阪急友の会ご招待 阪急三宮 高速神戸 往復乗車券 | 菅沼天虎の紙屑談義

菅沼天虎の紙屑談義

交通機関を利用する為の切符・・・一般の方々にとっては使い終わってしまえばタダの紙屑で、最後は係員に渡して終わりになるモノです。
そんな紙屑に夢中になってしまった大馬鹿モノの戯言にお付き合い下されば幸いです。


テーマ:

昭和50年に発行されたものと思われます、阪急電鉄の「阪急友の会ご招待 阪急三宮 高速神戸 往復乗車券」です。

 

 

乗車券部分は「はんきゅうでんてつ」青地紋となります。

 

乗車駅から「阪急三宮」または「高速神戸」への往復乗車券で、右側の降車駅欄には「門戸」の丸形のゴム印が押印されており、今津線の「門戸厄神駅」で押印されたものと推察され、有効期間は「昭和50年12月1日から昭和51年1月15日までの券面押印日とその翌日限り」となっています。

 

「阪急友の会」は阪急百貨店の会員制のサービスで、現在でも会員への優待サービスが行われており、2018年は「秋・冬のご招待券」で、2019年1月1日から1月7日までの任意の1日に有効な「初詣 阪急電車全線1日フリー乗車券」への引き替えが行われています。

suganuma-tenkoさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス