『エンディングノート その1』 | だいだい家の相続 ~ 行政書士小川裕史のブログ ~

だいだい家の相続 ~ 行政書士小川裕史のブログ ~

北海道函館市の相続支援行政書士です。
”家族の絆を守る”をモットーに、もめない相続支援に真剣!
遺言や相続に関する不安・疑問はお気軽にご相談ください。
ブログでは、相続に関するニュースや気になる出来事を掲載していきます。


テーマ:

函館の行政書士小川です。


気になる生前対策シリーズ【第2回】。


今回は「エンディングノート その1」です。

(前回の記事⇒【初めの一歩】


◆どんな方に適しているか

 財産: 多くても少なくても適している

 家族: 多くても少なくても適している


◆いつ効果を発揮するか

 ・認知症や重病になったとき

 ・お亡くなりになった後



ブログ村 行政書士ブログランキングへ ← ブログ村に参加中!ポチッとお願いします!



「エンディングノート」という名前は、

耳にされたことがある方も多いと思われます。


書店などにも、専用のキットが売っています。


でも、「遺言書と何が違うのだろう」

思う方もいらっしゃるのではないでしょうか。



≪遺言と違い、何を書いても自由≫


遺言は、要件を満たしていれば、

一定の法的効果が生じます。


誰に何を相続させるかといった希望等を

実現するために、法律が力を貸してくれます。


ただ、書ける(法的効果を持たせられる)

事項が限定されています。


「未成年後見人の指定」や「子の認知」

以外は、ほぼ「財産」に関することです。


ですから、「財産がないから必要ないか」

とお考えになる方も多いのだと思います。



ところが、エンディングノートは、

法的効果を持つものではありませんが、


残された家族等へ伝えたい事など

何を書いても自由なのが特徴です。


・お墓や供養の希望

・葬儀に呼ぶ人の範囲、

・遺品の整理方法

・金庫の鍵の隠し場所 などなど


死後の事で家族が困らないよう

様々な気配りをすることができます。


感謝の気持ちを綴ってもよいでしょう。



これが、遺言との大きな違いの1つ目です。



(次回は⇒【エンディングノート その2】


相続支援 函館の行政書士小川裕史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス