22年前の被災地訪問 | 「防災朝礼」発案者サイト~そなえる!南海トラフ地震

「防災朝礼」発案者サイト~そなえる!南海トラフ地震

卓越の防災アドバイザー中井政義が防災朝礼を発案!
防災朝礼のネタ提供を通じて、南海トラフ地震対策をサポートします。


テーマ:

社団法人 長崎県島原青年会議所主催講演のために
長崎県島原市に行ってきました。



島原市といえば・・
1991年の雲仙普賢岳噴火災害が思い出されます。



私も当時の火砕流、土石流の映像は鮮明に覚えております。


1991年当時、仕事のために千葉の船橋に
引っ越しして、三か月後の大災害ですから
生活環境が変わって間もない時期だったために
余計に記憶に留まっております。



今回、講演日前泊で島原市入りしておりますから
講演当日の朝9時から夕方まで、もう一人の講師である
NPO法人 島原ボランティア協議会 理事長の
旭 芳郎さんに市内各所をガイドして頂きました。



とっても丁寧にご案内頂き
未来の(こちらの)被災地を見ているようで
大変勉強になりました。


まさに22年前の被災地を巡ったのです。



旭さんは数々のボランティア経験から
机上の空論ではない、被災地の現状や
震災後に苦しむ被災者の事例など



たくさん話してくださり、私が現在直面している
集団移転問題においても、島原市の集団移転地を
ご案内頂き、さらに相談にも乗っていただき
今後の生活再建の参考になりました。



集団移転によって起きた悲劇(実話)などは
ほんと他人事と感じられませんでした。



やはり、真実は現地に行かなければわからない
と心底思いました。



旭さんは、災害に関するプロ中のプロです。
本当に勉強になりました。
この場を借りて、心から感謝申し上げます。




ここで巡った地をご紹介します。


まず、普賢岳です。想像以上に大きい!

東日本大震災語り部ブログ




画像左のボコボコしたものは
火口から吹き出した溶岩が冷えて固まったものです。

東日本大震災語り部ブログ



1991年9月15日に発生した発生した火砕流によって焼失した
(旧)大野木場小学校被災校舎が、石巻の門脇小学校と重なってしまいました。



写真左に建っている建物は・・

(旧)大野木場小学校に隣接する(国土交通省が管理する)
大野木場砂防みらい館です。
http://www.qsr.mlit.go.jp/unzen/gakusyusisetu/index.html


東日本大震災語り部ブログ



焼き尽くされた教室、当時のまま保存されております。


東日本大震災語り部ブログ


この教室を見ると、やはり石巻の門脇小学校と重なってしまいますね。



南三陸の防災庁舎も解体が決定しましたが石巻の門脇小学校は

震災遺構として残るのでしょうか?・・



さらなる視察レポートは、次回公開させていただきます。

一般社団法人 防災プロジェクトさんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス