早春に効くバイブレーションXとSUPER Z!! | 杉村和哉のメガバスブログ
新型コロナウイルスに関する情報について

杉村和哉のメガバスブログ

杉村和哉のメガバスブログ

二週に一回更新目指して頑張りますっ!琵琶湖の役立つ「今」の情報を発信していきますねっ!

今年の冬の琵琶湖は、暖冬の影響で暖かい日が続き、春の訪れを早く感じました。だいたい冬の間の水温は平均で8〜9度もあり、何年か前に経験したメインチャンネルで水温3度台!!‥ってのが懐かしく思えます。


そして3月を迎え、水温はシャローで13度台に届きそうなほど!!本格的な春のシーズンはもうすぐそこまで来ていますねっ!




今年のバスのポジション的にも浅いレンジのバスのストック量が多く、季節的には冬でも初春のイメージでバスは動いている感覚を持ちますっ!ファーストムービング系ルアー(クランクやバイブレーション)での釣果も目立ちますっ!!!









僕のガイドで今年の冬から春に掛けて、使用頻度が高いルアーはウォブル中心のアクションが得意なNewバイブレーションXと、ロールアクションが得意なバイブレーションXウルトラ!そして






今年のニューカマーSUPER Z(Z I、Z II)!この4つのルアーがメインになっております。


まず、バイブレーションXウルトラとNewバイブレーションXの使い分けとしては、暖かくてポカポカするような無風〜微風のコンディションならNewバイブレーションXの激し目のアクションでサーチ。水温上昇で活性の上がった個体にアプローチする方法が◎!



逆にローライトコンディションで少し寒く、風が強く吹いてバスの活性が下がったシチュエーションならば、バイブレーションXウルトラの持つ控えめ且つロールアクションでバスにアピールします。


ロッドはVALKYRIE VKC-66M +くらいが冬から初春のコンディションのバスには掛け易く、ノリ易く、バラシ難いっ!


使い方としては投げて巻くだけ!!‥なんですが、よりリアクションバイトを狙うために早巻きは基本。エリアとしては



①濁り②ウィード③ボトムの変化


をキーに絞っていき、バイブレーションプラグの塗装をボッロボロにするくらい(笑)果敢に巻きまくることが釣れるコツです。


とにかく目の前を何回も何回も通して死ぬほど巻きまくるっ!!w 


南湖東岸の赤野井シャロー〜北山田シャロー〜帰帆島シャロー〜瀬田川シャローが僕のおすすめエリア。また西岸の各ワンドにも濁りが入れば釣れる可能性も上がってきます。



SUPER Zは僕もガイドの合間に投げて





春のクランキングゲームを楽しんでおりますっ!オススメのロッド的には飛燕などのF3クラス、VALKYRIEならVKC-67MLくらいの柔らか目のロッドがベストです♪

ラインは14ポンドでもしっかり泳いでくれますが12ポンドが僕的には推奨かなと思いますねっ!小粒ボディにタイトピッチなウォブルでアクション的には少し控えめな部類に入るSUPER Z!!


これからバスが活発に動き出し本格的にシーズンインします!皆さんも、メガバスプラグをボックスにたくさん詰め込んで早春に動き出すグッドコンディションなバスを狙って、是非釣りに出掛けてくださいねっ♪