府中の元気・杉村康之の 「ハッキリYES、ハッキリNO」

府中の元気・杉村康之の 「ハッキリYES、ハッキリNO」

初めて議員になった時、びっくりしたことが3つ
一つは、議会なのに議員同士の議論がないこと
一つは、議会自らが条例をつくらないこと
一つは、審議の前に予算への賛否を聞かれたこと
二元代表制の地方議会では是々非々が筋
だから僕は「ハッキリYes! ハッキリNo!」


テーマ:


本日は、東京都市議会議員研修会ということで、多摩地区の市議会議員が府中の森芸術劇場に集まり、研修会が開催されました。
講師は、地方分権改革に携わってこられた、大森彌(わたる)東大名誉教授で、タイトルは「東京の自治と市議会の役割」でした。非常に非常に有意義で、自分が手探りで活動してきたことは間違えではなかったという安心にもなりました。

まず冒頭、議会不要論なども昨今はありますが、世界に議会のない自治体などありえない。どんな体たらくな議会であったとしても議会は必要で、議会があるということだけでも意義がある、と述べられました。会場から自嘲気味の笑いが起こりましたが、最低限の存在意義がそこにあるというのは新たな認識でした。もちろんそれだけで外に向かって胸をはれることでは全くありませんが。

また、企画・立案の重要性についても力説されてました。いまは企画・立案は行政がやっていて、議会は意思決定するだけだから楽なもんだが、企画・立案をすれば質問にちゃんと答えられなくてはいけないので、とても大変です。でもそれを年に数回でもいいからやってほしい、と。至極もっともなことです。

いろいろなお話のあったあと最後に、これを言いたいと思って今日は来たと言ってお話されたことが、ありました。それは「チーム議会の実現」ということです。

それはまず、地方議会では、市長を選挙で応援した議員たちを「与党」、負けたほうが「野党」と思いがちですが、それは明白に間違いです。国会とは制度が違う、ということでした。

続けて、与党的であれ野党的であれ、みんなに共通する公約は何かしらあるでしょう。ぜひ共通点を見つけて、議会が会派の壁を超えてチームとして一つにまとまって、首長に対抗しようとしてほしい、と述べられました。首長にとって一番よいのは議会を分断することです。多数派から裏でちょっと話を聞いてやれば、楽なもんです、とも。

最後に、議会が共通点を見出して一つにまとめようとすれば、議員同士の議論が起こります。そして議論する中で考えが変わったり、妥協が生まれます。そうやって「議会がチームとして」まとまれば、議会は大きな力を持つのです、ともありました。

まさに、私が初当選以来、議会の実態に疑問を持ち、訴え続けている、「是々非々」「議員立法」「議員同士の議論」を裏付ける、というよりそのままのお話だったと思います。これからも、自信を持って忍耐強く訴え続けてまいりたいと思います。

テーマ:

※写真は横田基地のオスプレイ

陳情12号に続いて、陳情11号についての報告です。 

タイトルは『横田基地へのオスプレイ配備に際し、府中市に対応を求める陳情』

http://www.city.fuchu.tokyo.jp/gikai/shingi/segantinjo/bunshohyo/30chinjo.files/30dai4tinjou.pdf の5ページ目

この陳情は、日本国の主権に関わる大事な問題を指摘していると思います。保守だと言う自民党がどんな反応をするのか、私は当初から注目していました。

 

 ・オスプレイは沖縄などで落ちている。

 ・近年だけでも調布飛行場に米軍ヘリが4回緊急着陸している。

 ・民間機が調布飛行場近くで墜落した。

こういった事実を重ね合わせると、オスプレイなどの米軍機が府中市内に墜落する可能性も当然に考えられ、そういった心配を抱える市民から出された陳情だと考えられる。

 陳情項目も、オスプレイ配備撤回!のような今すぐは無茶な要望ではなく、全国知事会が合意して国に求めた内容と同様なもので、まっとうである。すぐに実現できるかどうかはともかく、府中市が米軍に対して求めることについては当然のことであると考えられる。

 

以上の事から、この陳情には賛成し、採択を主張しました。

結果は、自公と清水議員が反対し、不採択でした。

 

反対理由は二つ。

①府中市から横田基地に直接意見は言えないと思うので反対

②市職員が立入りすることは法的に無理があると思うので反対

 

①は自民党の意見ですが、全くの認識不足です。米軍ヘリが過去4回調布基地に緊急着陸したときに、市職員が横田基地へ行って米軍に直接要請し、回答も求めています。この過去の実績は29年12月の杉村の一般質問への市答弁で明らかです。

 

ですから①は反対の理由になりません。

 

②は公明党の意見でしたが、市職員の立入りに関しては、全国知事会が国に要望したことなので、それが要望すらできないということはありません。

 

ですから②も理由になりません。

 

本会議の場で、総務委員長から委員会の結論は不採択との報告があった際、私は上記の意見を言い、不採択の理由がないのでもう一度審議をやり直すべきだと委員長に申し上げました。自民党の臼井委員長がそれに反応できず黙っていたところ、議長が先に進めようとしたので、私は「議事進行」発言を求めました。ひと悶着ありましたが発言が認められ、不採択の理由がなくなったので総務委員会で再審議するよう議長に求めました。

 

「議事進行」は会議規則にも規定されており、議事の進め方に意見、要望、質問があるときに発言を求めることができ、議長は優先的に指名をしなければなりません。議事運営への要望の場合、「動議」なら議長が全議員にその場で諮りますが、「議事進行」なら議長がその場で判断し、答えを出さなければなりません。

 

今回議長は「動議」と間違えて議員に諮ろうとしましたが、杉村から「議事進行」ですと重ねて申し上げました。あらためて、「議事進行」ということで、議長が自らの判断で、「再審議はしません」と決定しました。

 

とても公平な議長裁きとは思えませんが、予想された流れではあります。不採択に理由がないことが本会議場で明らかにされ、それにもかかわらず、推し進められようとしたので、会議規則に則って「議事進行」で要望し、それも理由なく却下されました。そしてその結果、理由なく不採択という決定がなされました。

 

理由付けは法的な義務では勿論ありませんが、○であれ×であれ議会の決定には理由をつけるのが市民に対するマナーでしょう。ちゃんとした理由や議論なしに多数決だけで早急に議事を進行していくやり方は、議会の権威を徐々に傷つけていくものだと私は思います。

 

追記

今回、自民党は府中市が直接米軍に意見をいうことなどできないのではないか、と発言しました。これは明らかな認識不足なんですが、それ以上に深刻に感じたのは、保守を自認する自民党が、米軍に対して従属的な精神でいたということです。今回は過去の実績があったわけですが、仮に実績など無くとも、米軍に対等にものをいう気概がなければ、主権など守れません。市民の生命と財産も守れません。非常に情けない想いがしました。


テーマ:


府中市にも情報公開条例があり、第2条で電磁的記録も公開の対象となっており、また非公開の会議の録音データもそれに含まれるとの市の答弁もあります。

 

この条例に基づいて先日、市民から開示請求がありました。開示の対象は議会改革検討委員会の記録です。請求は2回あり、1回目の対象は「速記録または録音データ」であり、2回目は「録音データ」でした。

 

1回目は、たまたま12月10日の議会改革検討委員会の会議が請求直後に設定されていたため、会議の中で対応が議論されました。対応案はまず議会事務局から示されました。まだ要点記録ができていないので、「速記録」として職員の手書きのメモを出す。「録音データ」は、発言する議員の情報までわかってしまうので、非開示とする。という案で、自民、公明、立憲、共産、生ネットはそれに賛同したが、杉村は待ったをかけました。

 

「録音データ」は明白に情報公開条例で開示対象になっているので、ここで我々が開示するしないを選択できるものではなく、開示しなければならないものです、と。(※録音データや非公開の会議まで開示請求の対象になるということを知らない議員もいました。)

 

すると、事務局が追加で発言し、請求対象が「速記録または録音データ」とあるので、速記録を出せば録音データを出す必要はないと考えます、と言いました。そこまで詭弁を弄するかと驚きましたが、自民党のU議員がすかさずフォロー。別途新たに録音データのみの請求が来たら議論しないといけないが、今回は「または」ですから、と。詭弁ですが、理屈は通るので、そこは私も引き下がりました。

 

その後、案の定、録音データのみについての2回目の請求がありました。しかし、2回目は検討委員会が開かれず、議論もなく、非開示決定が出されました。そこまでは私も頭が回りませんでした。おそらく事務局のアドバイスに基づき委員長が決定したのでしょう。議事課長に経過を聴いたところ、会議を開く義務はない、12月10日の検討委員会で議論して頂いた通りに非開示としました、と言ってました。議論は途中だったのですがね(笑)。

 

発言している議員が誰か知られたくないから非開示だなんて、どこの田舎の議会でしょうか。しかし外に構わず、自分たちのご都合、村社会の論理をどこまでも貫こうとする人たちです。自公ならともかく、立憲も共産もネットも中に入るとそれに巻かれてしまうのがあからさまに見えてしまいました。外の世界にはとても通る理屈ではありません。裁判でも起こされたらどうするつもりでしょう。選挙も近いのに。

 

 

追記

以上の流れが見えたので、非開示決定が出される前に、私から議長あてに手紙を出しました。このような流れが今後も続くようだと、条例案自体に瑕疵が生じるので、私は条例案に賛成できなくなるかもしれませんと。直前で急に反対を言えば混乱させてしまうので、事前の予告です。時間をかけて慎重に議論を重ね、妥協もしたが自分の考えも反映できた条例案なのでとても残念ですが、情報公開条例違反を見過ごすわけにはいきません。

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス