風で数々の作品を世に
送り出してきた日本画の大家 中島氏

 

大変ご多忙な方で、なんとスケジュールは4、5年前から
打診。


桜の開花の時期は限られているため、スケジュール調整も
大変だったようです。

 

中島千波氏と言えば、屏風絵も有名です。

 


100年以上歴史ある桜にもこだわりがあるようです。

今回描かれたのは仙台中心部 東六番町小学校の
樹齢380年の名桜。

 

 

一番大切なものは根元!


便利な世の中になり、拡大、コピーなど
出来る中、実は、一枚一枚の花びらもご本人が
描かれています。

 

手を抜かず
魂が込められているからこそ
人に感動を与え続けるのですね!

 

今回の番組では、東京の白金のアトリエも
見る事ができ画材へのこだわり
色の混ぜ方も興味深く拝見。

 

 

気さくな感じで朗らかな面もあって
番組を通しすっかり魅了されました。

 

 

現在74歳でありながら、仕上がった絵を眺め
「まだ書き足りない。」常に追求していく姿で
エンドカット。

 

記憶に残る素晴らしい番組でした。


心を豊かにする秘訣は五感を鍛える。


芸術に触れることも良いですね。

 

本日もありがとうございます😊


☆放送局に伺うと今、はまっている
ノーサイド ゲームのポスターが展示されていました♡

 

第一印象研究所

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ペップトーク 研修講師

杉浦 永子