感情の22段階 どの段階にいることが多いですか? | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ


テーマ:

ようこそ、第一印象研究所のブログヘ

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク ライフバランス

研修講師 杉浦永子でございます。

 

エイブラハムが提唱している

感情の22段階 現実想像理論を

ご存知ですか?

 

週末のセミナーの中で教えて

頂きました。

 

 

【1】感謝/愛/高い評価/喜び・感動/大いなる気づき/
   自由/溢れる活力/自信/力があるという感覚
【2】情熱
【3】熱意・やる気/切望/興奮・熱狂/幸福感
【4】ポジティブな期待/信頼/信念
【5】楽観的なスタンス
【6】希望
【7】満足・納得(現状肯定、ニュートラル)
【8】退屈
【9】悲観的なスタンス
【10】欲求不満/ストレス/焦り・いらだち/短気/我慢/不足・欠乏
【11】打ちのめされている状態/圧倒されている感覚
【12】失望/落胆
【13】疑い/不安
【14】心配
【15】非難/自責
【16】挫折感/失望
【17】怒り
【18】復讐心
【19】憎しみ・敵意/激怒
【20】嫉妬
【21】自信喪失/罪悪感/無価値感/自己卑下/恥/不安(身の危険)
【22】恐れ/悲嘆/苦悩/憂鬱/絶望/無能感/無気力

 

数字の低いほうが、良い状態で

理想が叶いやすくなります。

 

なるべく、上のほうが良い状態ですが

生きていれば、様々なことがあり、

下の状態になることもあります。

 

だからこそ、感情のマネジメントや

日々、感謝の気持ちが大切だと

気づかされますね。

 

本日も有り難うございます。

 

第一印象研究所

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

杉浦永子