抽象度を上げて悩みを解決しよう! | 数秘相関学

数秘相関学

数字のメッセージ!あなたの人生の山を知り、乗り越えるために・・・・


テーマ:

日差しが春になりましたね。花粉の季節でもあります。

以前はとてもひどい花粉症でしたが、数年前から落ち着いています。

ですが、花粉の飛散が多い年にはまた症状が出たりします。

今年は今のところは肌荒れしてるということだけです。

毎年春は肌荒れします。たぶん花粉のせいでは・・・



冬季オリンピックも閉幕しましたね。

今回はメダルの数も多く感動もいっぱいでしたね。

元気とパワーをいただけました。選手、関係者の皆様お疲れ様でした。




今日のテーマは抽象度を上げて問題を解決するということについてです。


ところで抽象度って何?ってことですが、


抽象度が高いとは、別の言い方をすれば俯瞰できるとか本質がわかっているということでしょうか。



まずは、「いまここにいる自分」という、非常に具体的(=抽象度が低い)なところからスタートしましょう。

いまあなたは、どこにいるかはわかりませんが、パソコンの前か、スマホを手にしてこの記事を読んでいます。


↓地理的な抽象度を上げます。



「いま、自分がいるここ」という超・具体的な場所からもっと視点を高く持って、

「いま、あなたがいる国」というスケールから、「いま、あなたがいる場所」を眺めてみてください。




イメージとしては、グーグルアースで現在地のズーム→日本国へという具合です。

いまあなたのいる場所は、あなたのいる国全体から見るとじつにちっぽけなものです。



↓もう一段階、地理的な抽象度を上げます。




いま自分がいる国は、地球全体というスケールで見て、地球全体のどれくらいの面積を占めていますか?

イメージするのは、たとえば「日本が、地球からするといかにちっぽけなものであるか」。

太平洋の端っこのとても小さな島々にすぎません。



今は地理的なことでやりましたが、時間や関係性でもするといいですね。



自分と関係のあるAさん、さらにAさんのまわりにいるBさん、Cさん、さらには・・・・

と抽象度を上げていけますね。


要するに今ある情報を元に見えてないところが想像できることです


別の言葉で俯瞰(ふかん)とも言います。


悩みというのは抽象度を上げてみることで解決の糸口や最悪と思ったことが良いことに

ひっくり返ったりします。


ピンチはチャンスという言葉をよく聞きますが、ピンチをチャンスに変えることができる人は

抽象度が高い人と言えますね。


抽象度が高い人というのは抽象度を上げたり下げたりがうまく出来る人とも言えるでしょう。



では抽象度を上げると何がいいの?



1・ストレスをためない人間関係が作れる

2.嫌な人の言葉は聞こえなくなる

3.固定概念から解放され自由になれる

4.閃きやすくなる


抽象度を上げると、視野を広くして物事を高い視点から認識できるので、

物事の本質を捉えることができます。

そして、今まで気付かなかった解決法が見つかり、あなたの悩みを解決できるかもしれません。




 ではどうしたら抽象度が高くなるの?



抽象度の低い人の特徴は、一つのことに囚われて周りが見えなかったり、

ある物を見た時に、その役割をその物の直接的な用途しか浮かばなかったりという特徴があります。

例えば、ピアノなら音を奏でる物という思考になりますが、少し抽象度を高くすれば、

机にすることもできますし、本立てにすることもできます。

まずは、あなたの目の前に見える物をいかに高い抽象度で捉えるかを日頃から訓練するようにしてみましょう。

物理空間で練習すると情報空間でもできるようになっていきます。




いつもなら、何か問題が起きてしまうと、いろんな情報を引っ張りだして、

どうしたらいいかと悩んでいたかもしれませんが、

その時の情報を包括してみる(抽象度を上げる)ことで、

細かい情報に囚われず、常に自由で心地よい思考を見つけることができます。


心地よい思考パターンを手に入れるためにも、思考の抽象度をアップする練習をやっていきましょう。


人の悩みを解決されるようなお仕事の人はこの思考パターンを身につければ

良いアドバイスが短い時間で思いつくようになっていきます。




私は韓国ドラマが大好きでよく見るのですが、

ヒロインがこれでもかという苦難があって、もうどうしていいか

わからない状態になると、どうやって切り抜けるのか、自分だったら

どうするだろうと考えるようにしています。


考えても思いつかないことが多いのですが・・・

そうすると、思わぬ方法でピンチを切り抜けることがあります。

韓国ドラマを見て人生の縮図を感じることがよくあります。



ピンチの時にいかに腐らずやけにならずに耐えて切り抜けるか


何をやってもうまくいく人っていますよね。

間違いなく抽象度が高い人です。

自由に高くしたり低くしたりできる人とも言えます。


問題にぶつかったら、高くしてみて今度は低くして具体策を考える

そんなイメージでしょうか。

そして成功をどんどん積み上げていく人


私もそんなふうになりたいものです。


ピンチが来たときはレベルアップするチャンスが来たと切り替え

レベルアップしていきましょう。


私の人生は失敗だらけでしたが、未来が人生のラベルを変えることになります。

今がよければ過去の失敗の出来事が良かった出来事にラベルが変わります。

逆もありますが・・・・



過去の出来事は未来で意味が変わるのです。


すべての人に素敵な未来を・・・・

数秘相関学 家元 【菅野 宣子】さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス