博多座 花組公演 | ながとんのブログ

ながとんのブログ

普通の40代のおっちゃんのブログですわ。


テーマ:

博多座の花組公演を観てきました。


博多座の演目が発表になったとき「見たい!」と思った「あかねさす紫の花」。


雪組の一路さんのより以前はまだヅカファンになってなかったので生では観てないけど、貴咲美里ちゃんが好きになったときにビデオを買ってめっちゃ見た作品。ラブ

何度目かの再演の花組博多座公演のときに、初生観劇。

中大兄皇子バージョン、オサ(春野寿美礼)中大兄、アサ(瀬奈じゅん)大海人、めっちゃ迫力あって良かった♪

次の再演、月組では中日公演は観れなかったけれど、全国ツアーを観た。

大海人皇子バージョン、アサ(瀬奈じゅん)大海人、ゆうひ(大空祐飛)中大兄。

こちらも良かった♪

どちらかと言うと、大海人皇子の苦悩を主題にしてる作品なので、今回もみりお(明日海りお)が絶対に苦悩する役になるだろうと踏んでいたら、アッとびっくり役替わり。

期間的にどちらも観るというわけにはいかないので、やはり苦悩するみりおを観たかったので(笑)、大海人バージョンの日程に合わせて博多行き。


みりお大海人、予想通りの迫力の苦悩っぷり。

額田王を取られてしまい苦悩を叫びを歌うところ、失意のまま酔って舞うラスト場面、これだけの苦悩っぷりを見せてもらえただけで博多まで来た甲斐があるっちゅうもんで。

心なしか迫力も感じたので、中大兄皇子もそれなりに迫力出せるんだろうな。

パブリックビューイング行っとこか(笑)。


今回、ゆきちゃん(仙名彩世)の芝居巧者なところに目を見張った。

今までの額田王の中で、最も苦悩し、その苦悩を分かりやすく伝えてくれていた。

そうか、額田王とはこんな形で苦悩し、こういう心情で暮らしていたのか、と思わせてもらえる表現だった。

史実では額田王の側から中大兄に乗り換えたとの説が有力なので、大海人が軽くあしらわれる向きがあるのだが、この作品では額田と大海人は両想いで、中大兄は横恋慕する悪モノという位置だから、額田王は男たちの葛藤の狭間で一歩引いた形で苦悩する姿が美しい。


中大兄皇子には、ちなつ(鳳月杏)。

この人も芸達者と言うか、ここというところで迫力をしっかり出してくれる人。

中大兄も中大兄なりに苦悩しているのだが、その部分もしっかり見せてくれる。

「わたしはあなたが欲しい」と歌う場面の色っぽさといったら、凄かった。

いやいや、現状の花組でベストの配役でしょう、これ。


二番手の光ちゃん(柚香光)は、天比古。

光ちゃんのお芝居は時として微妙な感じになるんやけど、天比古はなかなか良かったんじゃないかと思った。

キラキラした役がハマる光ちゃんが、身分違いの人に想いを寄せる下層の人をしっかり演じられたことで、これからの花組が楽しみになってきた。

また一つ幅が広がったかな。


今回の博多座公演の配役を見て「これ、すごい!」と思ったのが、小月。

夜鷹(娼婦の中でも下層の娼婦)を乙羽(映見)ちゃんがやるとはっ!

そして思ったとおり、しっとりとしていて、エロささえ感じるほど大人の女だった。  

昼下がりの団地妻、難波宮に登場っ!(笑)

それほどしっとりしていて、夜鷹の汚さを感じさせない色気。

天比古に魅かれ、支え、付いていき。

「後生だから忘れておしまいよ!姫様のことなんか...」

何をさせても上手い乙羽ちゃんがこの役になったことで、この作品が一段と引き締まった感じになったと言っても過言ではなかったよん。   


中臣鎌足には、あきら(瀬戸かずや)。

あきらの目、好きやわ。

策士であろう鎌足の一面を、その目でしっかり表現してくれる。

この作品では鎌足は中大兄に忠実に動く人なので、冷徹な部分も匂わせつつ、鏡女王を引き受けて妻にするという優しい一面も見せる。

本当に優しさで鏡女王を引き受けたのかは微妙だが(笑)、でもあきらの鎌足はそういう優しさを含んでいるように見えたので「私の一存で」と言ってたのが説得力を感じたよん。


鏡女王のべーちゃん(桜咲彩花)、綺麗♪

なんで鏡女王を袖にして額田にいくねん、アホの中大兄! って心の中で叫んだわ(笑)。

べーちゃんは「仮面のロマネスク」のトゥールベル夫人も良かったし、男に翻弄される悲しい女性が板についちゃったかな。


舟坂のくみちゃん(芽吹幸奈)も、落ち着いた役がしっかり出来る学年になってきて良かったなぁ。

中大兄の侍従、勝麻呂(和海しょう)に、子麻呂(優波慧)と網田(紅羽真希)も格好良かった。

優波くんはもうちょっと胸を張って演技した方が良いかな。

しーちゃん(和海)や、まいこつ(紅羽)が武士らしい立居振る舞いだったから、ちょっと気になりました。

華優希ちゃんが鵜野皇女、物悲しい表情をさせたら天下一品(笑)、とても可愛く父思いの娘でした。


十市皇女、この役は貴咲美里ちゃんや憧花ゆりのちゃんなど僕が好きな娘役が演じてきた役で思い入れがある役だが、今回は音くり寿ちゃん。

やっぱりこの人が十市やわな、って配役見たときに思ったけど、やっぱり上手い。

見た目の子供っぽさもあるし、歌も上手いし。

特にくり寿ちゃんはピンで歌う場面になるとすごい光を放って歌う。

逆に言うと、複数人で絡むと周りと合わないときがあるので、そこを注意した方がええかな。


じゅりあちゃん(花野じゅりあ)が斉明天皇。

この作品を見始めたときからずっと斉明天皇は京三紗さんだったから、じゅりあちゃんの斉明天皇は見るまでちょっと不安だったけど、とても新鮮でしっとりとしたお母さんでありながら、天皇としての風格を漂わせる神々しさもありました。


天比古の兄、銀麻呂にはタソ(天真みちる)。

この人もしっかりと見せる芝居が出来る人なので、天比古への思いがとてもいっぱい伝わってきました。

天比古が有馬で額田に会い、家に戻って泣き崩れるところ、銀麻呂が出ていくときに何かを置いていくんやけど、あれは何を置いたんだろうか?

暮らしが貧しい天比古夫婦に少しばかりお金を置いていったんなら、すごく悲しい結末になったんやな、天比古。


うちの娘(うちの夫婦が応援している娘役、の意)ゆかり(春妃うらら)は、宮中の侍女。

大海人の召使いで出てきたり、中大兄の宮に控えていたり。

少しだけ舞を舞う場面は綺麗で可愛い♪



ショー「Sante!!」

出演者やスタッフの急性胃腸炎のため、客席降りが無くなるというアクシデント。

客席降りでタッチしたりするときに何かに感染したんやろか。

ちゃんと手ぇ洗って観劇せんかい!


と残念なニュースにも負けず、楽しんできたよ、この作品。

大劇場で観た時はそれほど盛り上がれなかった印象やけど、博多座でメンバーが少なくなった分、うちの娘の出番も増えたし(笑)、場面が凝縮された感が出て良かったかな。

九州出身の10人の場面がシェフ場面の前に追加されてたり、シトロン(黄色)がゆかり1人になってみりおに絡んでたり、見どころ増えてた♪

乾杯黒燕尾は『Cocktail!』の印象が強すぎて、大劇場版でも物足りなさを感じたんやけど、博多座でも銀橋じゃないから余計に物足りなさを感じ。

その中でも、まいこつ(紅羽)の黒燕尾の振りのキビキビさがとても格好良くて好きだった。  

ビシッ!ピッ!シュタッ!と、決めるべきところで決めてくるこの動き、僕の中で神格化している『Cocktail』乾杯黒燕尾に近いものを見せてもらえて嬉しかった。


そして、3人エトワールに、ゆかりがっ!

ファンもビックリやわ(笑)

乙羽ちゃんと更紗那知ちゃんに助けられて、でもしっかり歌えてました。

劇団、ありがとう♪ 


土日で行って、日曜はチケ難で観れず、土曜を2回観劇。

そのうち1回はパブリックビューイングの回。

アドリブもちょっと入って、楽しい雰囲気でした。


「あかねさす」にゆかりが出てなくても観に行ったかな、と疑問だけど、ホンマに観れて良かったなぁと思いました。

福岡観光もしたいところがあるし、また博多に行きたいな。

来年の博多は星組あたりかな。

じゃぁ再来年に期待ということで...(笑)。


ながとんさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス