スパイスについて+お知らせ | 渋谷区幡ヶ谷・代々木上原 アーユルヴェーダサロン スアイのブログ

渋谷区幡ヶ谷・代々木上原 アーユルヴェーダサロン スアイのブログ

渋谷区幡ヶ谷・代々木上原のアーユルヴェーダサロンスアイのブログです。

東京都 渋谷区 幡ヶ谷 代々木上原


アーユルヴェーダサロンスアイ鈴木です



11月ももうすぐ終わりに近づき今年もいよいよあと1ヶ月ちょっとになりました


私自身も師走感をとても感じておりますが、バタバタしないよう

合間合間に心を落ち着かせるための瞑想や呼吸法、オイルマッサージをするよう心掛けております




前回スパイスについて少し書きましたが、また続きを少し書きたいとおもいます



カレー粉とガラムマサラの違いについて


カレー粉とガラムマサラはどちらもミックススパイスです

どう違うのかというと

昔インドを統治していたイギリス人が帰国後にインドの家庭料理を食べたいと懐かしみ

インドの家庭料理を作ろうとしたのですが

毎回スパイスをブレンドするのが面倒で

あらかじめスパイスをブレンドしておくことを思いついて作ったものがカレー粉になりました


ですのでカレー粉はイギリス人の嗜好に合わせて作ったもので、インドにはカレー粉というものはないのです


そしてそのカレー粉がのちに日本にもやってきたということだそうです


インドの人たちは各家庭で独自の配合でスパイスを石臼などですり潰したものを料理の仕上げに使います

これがガラムマサラになります。



日本に入ってきたイギリスのカレー粉はC&Bというカレー粉ですが、その後日本人独自のカレー粉を作ろうとしたのが、エスビー食品の創業者、山崎峰次郎さんだそうです


ちなみに

たくさんのスパイスがありますが


白コショウと黒コショウの違いは収穫時期と乾燥の仕方が違うもので、

白コショウは赤色に実が熟してから皮をむいて作るもので、黒コショウは緑色の実のうちに乾燥させて作ったものです


オールスパイスは全てのスパイスという意味ではなく、3つのスパイス(ナツメグ、グローブ、シナモン)をあわせたものです


アーユルヴェーダの視点からガラムマサラを作る場合はドーシャのバランスを考えて調合し、

自分のドーシャバランスを整える配合で作るとより身体に合うガラムマサラができますね



私がスリランカでお世話になっている間はほぼ毎日スリランカの家庭料理でカレーをよく食べましたが、

きちんと6味のバランスを整えられるように、スパイスも野菜も作って頂いていたので、毎日お腹の調子も、身体の調子もかなりよかったです




そして来年、スリランカに行くといつもお世話になっているディラー二さんのお家で作るスパイス(ガラムマサラ)を日本で販売する事になりました


1月後半に私自身がスリランカに行き、どのように作っているのかを見て、食べて、体験し、

みなさまにもぜひ日本で食べていただきたいと思っております



また、1月後半にサロンのお休みを2週間ほどいただくとおもいますので詳しい内容は次回お伝えしようとおもいます


12月ご予約のお客様へのプレゼントももうすぐスリランカから届く予定ですのでそちらとあわせてお伝えいたします




スリランカのディラー二さんのおうちで育ったコショウの実








★サロンメニューはこちらから


★サロンのご予約空き状況・ご予約はこちらから


★サロンで使用しているオイルやトリートメントについてはこちらから



アーユルヴェーダサロンスアイ