東海大医学部が歴史的入試改革か!? | 1年で医学部合格を目指す、医歯薬受験のシグマ

1年で医学部合格を目指す、医歯薬受験のシグマ

医学部受験に30年関わってきた経験から医学部受験のウラ話を紹介していこうと思います。

 今年の入試で志願者減となった東海大医学部であるが、今年の4月より新医学部長に森正樹先生が就任された。森先生といえば、日本外科学会の理事長も務める、日本外科学会の重鎮中の重鎮である。

 森先生は九大卒業後、ハーバードに行かれ、帰国後に九大、阪大のそれぞれ教授を歴任された著名な方で、現代外科手術のIF強化と国際化の推進に力を入れておられる。

 東海大医学部は、新たに就任された森医学部長の下で入試改革を行うことが予測される。森新医学部長就任は、東海大医学部が大きな改革を目論む現れと、私は解釈している。特に、受験生、学部生に対しては、英語力が更に重要視されていくことになるのではないだろうか。

 来月6月に実施の編入試験もそのことを意識すると良いと思う。