多くの人が「過去は変えられない」って言うんですけれども、



斎藤一人さんは、「いや逆だよ。過去は変えられるんだよ」と。


「自分の記憶の中にあるものだから」と。


「だから、未来は分かんないんだから変えようがないよね」っていうことをおっしゃっています。


まさにそうで、過去の経験があったからこそ自分の今があるんです。


ひとつだって人生で無駄な経験などないのです。


僕は過去に一番嫌だった経験っていうのが、高二の時に親父が倒産したことなんです。


親父が倒産した時は、僕は高校の卒業旅行に行っていて、


うちの親父がオオカミ少年のように毎回、「倒産する、倒産する」って言いながらも何年も経っていたんで、「今回もただ言ってるだけだろ」と思って、普通にみんなで十和田湖にスキーに高校生の卒業旅行で行ったんですね。




そして帰ってきたら、なんと差し押さえになっていて。


入れなくて「なんじゃこりゃ?」って。誰もいないし。


それで誰かいるんですけど家の者じゃないんですよ。


多分その道の方ですね、今考えてみたら。


もう入り込んじゃって。



それで家に電話しても当然誰も出ないですし。


オバに電話したんですよね。連絡誰も付かなかったから。


オバに電話したら、「あんたが行ってる間に夜逃げした」と。


後から聞いたら、うちの父ちゃんは貯金を全部会社につぎ込んで倒産させたんです。


だから、負債も相当なもので、何十億の負債が多分あったと思うんだけれども倒産させて。


だから貯金が一切なく僕ら夜逃げして。。。


唯一あった、当時父ちゃんと母ちゃんが乗ってた外車を売ったら500万になって、母ちゃんに300万渡して親父は200万持ってそのまま逃亡した、というような流れだったらしいんですけど。


そこからもう途方に暮れて一回川崎の家に行って、そのオバちゃんに助けてもらって一緒にちょっと住みました。


横浜の横須賀に近い方の学校だったんですが、距離があったんで「結構通学が大変だな」と。


当時僕はずっとガソリンスタンドのバイトをしてたんで、そこの社員寮に社員の一個上の仲良い奴がいて、そこに転がり込んで一ヶ月くらいそこから通ってたけど。


やっぱりもう一ヶ月もいるとその友達も、彼女も呼べないしって、辛い。


それで「もう早く出て行って欲しい」的なサインをどんどん送ってくるんですね。


俺も「あーそうだな」って思って出て行って、また友達の家を転々としていました。


やっぱり新しい友達の家に行ったら「おー、菅野いつでもおいで!」「いつまでも、なんでもいてもいいから」



とか言いながらやっぱり本当に1ヶ月くらいいると超迷惑そうになってくるんで、なんかもうだんだん、だんだん居場所が無くて。


半年くらい転々としてたかなぁ…


その時に高校時代に生えたヒゲが多分ショックで半分くらい白髪になりました。


その時は眉毛も白髪になったからね。


まぁ、それは治ったけど。


だから結構ショックだったと思うんです。


人にも恥ずかしいから当時付き合ってた彼女にさえ家が倒産したっていうのをなぜか知らないんだけれども子供ながらに恥ずかしくて言えない。


「もう親父たち東京の方に引っ越したからさ」って「だから俺一人こっちにいるんだよ」みたいなこと言ってて。


それでようやく、半月くらい経ってからかな…お金貯めて安いワンルーム借りて、5万くらいだったかな…そんなしないか、借りてずっとバイトしながら生活してましたね。


その時は周りが裕福で社長の息子みたいのが多かったんですね。


18歳になると同時に車を買ってもらったりとか免許を取ったりだけど、僕だけお金が無かったんで免許も取れなかったし、当然車も無かったし



ホント万年助手席で「かっこ悪りぃな」っていう本当に貧乏な学生時代を過ごして本当にその時親父のことを恨んだんですね。




「なんで俺だけこうなんだ」「なんで俺だけだよ」、とか思っていました。


でも今考えると、それがあったからこそ23歳で起業して一人でずっとやってきた。


だからこそ今がある。


それで30になった時に年収1億ぐらいなんですね。


ちょうどネットビジネスが当たった時で。


29からネットビジネスを始めて、30の時には年収1億稼いでた。


それこそ天職だなって思ったから、楽しいから仕事してたら気が付いたら…という感じではあったのですが。


そして30歳の時にある日、同窓会の誘いがあったんですね。


「おー、じゃあ久々に会いに行こうか」と思って横浜の方に遊びに行きました。


それで会ってみたら、当時の仲良かった友達がみんなプー太郎やってるとかみんな実家住んでるとか



その時に「有り得ないな」と思って。


「え、30で実家暮らしですか?」



「えっ?就職してないの?大丈夫お前ら?」と思って。


「えー、だってあいつもプーだし、あいつ、あいつだって未だにパチだぜ」みたいな感じで。


みんな周りと比べて「いや、あいつあれだから別にいいっしょ」みたいな感じで、「超ぬるま湯浸ってるこいつら」と思ってです。


その時にあれだけ嫌だった自分が辛かった過去、親父が倒産して「なんだ親父!」ってすごい恨んでた親父に感謝できたんですよね。


「あぁ、親父、倒産してくれてありがとう」って心の底から言えて



「あれがあったから今の自分があるな」って気が付いたんですね。


多分あれが無くて親父が倒産してなかったら30歳の時にあいつらと全く変わらない人生を送ってたと思います。


俺も実家暮らしでバイトしながら合コン三昧みたいな。


だから本当にひとつだって人生で無駄な経験なんて無いと思うんですね。


ただみなさん過去に嫌なこととか、トラウマがあるかも知れない。


今もしかしたら嫌なこととかが起こってるかも知れない。


でもこれって将来感謝出来る出来事かも知れないよ。


人間って必ず下がったら上がるようになってるから。


今悩みがあっても止まない雨は無いので頑張っていきましょう!


 

まずは自分が幸せになろう

テーマ:

まず人からとか家族からとか、誰かを助けるためにというのは辛くなるだけだからやめたほうがいいです。


自分が幸せじゃないのに人のことなんか幸せに出来ないので順番を間違えないでください。


自分が辛いのにボランティアになんか行くべきじゃないんです。


自分が辛ければ自分が幸せになることから始めるんです。


分かりますか?自分が幸せじゃないと、絶対人なんか幸せに出来ないと思うんです。


まず余裕が無いですから。


余裕を持ったら今度「人のこと幸せにしよう」ってなるわけですよ。


だから、まずは自分を幸せにするために自分が頑張りましょう。


お金を持って欲しいもの買ったりとか、いいホテル泊まったりとか、美味しいものを食べて、自分が満足したら次は親孝行をしましょう。


親を行きたいところに連れて行ったりとか、家を買ってあげたりだとか。


だから僕もまずは自分が潤ってから、親に家を買ってあげて、嫁の親にも家を買ってあげてと親孝行をしていって、親がずっと行きたかったモルジブに連れて行ってあげたりとかしました。

 

親孝行も出来ることをしていって、そうやって身内から幸せにしていきましょうという話ですね。


身内に幸せが広がった後はやっぱり当然ね、社員たちに還元していきましょうね。


そうやってどんどん幸せの輪を広げていくというイメージですよね。


でも核となる自分が不幸だったら幸せの輪なんか広がらないよと。


だから順番を間違えちゃダメだよと。


まず自分自身が幸せになることが大切なんだからねということを知りましょう。


そして『天国言葉と地獄言葉』なんですけどこれも一人さんの本に書いてあって、僕は衝撃を受けてそれからずっと天国言葉を使ってます。


一人さんは、ツイてるって言えばツイてることが帰ってくると。


「言葉って帰って来るんだ」

 

「ブーメランみたいに帰って来るんだって」仰ってるんですね。

 


だから「ツイてる人というのはどういう人であるか?ツイてる人とはツイてると言ってる人である」って一人さんは言ってるんです。

 


なんで言葉に出せばいいかと言ったら、日本は昔から『言霊』って云われて、言葉と魂ではより言葉が先に来ているんですよ。

 


『思考は現実化する』とか『マーフィーの法則』、『潜在意識を使いましょう』って言われることも十分必要なんですけど、

 

 

「それ以上に強いのが言葉のパワーなんだろ」と一人さんが仰っていて、「じゃあ、魂と言葉どっちが強いか?ちょっとテストしてみようか」と。

 


それで蕎麦屋さんに行って、

「お前さぁ心の中で、カレーうどん食いたい、カレーうどん食いたい、カレーうどん食いたい、って思いな」って。
「強く思いな」って。

 


「はい、カレーうどん、カレーうどん、カレーうどん食いたいっす、カレーうどん…」

 

 

「よし、じゃあ、店員が来たら天ぷらそばって言ってごらん」って言って。

 


「カレーうどん、カレーうどん」、カレーうどん強く思って、強く思って、「天ぷらそばください」って言ったら、天ぷらそばが出て来たんですよ。

 


「ほらな、言葉が強いだろ」っていう実験があって。

 


面白話なんですけど、要は言葉で発する方がパワーが強いというような不思議な話なんです。


けれど、信じる人だけ信じればいいけど、僕は素直なんで自分が尊敬する人から言われるのは素直に信じてやって来ています。


だから僕とひすいこうたろうと柳田厚志この3人

 

『世界一ふざけた夢の叶え方』に出てくるこの3人と会った時にみんな一人さんが好きで、

 

 

みんなシャンプーしながら、「ツイてる、ツイてる、ツイてる」

 

「あ!俺も!」とか言ってて、それで気が合ったんです。

 


でも逆に、こういうのを否定する人にそういうことを言ったら「バカじゃねぇの?」とか非難されます。

 


でも、そんなやつと付き合う必要ないですよね。

 


自分がいいと思ってるんだから、人に言われてどうこうじゃなくて自分がツイてるから、自分がいいと思うなら実践すればいい。

 


だから僕はこの天国言葉、『ツイてる、ツイてる』『楽しい』『感謝してます』『幸せ』『ありがとう』『許します』とかですね。

 


こういう良い言葉を常に発するようにしています。

 


だから『ありがとう』って言葉を僕は頻繁に言います。

 


自分が社長をやってるときなんかは、部下が「お疲れ様でした」って帰るたびに

 

「今日もありがとう」って言ってるし、『ありがとう』って言葉をいっぱい発すようにしてるんですね。

 


コンビニに行ってお金払っても、「あ、どうもありがとね」「ありがとね」

 

ご飯行っても「美味しかった」「ごちそうさま」「ありがとう」、って。

 


人をハッピーにさせますよね、そういうのって。

 


でも逆に地獄言葉って『ツイてない』とか。

 


「ツイてないなぁ」とか、よく言う人いますよね。


「ツイてないなぁ」って言ってる人に限ってツイてない。

 


なんでかって言ったら、言葉って『ブーメラン』で帰って来るから。


「ツイてない」って言ってたら、ツイてないことが返ってくる世の中になってると。

 


あと、愚痴とか不平不満を言ってる人。いるでしょ?

 

飲みに行ったりするといつも愚痴を言ってる人。


こういう人ってなんでいつも愚痴を言ってるのかって言ったら、愚痴を言うから愚痴を言いたくなる事が自分に返ってきてるの。


それに気付かないんだよね。


あと泣き言、悪口、文句とか許せないですね。


こういうことを言ってるとその言葉が自分に返ってきます。


というのを不思議だけどあるんだと覚えておいてください。


だから、『ツイてる、ツイてる』『楽しい、楽しい』『感謝します』とか『幸せ、幸せ』『ありがとう』『許します』とか言ってる人たちには、そういった人たちが仲間に付いてくるし、愚痴を常に言ってる人にはそういう人たちが『類友』で付いてくる。


自分が変われば周りも変わって来ますから、まずは自分が変わりましょうってことなんですね。


だから、天国言葉・地獄言葉で、天国言葉を口癖にしましょう。


今回幸せというテーマでお送りしましたけれども、本当に人生「お金、お金」と追っかけてるのじゃつまらないよね。

 

となってしまうので、

 

自分の精神的な幸せ面、経済的な幸せ面、そして自由な時間、あと健康な体、というのを持って生きていってほしいと思います。

 

 

 

菅野一勢公式サイトはこちら https://www.suganoissei.com/ 

 

菅野一勢のFacebookはこちら https://www.facebook.com/issei.sugano

トラブルの対処法

テーマ:

まずは起きた出来事が最悪どうなってしまうのかを想像するんです。

それで、最悪どうなったかって大概の最悪はそんなに最悪じゃないんですよね。

「元に戻るだけじゃん」みたいなことで。

だったら「よし最悪こうだ、別に怖くないわ」と。

「よし、腹決めた」って、腹決めて覚悟決めて頭を冷静に戻してから考えていくわけです。

どうやってトラブルに最善を尽くしてうまく解決していこうか、ということですね。

だから、パニックになったままじゃ絶対ダメ。

まず腹を決めることです。

腹を決めたら人間強いですから。

「最悪どうなの?」「よーし分かった。最悪こうだ。」「オッケー、そーなってもいいわ」と。

「そーなってもいいわ」って覚悟決めてから行くわけですね。

そうすると本当に自分の思い通りに交渉できるし弱気にならないし、冷静な判断が出来るからおかしなジャッジをしなくなると思います。

あと『解決出来ない問題は、ほおっておこう!』ってことなんですけど、やっぱり万事尽くしてもトラブルを解決しないことってありますよ。

でもそういうのは、もう放っておきましょうと。

気にしたってしょうがないんだから。全てのトラブルってのは時間が全部解決してくれます。

だって、なんとかならなかった問題なんて一度も人生に無いんですよ。

だから僕ら生きてるわけじゃないですか。

もし解決出来ないトラブルがあれば、時間が解決してくれています。

だって今までそうだったでしょ。

今生きてるってことは、人生なんとかなって来てるから僕は44年間生きてるわけで。

あなたも去年の今頃悩んでたこと覚えてますか?って話です。

一人さんがよく言ってるのは、「この中で去年の悩み悩んでるやついるか~?」とか言ったら誰手を一人上げないんですよ。

「なんだー、いたら100万円あげようと思ったのに」みたいなこととか言ってて。

でも本当にそうなんですよ。

要今死ぬぐらいの悩みだとしても、人間って来年になったらほとんど忘れちゃってるよということなんですよ。

だから、つまり時間が解決してくれていると。

一休和尚さんが弟子たちに残した遺言というのがあるんですよ。

これは弟子たちに遺言を認めて「どうにもならない時が訪れたらこれを開けなさい」と言って開けさせたと。

そして書いてあったのは、『大丈夫。人生は必ずうまく行くように出来てる』と。

『災い転じて福となる。だから心配するな。なんとかなるさ』

それを見て「そうかなんとかなるんだ」って明るくなった。

それで弟子たちも解決していったという話なんですけれど、まさにそうで人生は必ずうまく行くように出来ています。

だからどんなトラブルが起こっても必ずプラスになって福となる、だから「心配するな、なんとかなるさ」と。

どうにもならないのは考えたってしょうがないから放っておきましょう。

時間が解決してくれます。

そして取り越し苦労しない。無駄なこと考えない。無駄な時間は過ごさないと。

適材適所を見抜く

テーマ:

人には得意不得意があります。

 

球技が苦手な人が球技をやっても伸びません。


仕事も同じ。得意なものを仕事にしないと自分も周りも不幸になります。


僕自身、手が不器用で学生時代、ハタチくらいの時に職人をやってたんですね。

僕はとても不器用なんで、ネジを入れてナットを締めても上から落としちゃう。


しかも20階建てくらいのところから落としちゃうと凶器になるんですね。


毎日「菅野!バカ野郎!てめー、何やってんだ!何回言えば分かんだ!」って怒られてたんだけども、不器用だから分かっていてもやっちゃうんですよ。


あとは、溶接してても不器用だからうまく溶接できない。


上手い人はサクサクやっちゃってすぐ慣れるんですけど、僕その2年間で1回も溶接が上手くいかなくて

「お前、もう溶接すんな」って言われるくらい不器用で。

 


本当にもう周りの職人は凄いし後輩にもどんどん抜かされて行くし、自分は頑張っても出来ない、

しかも最低というレッテルを貼られていて本当に仕事をするのが辛かったんですね。

 


それで「本当ダメだわ、俺」って思ってたんですけど、そのあと転職して営業職になったら急にトップセールスマンになっちゃったんです。


収入も当時あれだけ辛い思いして20万、25万だったのが当時で年収1,000万超えちゃったんですよ。


「あ、俺、営業得意なんだ」と思って。

 

でも得意なんですけど、毎日嫌だったんですね。


営業って僕にとっては辛い仕事だったんです。

 

インターホンを鳴らしてお客さんからすごい理不尽な断られ方とかされて、やっぱり辛かったんですよね。

 


辛いけど稼げてた、得意だしなんとなく辛いんだけどやってました。


でもある時に斎藤一人さんの本に出会って、斎藤一人さんの本の中で、「人生辛いってのは何か間違ってるよって神様のメッセージだよ」っていうのがあったんですね。


「あ!この辛いって、俺違うことやってんじゃないかな?」と思って、

 

それでちょうど2003年の7月頃にインターネットスーパーセミナーっていうのに参加してみて何か色々探ってたんですよね。

 


そうしたら、「なんかネットビジネス楽しそうだなぁ」って、「このまま一生営業って絶対俺の人生辛いだろ」と。

 


お金は稼げるけれども営業の仕事はしたくないと思いながら毎日やっていたから営業マンとしての将来が真っ暗に感じたんですね。

 

それで、「どっちが楽しそうかな?」と思って。

 

一人さんが「人生悩んだら楽しい方に行きな」って言ってたから、

 

「どう考えてもこの先楽しくないよね、このままだと」と思って、楽しい方に行こうと思ってネットビジネスの方に行ったんです。


やっぱり最初は大変だったけど、半年経って本当に楽しくてしょうがなくて。

 

「あ!楽しい!楽しい!楽しい!」って4時間睡眠くらいでずっとやってたら、気が付いたら年収1億になっちゃった。

 


だから、得意と好きが合致したらめちゃくちゃ伸びるんですよ。

 


みなさんも今仕事が辛いとか、そう思いながらやってたら、「それはちょっと違うんじゃない」と思うから、まず自分自身を見直してみるといいかもしれないですね。


球技が下手な人に球技をやらせてみても伸びるわけがないんですよ。


要は、計算がダメなやつに会計とかやらせたらお互い不幸になるんですよ。失敗ばっかりするから。


だから、社員も同じです。


適材適所に当て始めると輝き始めるんですよ。


うちの会社にも昔そういう人がいたんですね。

 

デザイナーで入ってきたんだけどホームページを作るセンスが無いと。


それでみんなから文句を言われるから、そいつは毎日嫌で辛くなると。


それで辛くなるから、会社に居たくないから定時で帰ると。


だけど、出来ないやつが定時に帰るからみんな「何なの?」ってなる。


もう、お互い不幸なんですよ。


それでその時に、「あのさ~、このままやってもお互い不幸だよねぇ」ってことで

 

「何か得意なもんとか、やりたいことないの」ってその彼に言ったら


「僕はパソコントラブルみたいなとこでずっと働いてたから、パソコンに関しては強いからそういうトラブルを解決したいです」って言ったんですね。


当時経営していた会社も社員の在籍数が20名くらいいたから、彼に「じゃあさ、それやってみようよ」って伝えました。

 


「じゃあ今日からあなたはパソコンのトラブルを何でも解決できる人」って役割を与えて、

 

その仕事を与えて、ウェブの構築とか全部ですね。

 

会社に必要なことををやらせたんですよね。


そうすると今度は社員のみんなが困った時にその人を頼りにするようになりだして。


その人なんでも解決できちゃうから、今まで周りから、「ねぇ、何こいつ?」っていう扱いをされてた人が急に頼れる人になっちゃったんですよ。


それで頼れる人になっちゃったから、その人も今度は輝き始めちゃって、会社が楽しくなって。


そうしたら普通に土日とかも何かあったら出てくるようになったりしてですね。


やっぱりね、輝いたんですよね。


なので社長の仕事というのは適材適所に入れてあげるっていうのが仕事なんですよ。


だから本当に、子供に無理やり球技が下手なのに球技をやらせてもしょうがないと思うんです。


色々なスポーツや勉強とかやらせてみて、「あっ!この子、これ得意だな」ってことをやらせてあげることがWin-Winに繋がるんですよね。


だから自分の適材適所をまず見抜きましょうと。


自分が辛かったら意味が無い。


本当にあなたのやってる仕事はあなたに合っていますか?それ楽しいですか?好きですか?好きと得意と合致してますか?

 


これがハマると最高のパフォーマンスを出せるんですよね。

 


社員に対してもそう、人に対してもそう、ちゃんと適材適所見抜いてますか?と。


これが社長の仕事なんだよ、ということは覚えておいて欲しいですね。


親の仕事でもありますよね。


もちろん上司の仕事でもあると僕は思います。


菅野一勢公式サイトはこちら https://www.suganoissei.com/ 

菅野一勢のFacebookはこちら https://www.facebook.com/issei.sugano

みなさんには本当に’’不完璧主義でいい’’

ということをお伝えしたいです。

 

 

完璧主義ってうつ病になりやすいんですよね。

 

 

自分のことも褒めないから、他人のことも褒めないんですよ。

 

 

ということは人に嫌われやすいんですよ、完璧主義者ってね。

 

 

だからこれからは自分を許して人も許すということが大事です。

 

 

僕もこの『自分を許す』が出来ない時は、例えば二日酔いで寝てしまってアポがあるのに起きれなくて、昼2時ぐらい起きて「あー、最悪。またやっちゃった」みたいな感じだったんですけど。

 

 

自分を許すことにしてからは「こんな自分もありでしょ」「普段頑張ってるからいいよね」って許したらやっぱり自己嫌悪に陥らず、すごく楽なんですよね。

 

 

だからもうこれからは、自分に優しく、人に優しく。

自分に優しくすると人も許せるんですよ。

 

 

そこでアインシュタインの言葉、
【どうして自分を責めるんですか?他人がちゃんと必要な時に責めてくれるんだからいいじゃないですか】

まさにその通りですね。

 

 

「自分を責める必要なんかないんだよ、ダメな時は他人が責めてくれるから、自分のことは逆に褒めてあげようよ」

ということですね。

 

 

不完全主義でどんどん行動していきましょう!

人生やるか、やらないか。

 

お前ならできる!!

『足るを知らない限り、一生幸せにはなれない』

という話をします。

人は基本、人と比べることから不幸が始まるんですよね。
 
だからこそ、世界の幸せランキングって
あるんですけど日本ってめちゃくちゃ低いんですよ。
 
なぜなら、
日本は裕福なだけあって比べるものがありすぎるから。

貧富の違いがあり過ぎるから、
必要以上に比べてしまうということですね。

ほんと、上見たらキリないです。
 
だから、足るを知らない限り一生幸せになれない。

「足るを知りなよ」って斎藤一人さんがよく仰ってますけれども、
人間の欲ってキリがないじゃないですか。
 
最初はフェラーリが欲しいから始まって、
六本木ヒルズに住みたいとかになって、
それで今度そういうのを手に入れて、
ヘリコプターが欲しいだとか
最終的に自家用ジェットが欲しいだとか、
船が欲しいだとか。

 

もう上を見たらキリがないじゃないですか。

家だってそうですよね。

1億の家とか見てても、
上には10億の家があったりとか、
何千万の家があったりとか。

 

 

だからね、比べると、
上を見れば見るほど、
やっぱり足りないな。

 

 

って現状に満足できなくなるわけですよ。

そんなことを言っていたら、
ビル・ゲイツを超さない限り
一生幸せにならないですよね。

だから『よそはよそ、うちはうち』。

 

 

友人がゲーム買ったから俺も欲しい!
っておねだりしたときによく、母親から言われた言葉ですけど。

まさにそれなんですよ。

『よそはよそ、うちはうち』っていう考えがいいと思います。

 

 

結局、なぜ不幸になるかって言ったら、
自分の無いところばかりにベクトル合わせて見ちゃうんです。

そうではなくて自分の持ってるところに
ベクトルを合わせたら幸せになれるんですよね。

 

 

前回の記事でも言いましたよね。

自分たちはもうすでに絶対人生で欲しい3つを持ってるわけだし、
100億円を出しても手放したくない目とかを耳を持っているわけですよ。

 

 

だから、
「それが幸せだなぁ」って思ったら、
「今日も起きれて幸せだなぁ」とか
「美味しいご飯食べれて幸せだなぁ」とか
幸せの方にベクトルを合わせていくってことですね。

 

 

よく子供たちなんかに

「今日嫌なこと何があった?」

「今日じゃあ楽しいことは何があった?」

「幸せなこと何があった?」って聞いたら

「今日嫌なことこれこれ。で楽しいこと…楽しいこと無かった」

「でもなんか嬉しいことあったでしょう?」

「あ!なんか◯◯ちゃんに飴もらった!」

 

「あぁ、そっか。じゃあよかったね。いい1日だったじゃん」って

言ってその幸せなことにベクトルを合わせたら
楽しい気分で寝れるわけですよ。

 

だからみなさんも必ず嫌なことあった日は
何かひとつでも楽しいことがなかったか?

そっちを見てベクトルを合わせれば、
あっという間に幸せになれるわけです。

 

 

だから足るを知るということが大事ですね。

 

 

だけど、『足るを知る』といって
『欲しいものを買わない』っていうのはまた違うと思うんです。

 

 

僕自身、斎藤一人さんの本を読んでて、
斎藤一人さんが今国産車のバンに乗ってるっていうのをずっと聞いてて、

「あ、そうか。一人さんでさえバンなんだから、
足るを知るってそういうことか」と思って、

「一人さんでさえバン乗ってんだから、
俺がBMWとか乗っちゃダメなんじゃん」ってめっちゃ我慢したんです。

 

 

がっつり稼いで買えるぐらいのお金があったのに。

 

 

「いや〜斎藤一人さんが言ってるし、足るを知らないと」
って、めっちゃ我慢したんです。

 

 

でも、結局我慢しきれず買っちゃんだんですけど笑


で、この話を一人さんにお会いしたときに聞いてみたんです。

 

 

「一人さん、足るを知るって言って
僕我慢してて結構辛かったんですけど、
大金持ちなのによく国産車野のバンで満足できますね」って。

よしたら、一人さん、

「何言ってんだ」って言って。

 

 

「俺ロールスロイス3台持ってるよ」と。

「しかも全然乗ってないからカビ生えてるよ」って言って・・・

えーーーーーーーーー!!
今までの我慢はいったい何だったんだ!
ってなったんですけど笑

一人さんいわく
「もともと欲しいものは買っていいんだよ」って

「それもみんな弟子にも言ってるし。

 


だから欲しけりゃベンツだって
ヘリコプターだって買っていいだよ」って。

  
「ただ、人と比べたらキリが無いからね」って。

「足るを知るって必要だよ」っていうことをやっぱり言ってたんですけど。

 

 

まぁ、つまりは、
一通り体験してみて、それでも欲しければ
いいんじゃないと思うんです。

フェラーリが好きで、仕方ない人は
その後もフェラーリ乗るでしょうし。

 

 

買ってみて、僕には合わないので、
俺はプリウスで十分って思える人もたくさんいるでしょうし。

僕はフェラーリは興味ないので買ってないですけど、
BMWは2台買いました。

 

 

でも、実際載ってみると、プリウスの方がいいなと。

BMWほしかったのはただの見栄からきてたんだと
気がついたら、高級車買うのが馬鹿らしくなって・・

今ではプリウスすら売ってしまって、
タイムズのカーシェアで満足しています笑

要は人からどう見られたいのか?

 


ただの見栄。自己満足のためにBMWを乗ってたってだけの話なんですね。

だから、結構自己満足って買ってみて満足しちゃうっていうことがあるんですけど、高校時代に欲しかったROLEXをやっぱりお金がある時に4つくらいまとめて買ってみたんですね。

 

 

ROLEXワンとデイトナとサブマリーナと、
あとサブマリーナの青と金のコンビのやつを買って。

 

 

当時全部で400万くらいしたのかなぁ。
で、結構買ってみたら満足しちゃうんですよね。

結果的に、今はほぼしてないですね。

 

 

たまに、それなりの場所に行くときは、
そういうのを着けて行きますけれども、
今なんかほぼGショックです。

 

 

僕の中ではGショックが
普通にカッコいいと思ってるから、
Gショックなんですよ。

おしゃれだなって思ってるし
普段の自分の服装に合っていると思ってるから。

 

 

だから、僕は足るを知るから、
人が何千万の時計を着けていようが、
この間知人が2億する時計を買うとか言ってたけど、
別にどうでもいいなと思うんです。

 

 

俺はGショックで満足してるんだから。

結局、ロレックス買ったのも、
他人から見られる目だけの見栄っ張りで、
自己満足だったんですよね。僕からしてみれば・・
 

だから今となっては、
車もそうだし、数千万円の時計見たって「別に」って感じ。

ようは、人と比べてる限り幸せにはなれないよ、
足るを知るということが大事だよという話です。

 

いきなり早速ですが、あなたに質問があるんですね。

 

今、人生の生きてる中で、絶対に今手放したくない3つのモノっていうのをちょっとイメージしてあげてください。

 

僕の場合は、『家族』『仕事』『親友』だったんですけれども、どんなものがイメージできますでしょうか?

 

少し考えてみてください。

 

はい、じゃあイメージしましたか?

 

そしたら、「リアルにそれを全て失った」という感じのことをイメージしてください。

 

例えば、家族とあげた人は家族がいなくなっちゃうとか。

 

友人って言った人は友人がいなくなっちゃう、恋人って言った人は恋人がいなくなっちゃう。

 

リアルにそれをイメージしてください。

 

どうでしょう?めちゃめちゃ辛くないですか?

 

人生の中でそれがなくなっちゃったら。

 

つまり逆に言うと僕らは人生で絶対欲しい3つなんです。

 

すでにそれを持ってると気付いた時からとても幸せじゃないですか?

 

だから幸せとはなるものじゃなくて気付くものなんですよ。

 

と言うわけで、もう僕らは今生きてるだけでハッピーだったってことなんですね。

 

そこにまずは気づいて生きたいですよね。

 

大概こういうものは失ってから気付くことが多い。

 

失う前に気づきたいですよね。

 

僕らはすでに幸せだったんだということを。

 

ちなみにウチの息子にこの質問をしたら、『プレステ4』『携帯、iPhone』『WiFi』って言ってましたね。

ウケるな(笑)

 

 

でも本当に「自分もうすでに幸せなんだ」と気付いて欲しいですね。

 

もし「100億円あなたにあげます」って言ったらどうしますか?当然欲しいですよね。

 

「100億円、はいあげます。代わりにあなたの目をください」って言われたら100億円貰いますか?

それでも欲しいですか?

 

ほぼ100%、自分の目なんか失いたくないですよね?

 

つまり僕らは既に100億円のものを持ってるってことなんですよね。

 

「それって幸せでしょ?」ということです。

 

「まずは自分の幸せに気づきましょう」ということですね。

 

 

 

「幸せとは、なるものでなく気付くもの」なんです。

 

 

 

人生を幸せに生きるためは、お金だけで持っていても幸せにはなれないですよね。

 

僕は精神的な豊かさと健康的な体が無いと人生楽しくないと思います。

 

いくらお金持ってても体が不自由になっちゃって、旅も行けないとかなったら辛いですし。

 

やっぱり経済的な豊かさ、さらには自由な時間っていうのも当然ないとダメですよね。

 

だって、いくらお金を持ってても使える時間が無ければとしょうがないですよね。

 

だからこの4つを兼ね揃えた幸せなお金持ちを目指しましょうということです。

 

だからこそ、『幸せに生きるためだ』っていうこのマインドセットも必要なんですよ。

 

自分自身が豊かになるための自分の器を広げていくというお勉強はしていきましょうね。

 

そして先ほど話しましたが健康な体が大事です。

僕も週2回はジムに行って有酸素運動や筋トレしています。

是非皆さんも積極的に健康のために運動はしましょう。

 

 

あとは経済的な豊かさと自由な時間ですね。

 

やっぱり稼いでるだけで使う時間が無いとつまらないですよね。

 

社長のポジションを継承して行くなりして自分の時間を自由に使って、やりたい時にできることができる。

 

人生のやりたいことリストを一個一個潰して行く。

 

起業をするなら本当に幸せな経営者になってもらいたいなと思ってます。

 

実はお金だけを持ってても不幸なお金持ちってたくさんいます。

 

世界の富の半分を持つと言われたアメリカの大富豪ハワード・ヒューズという方がいらっしゃって、晩年極度の人間不信に陥って誰とも会うこともなく買い取った高級なスイートルームで死んでいったという説があるのですがそうなっては意味が無いですよね。

 

 

世界の富の半分を持つとなったところで、やっぱり精神的な豊かさが無いとホテルから一歩も出ずに暮らして誰とも会わない生活、これではやっぱり幸せじゃないと思うんですね。

 

 

お金だけじゃなく精神的な豊かさ、健康な体、自由な時間、これらも一緒に手に入れていきましょうね。

 

 

菅野一勢公式サイトはこちら https://www.suganoissei.com/ 

 

菅野一勢のFacebookはこちら https://www.facebook.com/issei.sugano

予祝のススメ

テーマ:

10年前の自分とフィーチャーインタビューということで僕は仲間たちと結構予祝をするんですね。

 

予祝とは前祝いという意味で、何か目標を達成する前にその目標が達成した程で皆で喜ぶ。

 

例えば居酒屋に行って、「このプロジェクトが成功する」というのを既に成功したっていう程にして「成功おめでとう!」と祝う。

 

「えーでも◯◯君さ、これを達成するまで大変だったけど、何が1番大変だった?」

 

と言ったら相手も役者になって、

「いやー疲れましたね、でも◯◯が結構大変でね。でもあそこをやりきったのが良かったと思います。」

 

「どうやってやり切ったの?」

 

「それはやっぱりみんなの協力があってですね」と。

 

もう達成しちゃったところから、居酒屋とかで乾杯って言ってから話して行くんです。

 

これを予祝と言って、日本では桜の時期にお花見しますよね。

 

あれがまさに、予祝の始まりなんですよ。

 

なんでお花見するかというと、「来年のお米がたくさん実るようになった」とか「お米たくさん取れてよかったね」お祝いするっていうのが予祝で、花見っていうところが始まりなんですよね。

 

 

だから皆さんも本当に仲間でもし何か目標達成するのであれば、予祝は本当にしてください。

 

これの実践世界一ふざけた夢の叶え方っていう、もう一冊の方に予祝のやり方が書いてあります。

 

これは本当に僕らが10年来の友達本当にみんなサラリーマンだった時から、夢を叶えた全員がベストセラー作家になって。

 

僕も今となってはセミリタイアしてっていうみたいな夢を叶えてるんですけども、その叶え方もあるんでよかったら面白いんでみて下さい。

 

で実際に皆さんにフィーチャーマップと言って、中期の達成目標の期間を書いて欲しいんですね。

 

7年後3年後1年後、半年後、ひとことで言うとどういう状態、得たい感情はどうなってるのと。

 

幸せとか、やりきったなとか。仕事管理はどうなってますか、どういうことしてますか、お金経済物欲ですね。

 

 

お金はどれぐらいもってるの?経済的にどれだけあるの?で何が欲しいの。

 

 

健康面はどうですか、家族パートナーはどうですか、とかですね。

 

 

人間関係では周りの人たちははどういう人が集まっていますかとか、あとは学び自己啓発、能力、今どんなことを勉強してどんなことを勉強して、どんなことに燃えていますかとか、遊びや趣味ですね。

 

 

あとは、住んでいる環境ですね。

 

どんな場所に住んでますか?

 

もしかしたらあなたもシンガポールに住んでいるかもしれない、ハワイ住んでいるかもしれない。

 

 

そのためには何が必要か?ということを具体的に落とし込んでみて書いてみてください。

 

 

せっかくなので今好きなように書いてみてください。

 

 

本当に何時間かけても良いです。

 

 

こういう事やる事ってあまり人生でないので、ぜひねこの機会にゆっくり考えて自分の目標を考えてください。

 

 

 

本当に人生で一回ぐらい自分の目標っていうのをきっちり立てるっていうのは絶対必要になってくるので、ぜひ考えてみてください。

 

 

 

人生やるか、やらないか!

お前ならできる!!

 

 

 

 

菅野一勢公式サイトはこちら https://www.suganoissei.com/ 

 

菅野一勢のFacebookはこちら https://www.facebook.com/issei.sugano

成金に襲いかかる魔の手。

テーマ:

もし、あなたが去年儲かったのであれば、
今から話すことに用心してもらいたい。

 

成金って、まぐれで、短期で稼いじゃう人
のことだと思うだけど、今年は仮想通貨とか
成金が大量生産された年だと思う。

 

かくいう俺も同じで、
2003年ネットバブルの
波に乗って、実力以上のお金を手にした。

当然、当時は俺も成金有頂天。

 

周りによってくる人は、
菅野さん、すごいっすね!
俺にも教えてください。

みたいな人ばかりだった。

 

 

恥ずかしい話、
俺は、当時、周りの言うことに
気持ちよくなって、
本当にすごい人だと思ってたww

 

で、有頂天なんで、
周りに寄ってくる人たちは
俺に恩恵を受けたいのかな?

くらいに思ってた。

 

 

だから、当然、俺にはいい話。
しか持ってこないと信じていた。

 

そんな時に、菅野さんとかしか、
TOPレベルにしか伝えられない話があります。

 

未公開株って知ってます?

これは、ほんと、超富裕層の方にしか
行かない話なんですけど、

今ならイーバンクとバルチックカレー
の未公開株が一部人に限って案内されています。

 

 

バルチックカレーは一株30万。
イーバンクは90万。

これは上場近いので、
買ったら跳ね上がりますよ。

って、

 


ここだけの話につられて買ってみた。

後日、知ったのがそれが
当時話題になった未公開株詐欺だったww

 

 

当時、天狗で、
俺に悪い話なんかやってこないって
思ってたのできれいに騙されたw

でも、有頂天だと、
それくらい気がつかないもん。

 

 

事実、当時のネットで稼いでいる著名人
ほぼこれにやられた。。

 

 

なんでかというと、その詐欺師。
でっかいクルーザーとか持っていて
謎の大富豪を装い、いろんな塾に入り込み。

 

 

ネット長者を見つけては、
クルーザーパティーとか誘い出し
羽振り良いところ見せつけ
周りの信頼を得ていく、

そのタイミングで、
ここだけの話。。

 

 

ってくるw

そんな俺らより数倍の金持ちが
まさかそんな騙しの手口をしてくると
誰も思ってなかったわけw

 

 

みんな、まんまとやられたよねw

今思うと、そのクルーザーも
レンタルだったんじゃないかとw

 

 

数億のクルーザー持ってるとか
芸能人とか政治家とか仲良い
って寄ってくる人、マジでご用心!

 

 

その後にも、
FXで間違いないファンド。
吹っ飛びましたw

ジャカルタの

 


王族が絡んでる観覧車ビジネス
吹っ飛びましたw

絶対に負けようがない
スポーツアビララージ。

 


吹っ飛びましたw

開発途上国の3倍になると言われた
不動産はまったく売れず

 


ローンの返済だけが残ったw

合計4億円くらい吹っ飛んでるw

そのほとんどが、
信頼できる仲間の情報。

 

 

でも、その信頼している人も
騙されてたって事実。

投資は自己責任。

 

 

俺と同じ結果を辿らないことを祈る!!

お金は大切にね(^^)

自分の人生だから楽しまないと!
 
最近思うのが、自分の人生だから
思った通りに生きれば間違いない。
 
ってこと。
 
なんか周り見ていて思うのが、
人に左右されすぎだなって。
 
人は人、自分は自分。
周りがどうだってどうでもいいよね。
 
もっとみんな自由に好きに生きたらいいと思うなー
 
仕事だって嫌ならやめればいいし、
いろいろ経験してみなきゃわからないもんね。
 
好きにやりたいことすればいいと思うよ。

やりたいことやって、嫌なことしない。
結果どうなろうが自分の責任だもん。
 
それで困ったら、それは違うんだと
思ってまた思考錯誤しながら、
どんどん次に進んでいけばいいよね。
 
やりたいことやる、
ダメならそれはダメなんだと
割り切って次のやりたいことにいく。
 
考えてみると、
自分はその繰り返しかなって思うね。
 
結局、今思うのは、
自分の心に素直に生きれば
結果人生うまくいくのかなって。
 
楽しいほう、楽しいほうに
向かっていけばいいのかなって。
 
経験上、気持ちが重くなること
やってもまずうまくいかないもんね。
 
ビジネスも投資もそうだけど、
他人に言われて、気持ち度外視して、
メリットだけに走ってやらなきゃならないのかな??
 
とか思うものは失敗する確率高いね。
 
結局、これは他人に支配されてるだけだもんね。
 
やっぱり、自分の素直な
気持ちがに従ったほうがうまいいくと思うよ。
 
まぁ、個人戦でない限り、
自分よがりはダメだけどね。
 
おいらは何するにしても、
ひとりさんが言っている4方よしで、
考えるようにしている。
 
自分よし
他人よし
世間よし
神様から見てみよし
 
と思える4方よしだね。
 
これをしっかりやれば、
まぁ、うまくいかないほうが
難しいんじゃないかと思います。
 
逆に4方よしになってないものは、
一瞬良くても長くは続かないし、
自己利益だけ考えてる商売は
まずしっぺ返しを食らうよね。
 
経験上、神様はちゃんと見てるんだと本当に思うよ。
 
そうそうメンターとかよく言うけど、
これも、参考程度にしたほうがいいよね。
 
結局、自分で考える頭を持たないと、
ただの他人の意見を鵜呑みにしてるだけだもんね。
 
メンターはこう言うけど、
ここは理解できるけど、
この部分については自分の意見がいいと思うなー
 
とか自分で考える頭をしっかり持って
プラス事項のみつまんでいかないとね。
 
じゃないと、ただの信者になっちゃうよ。
 
人脈にとらわれてる人もそうだね。

おいらから言わせてもらえば、
多くの人脈なんて、
時間のムダ使いしか思えないもんね。
 
自分の経験では、
すごいと言われる人との人脈が、
仕事につながるとか一度もないよ。
 
そもそも自力がある人は、
人脈なんて全く重要視してないよ。
 
だから、自分はそういう
パーティとか招かれても、ほぼいかない。
 
そこ行くなら、友人とバカやって
騒いでいるほうがよっぽど楽しいからね。
 
人脈で生きてる人なんて、
中身空っぽだ思うよ。
 
だって、人にすがらなきゃ
生きていけない証だもんね。
 
実際、人脈構築する塾を
主催している人と会って話したの。
 
「自分は人脈とか意味わからないですけど??
有名人と知り合ってなんかいいことあります?」
 
って、
 
そしたら、菅野さんは自分で稼ぐ人だから、
わからないと思うって言われたw
 
おっしゃる通り、全く人脈など
気にせずに今があるから関係ないと思うね。
 
おれが思う人脈は、作るもじゃなく、
気がついたら一緒にいる人であって、
自分のメリットのために一緒にいような
人脈はまったく意味がない。
 
もちろん、相手もそう思うだろうね。
 
それに人脈なんて、
自分のれべるがあがれば
勝手についてくるもんだよ。
 
だから気がつけば、
そこいる人一番大切にすればいいよね。
 
仮にパーティとかですごい人知り合えたって、
自分のレベルのあった人としかつながらないよ。
 
何事もWINWINの関係ができないと続かない。
 
だからこそ、人に左右されずに
自分が思うことだけやってればいいのかなって。
 
18年の起業人生を思い返してみても、
自分が辛いこと、4方よしでないことは、
なにも残ってないもんね。
 
というわけで、
おれはもっと自由に生きるぞー!!!

なんの我慢もせずに、
好きなことやりたいだけやるぞー
 
禁煙だって、ダイエットだって、
自分がやりたいときやればいい。
 
決断してやってみて、辛ければ、
やめるという決断をすればいいし、
楽しければ続ければいいだけ。
 
映画化もされた無農薬りんごを作った人は、
タバコ吸うらしいんだけど、
その方は、タバコをやめた友達に
向かってこう言ったてさ。
 
「キミはタバコやめたのかい!?
意思が弱いなー」ってw
 
世の中いい悪いなんかないよね。
自分がいいと思ったことは、
なんでも正解^_^
 
「世界は自由だ!俺はやりたいことやる!」
by海運王 オナシス
 
自分の人生なんだからこそ、
自分の思った人生を生きていこうぜ!