『相続人の特定』~意外と苦労する戸籍集め~ | だいだい家の相続 ~ 行政書士小川裕史のブログ ~

だいだい家の相続 ~ 行政書士小川裕史のブログ ~

北海道函館市の相続支援行政書士です。
”家族の絆を守る”をモットーに、もめない相続支援に真剣!
遺言や相続に関する不安・疑問はお気軽にご相談ください。
ブログでは、相続に関するニュースや気になる出来事を掲載していきます。


テーマ:

函館の行政書士小川です。


「相続の戸籍調査はなぜ大変か」


■ 市役所に行って請求すればいいんでしょ?

■ 1通あたり450円とか750円でしょ?

■ 相続人が3人なら全部で3通でしょ?


相続に関する戸籍の調査は特別難しい

ものではないと考えている方が多いようです。


ところが、


「自分で戸籍を集めたけど、大変だった!」

こういった声をよく聞きます。


何が大変なのか。

戸籍調査の初歩について。



ブログ村 行政書士ブログランキングへ ← ブログ村に参加中!ポチッとお願いします!



まずは、次の戸籍のサンプルをご覧ください。


今年お亡くなりになった父の戸籍謄本を

市役所で交付してもらったという想定です。


~ 行政書士小川裕史のブログ ~-戸籍サンプル

① いきなり二男!?


 妻と二男は記載されていますが、

 長男の記載がありません


 長男は戸籍改製前に結婚していて、

 別の戸籍が作られているからです。


 父と長男のつながりを確認するために、

 一つ前の戸籍を取らなければなりません。


 現在の戸籍の一つ前の戸籍は何か。


 それが「改製原戸籍」になります。


 「従前戸籍」は大抵、父の婚姻前の戸籍です。

 (相続手続では、これも必要になりますが。)


② 改製って?


 時代とともに、戸籍のルールが変わったため、

 戸籍の様式が何度か変わっています。

 

 昭和32年 … 家長制度の廃止(親子単位の戸籍に)

 平成6年 … 戸籍の電算化 など

 この他に、大正時代や明治時代の改製もあります。


 ※ 実際の改製時期は、役場により異なります。


 それまで記載されていた戸籍事項の一部が

 改製後には記載されていない場合もあるので、


 「改製原戸籍」を取る必要があるんです。


 イメージとしては、こんな感じです。

戸籍の流れ1



 長男の婚姻の時期によっては、こうなります↓

戸籍の流れ2



③ 出生から死亡まで書かれているけど?


 ③の欄をみると、生年月日や婚姻日、

 従前戸籍、死亡日時等が記載されています。


 これで足りると思われるかもしれませんが、

 相続人調査では不十分なのです。


 改製前に別の方と婚姻し子どもがいても、

 この欄の記載だけでは分かりません。


 ご親族の中では分かりきっていることですから、

 非常に面倒くさく感じてしまいます。


 でも、きちんと戸籍を調べてみると、

 これまでの認識と異なる事実

 あるかもしれません。



 なお、上記シンプルな事例でも戸籍5通が必要です。


 原戸籍1通750円として、10通だと7,500円です。


 相続人が多い場合や、何度も転籍していると、

 3万円以上必要になることもあります。


 遠方の役場への請求には郵送料等もかかります。 


まとめ


 役所や銀行、保険会社等の相続手続には

 漏れのない戸籍が必要になります。


 万一、相続人を見落としてしまっては大変です。


 面倒でも、一つ一つ戸籍を辿るしかありません。


 上記のように、意外と費用もかかりますし、

 一定の時間と労力をかける覚悟が必要です。


相続支援 函館の行政書士小川裕史さんをフォロー

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス