こんにちは。

制作チームの者です。

引き続きgitについてです。
gitを使用していてpullコマンドでひっかかったので忘備録として書き残しておきます。

pullはfetchとmergeを一括で行ってくれるコマンドです。

[例:masterの差分ファイルをpullコマンドで取り込む場合]

git pull origin master

コマンド操作を分けなくてもいいので一見便利なのですが、
該当ファイルを確認したら差分を取り込んでいなかったりすることがありました。

ですが、コマンドを分けたら差分を認識し、mergeしてくれました。

[例:masterの差分ファイルをfetch+mergeで取り込む場合]

git fetch origin master
git merge --no-ff FETCH_HEAD

fetchした時点では完全に取り込むことはせず、FETCH_HEADという名前の.gitフォルダーに格納されます。
そのFETCH_HEADに対してmergeを行うことにより差分ファイルをもってくる、という流れです。

「初心者はpullを使わない方がいい」と検索すると出てくるのですが
fetchとmergeの2段階で分けたほうが頭の整理がつくので、初心者じゃなくてもpullを使わない方がいい気がします。