スポーツ指導者のためのアンガーマネジメント | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ


テーマ:

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランス 働き方改革の

研修講師 杉浦永子です。

 

【スポーツ指導者のためのアンガーマネジメント】

~生徒の心に火をともす、体罰のない社会へ~

 

本日は、宮城県教育委員会 宮城県高等学校体育連盟

主催により、宮城県スポーツ指導者研修会で

スポーツ指導者向けにアンガーマネジメントを

お伝えして来ました。

 

参加者は、高校教員が90名、中学が20名

外部指導員が20名で約130名の参加者でした。

 

本日は、スポーツとアンガーマネジメントの

関わりについて。

 

まず、ここでお伝えしたいことは、先生方は

通常の授業に加え、部活動の指導もあり

頭が下がります。

 

多感な時期の生徒さんとの関わりは

やりがいもあり大変な面もあるでしょう。

 

平日の指導の他、週末の指導もある場合が

ございます。

 

また、スポーツに力を入れている学校は

保護者からのプレッシャーも

あるでしょう。

 

ついつい指導にも熱くなる場合も

あるかと思います。

 

感情は伝染していきますので

指導者の感情のマネジメントは

重要です。

 

 

本日はレスリングの吉田沙保里さんの

引退会見がありました。

 

スポーツを通し成長されたことを

語っていらっしゃいました。

 

スポーツをする上で

大切なことは、日々の練習であり

毎日の積み重ねが試合にも

出てきます。

 

試合では、起きてしまったミスを

引きずらないように。

 

実際の試合では

最高の状態になるように。

 

また、モチベーションアップが

必要です。

 

怒りの感情は、ちょっとした一言で

人間関係を悪化させてしまうことも

ありますが、

建設的に使えば

エネルギーになります。

 

本日は、ついカッとした時の

対処法。

 

どのように考えて

行動していけば良いのか?

また、どのように伝えれば良いのか?

 

体罰にならないヒントなど

 

アンガーマネジメントの

テクニックをお伝えしました。

 

アンガーマネジメントはスポーツと

同じくトレーニングです。

 

繰り返しやることで上達します。

 

 

 

 

本日は、宮城県教育庁スポーツ健康課の方に

大変お世話になりました。

 

冒頭の「生徒の心に火を灯す。」も教えて頂きました。

有り難うございます。

 

事前のやり取りから当日までは

宮城県高等学校体育連盟の方に

きめ細やかにして頂きました。

 

各学校からの代表の先生方にも

ご受講頂き御礼申し上げます。

 

貴重な機会を頂き有り難うございました。

本日の内容が少しでお役に立てれば幸いです。

 

第一印象研究所

https://daiichiinsho.jp/

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランス 働き方改革

研修講師 

 

杉浦 永子

 

杉浦永子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス