初対面で好印象だと受け取ってもらえるコツ | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ


テーマ:

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランス(働き方改革)

研修講師の杉浦永子(Nagako)です。

 

【初対面で好印象だと受け取ってもらえるコツ】

 

三連休いかがお過ごしでしたか?

さて、私は仕事柄、初対面の方と食事をしたり

する機会も多く、先日、楽しい一時を過ごしました。

 

第一印象は一瞬ですが、その瞬間に人は

膨大な量の情報を受け取っています。

 

アメリカの心理学者T、ウィルソンは視覚だけで

出会いの瞬間に1100万要素の情報を

キャッチし、そのうち40要素を脳で処理していると

述べています。

 

「この人は感じが良いな~。」

「ちょっと苦手かも~。」

 

という感じです。

 

一番大切な事は、心を開き

貴方と親しくなりたいという気持ちが

大事です。

 

それは「好意の返報性」です。

人は相手から好意的なメッセージを受け取れば

状況やタイプにもよりますが(笑)

好意的な気持ちになるということです。

 

そのカギは、表情、笑顔です。

 

また、今回、感じた事は、

会話の中で、相手が興味を示したことを

丁寧に話してくださったり、

 

共通点で盛り上がることも

好印象に繋がります。

 

一番、驚いたことは

食事のスピードです。

 

さっさと早めに終える方もいますし、

逆に、かなりゆっくりなケースもあります。

 

今回は、会話もかなり弾み、

食事を終えた時間もぴったり!!

 

男性だったのですが、

早めに終える方がいる中

ぴったりのタイミングで驚き、

 

「食事を終えるタイミングが一緒でしたが

合わせてくださったのですか・・・?」

 

「いいえ、いいえ、偶然ですよ。

そこまで、器用ではありませんよ。」

 

と回答されました。

 

仕事柄、ミラーリングの技術を伝え、

以前、私の仕草を全て真似してきた男性がいて

戸惑いを感じたことがあります。

 

※相手の言動や仕草をミラーのようにまねること。

 

また、食事のタイミングも

相手に合わせようと気遣いをされるのも

こちらも気を遣います。

 

楽しい時間とは、自然に会話もかみ合い、

タイミングも自然に重なり合うと

実感しました。

 

計算された感じではなく

「自然体」で気が合う。

 

今日、お伝えしたかったのは

自然に会話が弾むことと

食事のスピードです。

 

 

本日もお読み頂きありがとうございます。

 

 

 

 

こちらの写真は、山形の桜ですが

福島県の郡山駅です。

 

第一印象研究所

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランス(働き方改革)

 

杉浦永子(Nagako)

杉浦永子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス