表現の幅

お久しぶりです。

デザインチームのAです。

 

どんどん暖かくなってきました。

最近お茶に凝るようになったので、今年の夏は

色んな水出しのお茶を試そうかと思っています。

最近もレモングラスティーにアップルティーの水出し茶買いました。お財布が....

 

 

さて、今回は描き分けについて。

 

デザインにも共通することですが、描ける絵柄は多ければ多いほど便利です。

単純にお仕事が増えるというのもありますが、私が思うには

 

"それぞれの絵柄に学べることがある点"にあります。

 

例えば影の表現でも、「いくつもの線」で表現するものもあれば、

「線を交差」で表現するもの、「点のパターン」で表現するもの。

 

色をつけたり、影をつけたり、逆に単純化したり。

 

得意なものを伸ばすのも大事ですが、まだ試したことのない絵柄、

表現にチャレンジすると、思いも寄らない収穫が得られるのではないでしょうか。

 

お茶もそう、今回初めて買ったレモングラスティーは中々美味しいものでした。

皆さんもどうでしょうか。さぁ。さぁ。

 

(ちなみに私はリアルな絵柄が一番得意だったりします)