(東京急行電鉄) 石川台➡武蔵境 矢印式乗車券 | 菅沼天虎の紙屑談義

菅沼天虎の紙屑談義

交通機関を利用する為の切符・・・一般の方々にとっては使い終わってしまえばタダの紙屑で、最後は係員に渡して終わりになるモノです。
そんな紙屑に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言にお付き合い下されば幸いです。


テーマ:

昭和33年に東京急行電鉄池上線の石川台駅で発行されました、「石川台➡武蔵境」の矢印式乗車券です。

 

 

PJR/てつどう橙地紋券となります。

 

五反田接続の国鉄線連絡乗車券となりますが、経由表記は接続駅の「五反田経由」では無く、社線内の「大崎広小路経由」と表記されています。これは東京急行電鉄線と国鉄線に複数の接続駅が存在し、接続駅によって社線内の経路も変わるためと考えられ、社線内の経路を「大崎広小路経由」と明示することにより、国鉄線との接続駅も必然的に「五反田」しか有り得なくなりますので、この経由表記1つだけで社線内の経路と国鉄線の接続駅を判断出来ますので、合理的な経由表記と思われます。

 

経由表記駅に先に申しました点と同様の意味を持たせるのならば、表記駅は「大崎広小路」だけに限らず、池上線の旗の台~五反田間の中間駅であれば何処の駅でも良いハズですが、「荏原中延」では大井町線の「荏原町」と「中延」、「戸越銀座」では大井町線の「戸越公園」と誤認する恐れまで考えた結果、経由表記駅を「大崎広小路」としたものでしょうか??

suganuma-tenkoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス