#素直展 三日間が終了しました!


総トータル700名の方がお越し下さり、想像をはるかに超える中でしたが、皆さんや、周りの方々のご協力あり、無事に終えることができたかなと思います。



今回、急な初の個展をやらせてもらえることとなり、そこから1ヶ月、死に物狂いで絵を描きました🖼🎈笑


最初はコンセプトに迷って、手が動かず。

大きい絵を描くのも初めてで、どう描けばいいのか手が動かず、。

実は気づいたらコンセプトだけでかなり時間が経ってしまいました。


そんな中、素直展の顔である、"素直"を描いたときに、頭の中に一気にストーリーが浮かび、描きたいものが沢山浮かびました。



"-もう一度、13歳のわたしに出逢いたかった"

と言うのは、13歳ではじめて漫画家になりたいと願った自分が描いたヒーローものの女の子と、もう一度絵を通して出逢い直して、久々に素直な気持ちで「絵を描くのが楽しい!!」と思えたところからでした。



沢山失敗もしたけど、その度に絵が私に寄り添ってくれて、助けてくれて、すべてが大切な絵に、自分の子供のような気持ちに。

愛おしいものとなりました。



私のことを知ってくれたほとんどの方が、バチェラー という番組だと思います。

そこから、沢山の葛藤や、勝手ながらプレッシャーがあり、自分の心含めて、人に見られる意識ばかりが募り、いい風に演じたり、いい奴でなきゃと思いすぎたりして、精神的に体調を崩すことが多かったんですが、その分大きくまた成長できたように思います。

自分を救うのは自分で、そしてそれはやはり周りあってのもので、感謝の心をずっと忘れちゃだめだなと改めて日々感じています。





今回たくさんのエールをくれた皆さん、支えてくれた皆さん。

そして事務所の皆さん。準備の段階から、事務所の方々と過ごし、汗をかきながら、大変だったけど、手伝ってくれて、笑い合えて、がんばったねって握手してくれて、最後まで笑顔で手伝ってくれて、本当に胸がいっぱいで幸せでした。



そして素直展に来てくださった皆さん。一人一人とゆっくり話したかったけど、バタバタしてしまい、それでも一人一人のお顔を見れて、心で会話できたようなとても温かな時間でした。涙を流してくれる方もいて、いっぱいの笑顔の方もいて、緊張してくれてる方もいて、、すべてが記憶に残っています。

沢山のプレゼント、お手紙も、一つ一つ大切にします。とっても嬉しかった。



最初はどんな気持ちでも、絵を一生懸命見てくれて、絵を好きになりましたとか、楽しかったとか、私のことを好きでいてくれる皆さんに、本当に感謝しかありません。

全然人間としては、だめな恋愛だったり、だめな奴だったり、最高に情けなく、不甲斐なく、ダメなこともしてる人間ですが、みんなが大好きだと伝えてくれる度に、気持ちをぎゅっと改めさせられるような気持ちでした。

こんな私に、本当に本当にありがとう。



絵を購入してくださった皆様、とても可愛い値段とは言えない中、みんな一生懸命、日々の暮らしがある中で、結果、全部大好きな方に大切な絵を購入してもらえることとなって。

その気持ちに、すごく胸が震えました。



私の子供のような絵が、大好きなみんなのお家で暮らせることができるんだ、おはようとおやすみを過ごせるんだと思うと、胸がいっぱい。

本当にありがとう。



これからも、自分にできる範囲で、できる限り、自分自身と、誰かと、たった一人の誰かに。向き合い続ける人間でありたいと思います。

沢山の感謝と愛を込めて。🌻

くらたまみ




*



HERO



例えば誰か一人の命と

引き換えに世界を救えるとして

僕は誰かが名乗り出るのを待っているだけの男だ



愛すべきたくさんの人たちが

僕を臆病者に変えてしまったんだ



小さい頃に身振り手振りを

真似てみせた

憧れになろうだなんて

大それた気持ちはない

でもヒーローになりたい

ただ一人 君にとっての

つまずいたり 転んだりするようなら

そっと手を差し伸べるよ



人生をフルコースで深く味わうための

幾つものスパイスが誰もに用意されていて

時には苦かったり

渋く思うこともあるだろう



そして最後のデザートを笑って食べる

君の側に僕は居たい





#ヒーロー#イラスト#くらたまみ#素直展



【協力】

株式会社リトルトーキョープロダクション一同

株式会社Gオフィス一同 様

(ポスター、価格表)クリエイター 太田雄介 様

 (文字、ステッカーデザイン)木爾チレン 様