インサートカップでのお茶出しは失礼ではないのでしょうか? | 第一印象研究所公式ブログ

第一印象研究所公式ブログ

元客室乗務員、ビジネスマナー講師でもあり、
日本アンガーマネジメント協会 ファシリテーターとして
見た目と内面の両方の側面から研修や講座を開講中です。
ご依頼はhttp://daiichiinsho.jp/company/第一印象研究所へどうぞ


テーマ:

ようこそ、第一印象研究所のブログへ

マナー&コミュニケーションアンガーマネジメント、

ワーク・ライフバランスの研修講師の

杉浦永子(Nagakoです。)

 

[インサートカップでもお茶出しは失礼ではないのでしょうか?

という質問を受けました。

 

年間を通じ、企業から依頼を受けるのが

来客応対のマナー。

良い応対によって、第一印象が左右しますね。

 

私なりの考えはありますが、世間ではどのように

思われているのでしょうか?

 

オフィス用品通販を行う企業のアンケートによると

職場で来客に飲み物を提供していると答えた人は86%。

そもそも時代は変化し100%でなないようです。

 

使う食器で最も多かったのは「陶器」(75.5%)で、グラス(57.6%)、

「インサートカップ」(22.6%)、「紙コップ」(16.1%)という結果になった。

 

飲み物を提供する側として、紙コップを使うことが

「お客様へのおもてなしとしてどのように感じますか?」

と質問したところ、「問題ない」と答えた人が46.8%、

「問題ある」と答えた人が53.2%と、

ほぼ半々に分かれた。

 

 

一方、飲み物の提供を受ける側として、

紙コップによる提供をどう感じるか聞いたところ、

69.3%の人が「問題ない」と答えた。

 

提供する側は気にする人が少なくないが、

提供される側の7割は気にしない。

 

もてなしを受ける方は、紙コップでも

7割は気にしない・・・意識の差を感じますね。

 

 

理由は、問題ないと答えた理由は

使い捨てで衛生的

 

おもてなしをする側としては気になるが

もてなされる側になると気にならない。

・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

私の場合、頂戴する側としては

どちらでも良いですが、

来客応対と考えれば陶器がお勧めです。

 

陶器をお湯で温めたり

入れ方から「おもてなし」が始まっていると思いますし

環境にも優しいと考えます。

 

ただし、企業によってのお考えもあるようで

インサートカップでの指導と言われれば

臨機応変に対応します。

 

事務作業が多く、洗ったりする時間も要しますし、

壊れたりすれば新しい器も購入しなければいけなくなります。

とはいえ、

陶器でお出しするケースが75%・・・

まだまだ、陶器が無難なイメージはあります。

ブログ読者の皆様はどのように考えますか?

本日もお読みいただき有り難うございます。

第一印象研究所 

http://daiichiinsho.jp/

杉浦永子(Nagako)

 

杉浦永子さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス