かわいそうな象を知っていますか | 杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ Powered by Ameba

杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ Powered by Ameba

杉本彩オフィシャルブログ 杉本彩のBeauty ブログ


テーマ:

 

 

昨日、佐藤榮記 監督のドキュメント映画

 

『かわいそうな象を知っていますか』を拝見しました!

 

象をはじめとした、チンパンジーやネコ科の動物や鳥類の

 

劣悪な環境下に展示されている苦しみと痛みがぐんぐんと心に伝わり

 

胸が張り裂けそうになりました。

 

動物たちを取り巻く問題はあらゆる分野に存在しています。

 

ペット流通の問題だけでなく、実験動物、畜産動物における

 

動物福祉もまた、日本は世界から大きく後れているのが現状です。

 

その中でも特に、まだまだ人々がその問題を認識していないのが

 

この動物園の環境エンリッチメントの未熟さだと感じます。

 

環境エンリッチメントとは、動物の正常な行動と欲望を制限しないよう

 

その環境作りに配慮し、ストレスによる異常行動を減らし

 

動物の福祉と健康を向上させるため、飼育環境に工夫をこらすことです。

 

本来、野生で生きるはずの動物を、人の都合で展示用として

 

不自然な環境に連れてきたわけですから、最低限、動物への責任として

 

この環境エンリッチメントへの取組みが、人道的な社会にあって

 

しかるべきなのです。

 

しかし、残念なことに、これを遵守させる具体的な法律が

 

日本にはありません。

 

これは、犬や猫をはじめとしたペットと言われるすべての動物にも

 

当てはまる問題で、皆さんご存知の福井県の劣悪な犬の繁殖場などが

 

適切に改善させられないのはこのせいです。

 

適切な環境とはどういうものなのか、それを具体的に示す数値や

 

目指すべき具体的な環境が明文化されていません。

 

私が代表を務める公益財団法人動物環境・福祉協会Evaや

 

他の動物福祉団体も、次期法改正において、このエンリッチメントの

 

数値化や具体化を求めていますが、環境省の反応は大変鈍いものです。

 

議員立法により改正される動物愛護管理法ですから、国会議員が本気で

 

全会一致を目指さないかぎり、ペットの流通業界からの抵抗力により

 

業界寄り議員によって押し返されてしまうのではないかと

 

危惧しています。

 

これにより、動物園で飼育される動物もまた

 

苦しみを強いられている現状です。

 

動物園も、犬猫の繁殖場もペットショップも、もちろん動物保護施設

 

においても、そこにいる動物が幸せか不幸かは

 

現状では、そこで関わる飼育員や店員のモラルに

 

委ねられているわけです。

 

しかし、残念なことに、このモラルには大きな高低差があり

 

動物福祉を守るためには、人のモラルに委ねているだけでは

 

どうやら無理なのです。

 

これを法律にして適正な罰則が伴わなければ、どの分野の環境も健全化

 

することは困難です。

 

この、適正な罰則を与えるための根本となる法律が、現在私たちEvaが

 

署名運動しています虐待の厳罰化に対する請願です。

 

法改正での適切な飼養の数値化と具体化、それと同時に、虐待の厳罰化

 

が急務だと思います。

 

皆さんには、是非ともご協力をお願い申し上げます。

 

署名は以下から PDF をプリントアウトし、必要な数をコピーし

 

署名済み用紙を事務局に郵送ください。

 

http://www.eva.or.jp/genbatsukashomei

 

PDFがご使用になれない方は、Eva事務局に署名用紙の郵送を

 

ご依頼ください。

 

 

 

さて、本題に戻ります!

 

佐藤榮記監督のドキュメント映画『かわいそうな象を知っていますか』

 

について、佐藤監督のFacebookより転載させていただきます❗️

https://m.facebook.com/events/688877161483370/

 

 

《以下、転載》

🐘≪ あらすじ ≫🐘
 
戦中、戦後、現代と3世代に渡っ
過酷な人生を歩まされる羽目になった象達。
それぞれの時代の中で、苦悩に満ちた人生を送らされた象達と
れに関わった人間達の業を克明に曝け出し
動物園・水族館の在り方や動物の命について
三思する異色の問題作です。

戦中は、上野動物園で人間に殺された3頭のゾウの物語。
小学校の教科書にも永らく載せられた
この『かわいそうなぞう』のストーリーは
当映画に大いに共感し、自らもこの題材を扱いたいと考えていた
人気アニメーション動画家のずーシャキさんが、
当映画の為に、無償でアニメーション化してくださいました。
教科書には載せられていなかった衝撃の真実も明らかに!

戦後の話は、井の頭自然文化園で国内最高齢を記録した
アジアゾウのはな子さんから。
公開されたはな子さんのゾウ舎で見つかった200本もの鋭利なクギや
死ぬ時に はな子さんが吐き出した意外なもの等
生前は知られていなかった衝撃の真実を!

そして、現代では、今日も苦痛に耐え続け
正気を維持するのもやっとの象達の姿を。
未だ狭い象舎で単独飼育されている象達の
想像すらし難い日々を撮影し続けて来た動物ジャーナリス
佐藤榮記(当映画監督)が、あまりに酷い日本の動物園・水族館の実態を
暴露していきます。

 
🐘≪日時と場所≫🐘
今年4月、JR山手線・都電荒川線『大塚駅』から徒歩7分にOPENした
『シネマハウス大塚』での上映です!
https://cinemahouseotsuka.com/

チケット1500円 ☆当日、現場のみの販売となります。
大学生/半額 高校生以下/無料

前回、7月の石神井公園での『CHASE!』をご予約された方は
予約時のお名前(こちらに控えがございます)をお申し出ください
今回は、半額にさせて頂きます。

⇓ ⇓ ⇓ 上映スケジュール ⇓ ⇓ ⇓


29日(土曜)スケジュール
 
14:30 開場
15:00~15:40 『はな子さんからのメッセージ』上映
(上映時間 40分) 
 
16:00~17:37 新作『かわいそうな象をしっていますか』上映
(上映時間1時間37分
 
休憩(約30分)
 
18:10~18:50 『はな子さんからのメッセージ』上映
(上映時間 40分)

19:20~20:57 新作『かわいそうな象をしっていますか』上映 
(上映時間1時間37分)
 
20:57~21:15 監督&ずーシャキさんご挨拶(約18分)

お問い合わせ➡:eikisato@tea.ocn.ne.jp
 

~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~~

 

 

あと1日、2回の上映しかありませんが、お時間のある方には

 

是非ともご覧いただきたい映画です。

 

美しい話しに作り変えて絵本で伝えられていた

 

「かわいそうなぞう」の話し。

 

この物語には、人間の愚かさと残酷さを感じる真実が隠されてきました。

 

「かわいそうなぞう」の真実を知ってください。

 

本当に本当に悲しすぎて、、、、

 

言葉にならないほどの感情が溢れてしまいます。

 

そして、アジアゾウ はな子さんに強いた長きに渡る残酷な仕打ちを

 

また繰り返している日本の愚かさにも憤りを感じます。

 

はな子さんからなんの教訓も得ていない証です。

 

人間の無知と傲慢と命への軽視が引き起こす、動物への意識なき虐待を

 

一刻も早く止めなければならないと、心底思わされる映画でした。

 

この事実と問題を、多くの日本人が共有し、動物園とは名ばかりの

 

牢獄のような施設の改善を求めて、私たちは声を上げるべきなのです。

 

 

 

 

イラスト : ずーシャキ

https://ameblo.jp/paronoharappa/entry-12420488285.html

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

杉本彩さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース