部下や子どもと上手に付き合う方法 | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ


テーマ:

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランスの研修講師の

杉浦永子(Nagako)です。

 

【部下や子どもと上手に付き合う方法】

今日の青森県八戸の気温は3度!

どんどん雪が積もってきました。

(仙台には無事戻ってきました。)

 

研修前にユネスコ無形文化遺産登録された

「八戸三社大祭の山車を見てきましたが

豪華絢爛でした♪

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

昨日の管理職研修に続き

青森県内 60店舗以上ある企業の

支店長の方々に向けアンガーマネジメント研修、

上手な叱り方をなど4.5時間担当しました。

 

今回は同じ内容を2回に分けて

青森から八戸へ移動し、みちのくの旅♪

という感じでした。

 

3名の人事部のオブザーブをのぞき

全員が支店長ですので、温厚で

人柄の良さも出ていらして非常に良い雰囲気でした。

 

このような方々が日本の社会を

作ってくださっていると肌で感じてきました。

 

企業のカラーも調和を大切にされています。

 

さて、本題の「部下や子どもと上手に

付き合う方法」について。

 

管理職研修や子育て中の方々の

イライラの要因に

「言い訳が始まるのが困る」

と仰る方がいらっしゃいます。

 

実は、これは相手に原因があると言うより

聞き方に問題があります。

 

それは、

「なんで出来ないの?

「なんで同じミスを繰り返すの?」

「なぜ」「なぜ」を

連発しますと、

 

相手を追い詰めることになるから

相手は、言い訳や閉口してしまいます。

閉口・・・思考停止な状態。

 

相手に対し、過去の出来なかった

理由を突きつけるのではなく

 

相手に改善策を考えて頂いた方が

建設的です。

 

「どうすれば出来るか?」

未来について聞くようにし

相手に考えて頂き

お互いが納得するように

していきます。

 

例えば、提出期限のことであれば

前日、1日前に出して頂きたい場合、

(管理職の方は多い傾向)

 

遅れてから

「なんで遅いの?」

 

ではなく

 

いつも遅れがちであれば、

5日前、3日前など余裕を

持って

 

「いつなら提出出来るの?」

聞きます。

 

そこで、

「当日の17時」

と言われたら、

 

「本来、前日、一日前なら

余裕をもって、こちらも確認出来るから

助かるんだけど、難しい場合

当日の10時までに、【せめて】出して

もらえると、事前確認が出来、安心出来る。

どうですか?」

 

 

いきなり、100点の回答を求めず

「せめて」「最低限」

というキーワードも効果的です。

 

ちょっと出来た所から

スモールステップを重ね

理想のところまで、徐々に持っていくと

良いでしょう。

 

この度も研修担当者には大変お世話になり

有り難うございました。

 

 

本日もお読み頂き感謝致します。

 

 

第一印象研究所/公開講座

アンガーマネジメントキッズインストラクター養成講座

アンガーマネジメントティーンインストラクター養成講座

https://daiichiinsho.jp/

 

マナー&コミュニケーション

アンガーマネジメント

ワーク・ライフバランスの研修講師

 

 

 

杉浦永子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス