新型コロナウイルスの正体 | 1年で医学部合格を目指す 四谷メディカル
新型コロナウイルスに関する情報について

1年で医学部合格を目指す 四谷メディカル

医学部受験に30年関わってきた経験から医学部受験のウラ話を紹介していこうと思います。

新型コロナウイルスの怖ろしさは、

 

全世界で知られる状況に至っている。

 

 

しかしながら、

 

当初はそうではなかった。

 

医師の多くは、

 

気温の上がる3月になれば、

 

沈静化するだろう、

 

と予測していたのでは、

 

あるまいか。

 

 

新型ウイルスは、

 

最近は漸く言われるようになった、

 

最近生物兵器ではないか?

 

という指摘のとおりであると思う。

 

 

少なくとも、人間を不幸に貶める目的で、

 

合成されたウイルスと言わざるを得まい。

 

悪意に満ちた働きをする、

 

新型コロナウイルスは、

 

天然に存在しえないDNA配列をもっている。

 

 

ウイルスも突然変異など、

 

進化することは知られている。

 

これは分子進化学という学問領域の対象として、

 

研究されている。

 

 

しかし、

 

新型コロナの複数のウイルスの怖ろしいDNAが合体しているような

 

ウイルスは、

 

進化分子工学、

 

という学問領域の研究対象であり、

 

つまりは、

 

人間が試験管の中で、

 

合成したDNAを

 

人工的に進化させていくというものである。

 

 

何者かが作り出してしまった、

 

この恐怖のウイルスに

 

いかなる方法で、

 

人類が戦いを挑むのか、

 

待ったなしの状況である。