おはようございますニコニコ

ずっとブログの更新をしておりませんでしたが、

やっと身辺のいろいろなことが収まったので今日は更新記事を書きますね。

 

10月~12月で幼稚園の通うところは決まりましたが、さて住む家をどうするかで本当に悩みましたあせる

 

今が持ち家であるためそれを貸し出して、幼稚園からすぐの所の新築マンションを買おうかどうかで悩んだりグダグダしてたんですね。

売れ残りで値引800万円くらいされていてお買い得だったんです・・。

 

ローンの審査は通ったのですが、ここで本当に住み替えていいものかすごく悩みましたショボーン

 

持ち家で住所地を限定してしまうと小学校の就学のタイミングの選択肢が減るし・・

でも築2年の持ち家を人に貸して自分が古い賃貸住まいするって悲しいし・・

 

とグダグダ悩んでおりましたが、結局賃貸にしました。

 

小学校以降の発達障害のある子供の教育について調べると、住んでいる地域によって本当に教育環境が異なるんですよね・・ショボーン

 

例えば支援級に進んでも、普通級と一年を通して数度しか交流がない地域の小学校もあれば、支援級に属するけれども苦手科目だけ通い、普通級で基本過ごすことができる小学校もある。

 

小学校で支援級に進んで途中から普通級にという変更は支援級の勉強の進度と普通級の進度が違う為かなり親が自宅学習でフォローをしないと難しいようです。

 

また中学校で支援級に進むと内申がつかない地域は普通高校への進学ができなくなります。

 

療育手帳の判定も地域格差が非常にあり、横浜市や川崎市など療育先進地域はIQが境界域であっても自閉症スペクトラムの診断があれば手帳の取得ができます。もともとのIQの判定基準も高いです。(今住んでいる市はDQ65以上は手帳出ません)

 

また障碍者枠での就職についても、企業側の就労条件が「子供自身で一人で通勤ができること」が条件である場合が多いなどを考えますと、子供がどう育つかまだ見えない今の段階において持ち家を再度持ち住所を固定するということがかなりリスキーだと感じております。

 

子供のことを考えれば賃貸一択なのは頭では解っているのですが、「きれいな持ち家に住んでいたのになぜ」と夫の転職を恨んだり、割り切れない気持ちと折り合いがつかずグダグダして悲しかったです。

 

ただ、実は今の保育園とたいしたことではないのですが少しトラブルがあり、やはり特性の理解のある幼稚園で訓練した方が良いだろうと

今は吹っ切れました。

2月から新しい地域で頑張りますね真顔

 

ビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたま

 

今日は私の忘れ止めとして子供の10月から12月の状況をまとめて記載しておきますね。

 

 ■出来るようになった事

 

①2語文が出てきました。

 発語がかなり進み、周りの物の名詞はほとんど理解して言えるようになりました。

 「お名前は?」と言う質問も「〇〇 ○○○○です」と吉兆の女将の様にささやくと真似して答えることができるようになったり、

「〇〇とって」「どこかな~?あった」「どれにしようかな?」「こんにちは」「おやすみなさい」「おかえり」「おばあちゃんありがとう」などの動詞、挨拶などの言葉が出るようになりました。

 

②文字が完全に読めるようになったので、自分で図鑑や絵本などを読むようになりました。

絵本は自信があるところは大きな声で、自信のないところは小さな声になりますがひらがな、カタカナ共に読めております。

 

③世界の国旗の2/3位の国は覚えました。

 クリスマスプレゼントの国旗カード゙をかるたみたいに名前を言うと探しだして自慢げにかかげ、そのカードを世界地図で場所を示してくれるようになりました。

この1か月で国名と国旗の柄は2/3位暗記し、世界地図上の場所は大きな国「アメリカ、オーストラリア、イタリア、イギリス、オランダ、エジプト、ロシア、日本」などの目立つ国は地図の場所も覚えているようです。

 

④個別療育、OTの時の着席時間が長く座っているようになりました。

体調によりますが45分ずっと座ってられるときもあります。

 

⑤おままごとができるようになりました。

すなばでお皿に砂でご飯をつくり、「はいどーぞ」とパパに持ってきたり「あーおいちいね」などのごっこ遊びができるようになりました。

 

⑥保育園でお友達に謝りに行くことができました。

お友達の靴を同柄であったため自分のものと勘違いし、靴の取り合いをしたらしいのですが、途中で先生から「〇〇君のはこっちよ」と言われて自分のと違うと気が付いたらしく、手を放し、そのお友達の所に行って「ごめんね」と言ったそうです。

 

⑦以前「この子は最終的に重度の判定になる」と言われた小児科の先生に「卓上課題が集中してできるようになった」「顔の表情が子供らしく朗らかになった」「指示が解るようになっている」などほめていただきました。

最終的には「博士号を取ってたりする人はこれくらいの変わり者が多いからそういう職種ならいけるかも」と言っていただけるくらいになりました。

 

■これからの課題・問題点

 

①音の過敏が出てきました。

 トイレのジェットタオルや、掃除機の音を非常に怖がるようになりました。

大きい音がダメということではなく、特定の音が苦手の様です。

特にトイレについてはジェットタオルがあると号泣するため、外のトイレに連れて行くのが本当に大変となりました。(暴れまわるので)

 

②こだわりが出てきました。

 町でエレベーターなどを見ると乗りたがったり、公共のトイレのベビーシートを必ず乗りたがったりいつも通りの行動でないと嫌だという部分が出てきました。

 対処法として、事前告知(今日はベビーシートは倒しません)などの約束をするようにしてます。

  

③偏食が改善されない

 

引き続き頑張っていきたいと思います。

 

今日現在サプリメントは、下記の種類を取ってます。

vitaminB1、B2、B3(as niachinamide)、B3(as Niacin)、B5(as d-calcium pantothenate)、

B6(as Pyridoxine HCI)

Folate(as folic,folic acid )、Folate(FOLATE (AS -5-METHYLTETRAHYDROFOLIC ACID EQUIVALENT TO 139 MCG (6S)-5-METHYLTETRAHYDROFOLIC ACID, GLUCOSMINE SALT)

vitaminB12(as hydroxocobalamin)

vitaminB12(as hydroxo and adenosyl cobalamin)

vitaminB12(as adenosyl cobalamin)

VITAMIN B12 (FROM 10 MG DIBENCOZIDE)

Biotion

Benfotiamine

NADH

SAMe

Riboflavin

5 riboflavin phosphoric acid(リボフラビン 5 リン酸)

L-bioterin

Parsiey Aerial Parts Extract

vitaminP

Calcium

citric acid

dietary fiber

Magnesium

Zinc

Selenium

Manganese

Chromium

Molybdenum

Potassium

Phosphatidyl serine

Phosphatidylcholine

Phosphatidylinositol

Phosphatidyl ethanolamine

Linolenic acid

Linoleic acid

Oleic acid

Palmitic acid

Stearic acid

Capric acid

Caprylic acid

DHA

Iodine (ヨウ素)

Iodide(ヨウ素(カリウム塩)

Chlorine(塩素)

Natrium(ナトリウム)

Kalium(カリウム)

Sulfuric acid(硫酸)

Liver Extract

Dandelion Root Extract

Trehalose

Broccoli Extract

Milk Thistle seed Extract

Green Tea Extract

para-aminobenzoic acid

Anhydrous

Inositol

NADH

Trehalose

Pancreas Substance

Gymnema

Leaf Extract

Duodenum powder

Pine Nut Oil Powder

Sage Leaf Extracrt

Rosemary Leaf Extract

Vanadium

GABA

Lithium

Boron

POTASSIUM (AS CITRATE)

General Support Nucleotide RNA

Bowel Support Plus Nucleotide RNA

Cytokine Balance Nucleotide RNA

Nerve Calm Nucleotide RNA

Stress Foundation Nucleotide RNA

Methylation Support Nucleotide

Lactobacillus rhamnosus

Lactobacillus acidophillus

Lactobacillus brevis

Lactobacillus casei

Lactobacillus plantarum

Lactobacillus salivarius

Lactobacillus paracasei

Bifidobacterium bifidum

Bifidobacterium infantis

Bifidobacterium longum

Bifidobacterium lactis

Bifidobacterium breve

ミヤBM

 

エイミーヤスコのSTEP2を3カ月行いました。

上記のリストに記載してますが、B12及び葉酸のメガ投与をしております。

子供の調子は興奮は出ず目の輝きや落ち着き、言語発達が格段によくなりました。

ただデメリットとしてトイレの尿がかなり近くなってます。(どのサプリメントの影響なのか・・)

 

食事療法はちょっとさぼり気味で外出時にトリエンザ(消化酵素)は取らせてますが本人の駄々こねに負けてパンを時々食べさせてしまいました。

週1度程度は許容するようですが、週2日以上食べたときは走り回りました。(セラピーでもその数日後はグダグダでした)

食事療法引き続きがんばります照れ

 

ビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたまビーグルしっぽビーグルからだ猫あたま

 

この数カ月の子供の就学後の学校情報などを調べていく中で、自閉症児の親の会などに積極的に参加をして情報収集をしなければという気持ちが高まりました。

 

以前他の発達疑いのお子さんのブログに「療育は親の椅子取りゲームですよ」と書いて「不安がらせるようなことを書いて」と大変お叱りを受けたことがあったのですが(笑)、今でも私は発達の問題のある子供の教育は「親の椅子取りゲーム」だと本当に思います。

 

親が情報収集をして動いた親のお子さんほど良い教育を受けることができます。

ですが、今の日本では悲しいかなその椅子・枠は限られてます。

 

また同学年の親御さん同士ではその少ない椅子の取り合いを結局はすることになるので、やはり先人の方達の講演や就学の情報の勉強会などで、親が自分自身で情報を取りに行く気持ちが必要なのだと実感してます。

 

就学判定まであと1年、いろんな選択肢を集めるべく勉強したいと思います。