医学部多浪の終え方~多浪生が気づきにくい受験の盲点(その1) | 1年で医学部合格を目指す 四谷メディカル

1年で医学部合格を目指す 四谷メディカル

医学部受験に30年関わってきた経験から医学部受験のウラ話を紹介していこうと思います。


テーマ:

 

「えっ、彼が合格!?」、「まさか! あの人が落ちたの!?」

 

医学部受験に限らず、多くの受験でみられる光景の一つです。

 

しかし、医学部受験ほど、この不思議が当たり前のように起きる受験も少ないでしょう。

 

この何故を考えてみましょう。

 

知っている方は知っているし、

知らない方は残念なるかな、多浪の傾向になりがちです。

 

この何故かを多分知らないと思ったあなた、

 

まず、『医学部』という幻影からくる呪縛を解いてあげましょう。

 

昨今、医学部受験は非常に難化しました。

倍率から言っても確かに医学部は難しくなっています。

 

しかし一方で、

合格する人は何校も合格し、

不合格の人は1校も受からない、

という不思議な現象をご存知の方も多いでしょう。

 

実はこれ、学力の高い人が合格し、そうでない人が不合格になる、

という単純な理由にあらずなんです。

 

医学部は難しいから、根本的に1から勉強し直す、という人は多いです。

高校の勉強をやり直す、あるいは中学からのものもという人も少なくないでしょう。

 

その結果、医学部に合格している人も確かにいます。

 

しかし、それだと、

医学部合格に何年もかかってしまうでしょう。

 

つまりこれが、

 

多浪生

 

になってしまう原因の一つです。

 

中学、高校と学年トップクラスの成績で、

医学部に現役で合格する学校秀才がいます。

彼をE君としましょう。

 

この記事を読んで、勉強法が当てはまり、

現在医学部浪人しているあなた、

 

その勉強法は、E君の勉強法に類似しているんです。

 

したがって、あなたがE君に追いつくのに相当な年月を要します。

 

これはあまり効率的ではないし、

確実性が低いかも知れません。

 

医学部は難しいけれど、関門試験の一つであり、

1年間で合格できる勉強の仕方のコツがあります。

 

あなたは、

『医学部と』いう黒騎士のような幻影に囚われ、

怖れてはいませんか?

 

勉強法を知れば恐れるに足りず。

あなたも、「何故、彼が医学部に合格したの?」

と言われてみませんか?

 

ぜひ、私たちの門を叩いてみてください。

 

 

1年で医学部合格を目指す 四谷メディカルさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ