更新 2016/02/26

 鹿児島市が動物交換を見送りました。
   これを受けて、平川動物公園動物交換テーマは終了しました。
  今まで興味を持ってくださったことに感謝いたします。ありがとうございました。
━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─━─  



こちらが最新情報です。
次のようにまとめてあります。
問題の全体像を短く書いた記事がこちらです。(わかりやすいと好評です
happy*


part 1(今ご覧の記事)
<これまでにわかっていること>
<関連する請願>
<関連するメディア報道>
<動物の輸出入 今回関係する公的機関>


part 2(次頁の記事)
<動物交換について書かれたもの>
<画像・動画>
<平川動物公園動物交換に関する拙ブログ記事>
 
------------------------------------------------------------------------------

ぞうさんこれまでにわかっていること(各種報道記事から)
 
線線これまでの経過線線

鹿児島市市営平川動物公園は、カンボジアの動物虐待施設ともいえる動物園、Teuk Chhou動物園からキリとセイラという象2頭をもらい、交換として平川にいる動物を送る計画を立てている。

◆平成26年12月17日にカンボジアの閣僚でもありTeuk Chhou動物園所有者のバンダー氏が鹿児島県の伊藤祐一郎知事を表敬訪問、ゾウを導入する計画の平川動物公園を視察。(鹿児島県HP)

平川動物公園の象新規導入は「今後の展示の維持を図る目的と市が市議会で答弁している。換取引完了には何年かかかる。ブログ記事

そのために象舎の増築計画に取り掛かっている最中。(平川動物公園インドの森ゾーン、ゾウ舎増築本体設計業務委託)(平成27年度にこの予算が計上されている)

◆動物交換をするために、平川動物公園の調査団がカンボジアのTeuk Chhou動物園で、今年8月現地調査を行った。
現地動物園の印象について現地紙2つの報道によれば、鹿児島市は「酷い動物園」とは判断していない模様。
ブログ記事:9/27付クメールタイムズ)
ブログ記事:9/2付プノンペンポスト)
ブログ記事:10/5付プノンペンポスト)

キリとセイラだけは象のNGO団体EARS Asiaが面倒を見ていたので、飼育環境が平川動物公園より格段に良い。(Ears Asiaは象のために今までに6万ドル以上をかけたとのこと。)

キリとセイラは今まで鉤や鎖を知らず、のびのびと育っている。それでも自然がいいだろうということで、カンボジア内のサンクチュアリ(The Cambodia Wildlife Sanctuary)から受け入れオファーが来ている。(もちろん鉤や鎖は野生復帰訓練でも使用しない)

◆キリとセイラに時間とお金と愛情を注いできたEars Asiaは、象が今より不幸になると言って日本への輸出反対のためカンボジア政府への請願活動をおこなっている。

◆日本大使館は取材に対しノーコメント。

Ears Asiaが2015/09/23に,Teuk Chhou 動物園から締め出された。

◆2015年10月2日、鹿児島市(平川動物公園園長)に県民の方などから陳情書を提出し受理された
ブログ記事

◆10月下旬(NGO追放から1か月)Teuk Chhou 動物園への訪問者が、エサ不足でやせ細ったゾウたちの写真を撮影。(プノンペンポストでの報道)

動物実験会社である日本のSNBLがテクチュン動物園の動物及びキリとセイラのスポンサーになっていた。
また、SNBLはカンボジアに子会社を持っていて複数の猿繁殖供給センターを運営。その猿(カニクイザル)は密猟や乱獲でCITESでも議題に上るほど。

◆動物の権利擁護団体であるPEACEさんが、SNBLと鹿児島市に質問をされ、その回答などがウェブサイトに掲載された。
新日本科学は回答拒否! 鹿児島市平川動物公園の動物交換問題
SNBLは回答拒否。
キリとセイラの取引は平川動物公園がSNBLに働きかけをした。(南日本新聞報道)

◆2015年12月初旬、フィオーナ・ハーディー氏(テクチュン動物園でのキリとセイラへの寄付者)がカンボジアを訪問して、フンセン首相夫人及び首相秘書と会談。キリとセイラにも会う。EARS側からの情報では、夫人たちはEARSに好意的で協力を申し出ているとのこと。
ゾウたちの状況は良くなっているが、他の動物たちの飼育状況は相変わらず酷い。

◆2016年1月12日の来園者が撮影したキリとセイラの様子は、まあまあ状態が良いということ。プールの掃除はされていなくてゾウたちが利用できない。

◆2016年2月15日PEACE報道によれば、鹿児島市が動物交換見送り!

◆ 両国政府に手紙を送るキャンペーンは終了



線線取引相手バンダー氏の動物に対する姿勢と所有する動物園の状況線線


◆バンダー氏はTeuk Chhou 動物園と Bayap 動物園の2つを持っていて、どちらも酷い状態なので園の閉鎖を求める請願が複数出ている。

◆動物園の動物の飼育環境が劣悪な理由は資金不足と常々述べているバンダー氏が、キリとセイラを輸出する
穴埋めに、モンドルキリから新たに象を購入する予定だと表明。

◆バンダー氏はEars Asiaが支援を継続してくれなければ、新しい象のための飼育員を雇うお金はないと述べている。

◆以前Teuk Chhou 動物園を支援していて手を引いたNGO(
Wildlife Alliance)が、支援再開のための条件としているのが、もっと酷い動物園、Bayap 動物園の閉鎖

バンダー氏はTeuk Chhou 動物園を支援してくれるNGOと動物の出し入れをしないという条件を交わしたものの、それを反故にして、もっと酷いBayap 動物園が水害で破壊された後、閉園とせず、Teuk Chhou 動物園の運転資金を流用して動物を補充し、新たに再開した。
そのことで支援NGOが去ってしまった。

◆平川動物公園が象のために放逐する動物は
地獄のような施設に閉じ込められることになり、まともなケアはされないだろうというのが、カンボジアで長年見てきた人たちの意見。

そのTeuk Chhou動物園の動物を助ける解決策は「動物園の閉鎖と専門家は指摘。

◆カンボジアの関係省庁によると、私有動物園というのが問題を複雑にしていると述べているが、
バンダー氏は政権の中枢にいる。

◆バンダー氏はフリーマーケットで野生動物を仕入れているという疑惑がある。(これはカンボジアでも違法。この件をうかがわせるレポートはこちらブログ記事

 平川から送り出す動物は、バンダー氏によると、当初はホワイトタイガーで、ゴリラもほしいと言っていたが、その後ラクダとシマウマに、現時点では不明。

カンボジア側では象の輸出承認が既に出ている模様。
バンダー氏によれば、フンセン首相が前向きで障害はないと述べている。

◆2015/12/09付けのプノンペンポストによると、バンダー氏はフィオーナ・ハーディー氏がフンセン首相夫人に会ったことは知らないということで、来年早い時期に動物交換は予定されていると述べている。





------------------------------------------------------------------------------

ぞうさん関連する請願


手紙新しいキャンペーンこちらをクリックしてしてください。終了ありがとう

手紙
Hirakawa Zoo in Japan, Stop the import of Cambodian Elephants!
  (鹿児島市長に動物交換をやめるよう請願) 終了ありがとう
   請願発起人:Voice for Zoo Animals

手紙
FREE KIRI AND SEILA

  (カンボジア政府に象の輸出を認めないよう請願
   
請願発起人:EARS Asia Hong Kong OfficeHong Kong Office

手紙Relocate Animals in Zoo Due to Lack of Resources & Funds
  
 (カンボジア首相にこの動物園の動物を救うように求める請願

手紙Kiri and Seila must stay in Cambodja in the hands of EARS Asia! Don't send them to a Japanese Zoo!
  
 (平川動物公園にゾウ取得中止を求める請願 

らいん上記4つはEARS Asiaが今までに合計で43,000筆以上の署名をいただいたという請願です。らいん

手紙
The Zoo of Death - Close down Prey Veng Zoo in Cambodia

  (カンボジア政府森林局長官にバンダー氏所有の動物園閉鎖を求める請願

手紙Rehome Neglected and Abused Animals
  (カンボジア政府農業省高官にバンダー氏所有の動物園閉鎖を求める請願



------------------------------------------------------------------------------
ぞうさん関連するメディア報道


Controversial elephant swap with Japan called off
  2016/04/07プノンペンポスト

Zoo swap opponent meets with first lady
  2015/12/09プノンペンポスト

Animal testers supporting zoo
  2015/10/30 プノンペンポスト

Elephants ‘underfed’ at Kampot zoo: expert
    2015/10/29 プノンペンポスト

Japanese zoo confirms swap, tries to allay fears
    2015/10/05  プノンペンポスト

Elephant NGO barred by zoo
  2015/09/25 プノンペンポスト

Elephants ‘will suffer’ in Japan zoo
  2015/09/02  プノンペンポスト

Fears over zoo swap
    2015/08/27  プノンペンポスト

Elephants’ sale to Japanese zoo opposed
  2015/08/24  プノンペンポスト

Carers Barred from ‘Nightmare Zoo’s’ Elephants
  2015/09/27   クメールタイムズ

Teuk Chhou Zoo’s Animals are Caged in a Nightmare 
  2015/09/10  クメールタイムズ

This Cambodian Zoo Can't Afford to Feed Its Animals, But It's Getting Two New Tigers
  2015/09/21  VICE NEWS

Elephants nursed back to health in Cambodia's 'zoo of horrors' could move to Japan but Hong Kong charity raises concerns
    2015/09/06  South Chaina Morning Post

Cambodia Feeds Booming Global Monkey Trade
  2014/11/04  カンボジアデイリー

------------------------------------------------------------------------------

ぞうさん動物の輸出入 今回関係する公的機関


アジアゾウはワシントン条約の付属書Ⅰで国際取引には国の承認が必要となっている。
国の担当省庁は経済産業省経済産業省のHPより

管理当局(輸出入許可書又は証明書を発給する権限を有する機関)は 経済産業省  

科学当局(種の存続の観点から輸出入に関して管理当局に助言を行う機関)は 環境省 


日本政府
首相官邸・ご意見ご感想

経済産業省 貿易管理のHPより
ワシントン条約対象動植物の輸出入の承認等について経済産業省貿易経済協力局貿易管理部貿易審査課野生動植物貿易審査室〒100-8901 千代田区霞が関1-3-1 Tel:03-3501-1511(代) 3291~3292(内) 03-3501-1723(直)

◆鹿児島県 知事へのたより

◆鹿児島市 私の提言



→part 2へ続く