明日から立命館大学にてIKTTカンボジア写真展開催 | JUNJI NAITO PHOTOGRAPHS BLOG
2011年01月17日 20時00分07秒

明日から立命館大学にてIKTTカンボジア写真展開催

テーマ:もうひとつのスーダン 川原医師の挑戦
フォトグラファー内藤です。

またまた遅くはなりましたが、あけましておめでとうございます。
ホントにお久しぶりです、今年もひとつよろしくお願いいたします。

 その間も、いろいろ動き回ってましたが、ヘロヘロのまま更新します。
昨日は京都で無事お話も終わり、ある女子学生の国際関係の中で生きようとする姿勢に感動し、充実の出会いができました。
 その後、すぐに写真展の設営を約5時間に渡り無事完了。
すっかりヘロヘロになりましたが、今回は豪華な会場でカンボジア絹絣を天井から吊り下げることができ、今までにない立体的な展示に満足しています。

 カンボジア伝統の本物の絹絣を実際に触れていただき、ついでにでOKなので、IKTTカンボジア伝統の森の暮らしと織り子と村人たちの美しい笑顔の写真の数々をぜひご覧ください。

詳細 >>  http://ameblo.jp/sudan0312/entry-10741588469.html


「もうひとつのスーダン」写真集ブログ     文/川原尚行  写真・文/内藤順司  共著


























   さて、前日の15日には、EPOさんのデビュ-30周年を記念するライブイベントにゲストトークとして招いて頂き、当初は、30分の出演予定でしたが、EPOさんの優しい配慮?により、結局50分にも及びスーダンのお話をさせていただきました。そして、私のスーダン写真を流していただきながらの「神の仕事」は本当に我ながら心揺さぶられる想いで感動し、ほんとうに感謝の気持ちで一杯になりました。

 終演後も、多くの方に「良いお話でした・・・」、「知らなかったことを聞いて感動いたしました・・・」などの声をかけていただき、こんな音楽ライブの場で、ある意味固い話を披露するのに躊躇していましたが、新しい一歩を踏み出したことを実感し、またまた感謝した一夜となった訳です。


「もうひとつのスーダン」写真集ブログ     文/川原尚行  写真・文/内藤順司  共著
















 それよりなにより、EPOさんの30年のキャリアに基づく美しい声や、美しい仕草、美しい音色・・・そして、美しい美しいライブパフォーマンスに心から音楽の素晴らしさを味わえた素敵な記念日になりました。
 
 打ち上げでは、EPOさんと今後も共に活動していくアイディアが飛び交い「実現していこうね」と夢を語り合いました。
 牛歩の歩みとなるとは思いますが今後も、この活動が決まり次第、随時このブログにてお知らせしていきます。
 
 今日午前中には、ユニセフの機関誌に掲載予定の取材を受けました。またまた朝から1時間30分に渡り、しゃべり倒してしまいました。
 写真屋にとってお話しすることはやはり疲れるものです・・・とはいえ、しゃべり倒す私が悪いのですが、、、笑。

 そろそろ撮影する写真屋に戻ります。しかし、今宵はもうヘロヘロなので・・・もう寝ます。

もうひとつのスーダンさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントする]

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス