雨季の過ごし方について | 渋谷区幡ヶ谷・代々木上原 アーユルヴェーダサロン スアイのブログ

渋谷区幡ヶ谷・代々木上原 アーユルヴェーダサロン スアイのブログ

渋谷区幡ヶ谷・代々木上原のアーユルヴェーダサロンスアイのブログです。

東京都渋谷区 幡ヶ谷 代々木上原

アーユルヴェーダサロンスアイ鈴木です



湿っとした空気で太陽の出る日が少なくなり、梅雨に入ってきた感じがします


アシュターンガフリダヤム(印度医学八科精髄集)より

今回は雨季の過ごし方、ドーシャを鎮静する食事について抜粋しました



┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

吸収期(アーダーナ)の影響で体力が劣り、倦怠(グラーナ)を覚える人の身体内の緩慢な消化の火(アグニ)は悪化したドーシャにより再び減退する


それというのも、雨季には空気中の水分を沢山含む厚い雲が垂れ下がり、冷たい風が突然吹き荒れ、その冷却効果により地上熱が蒸発し、水や物質が酸化し腐敗する

季節の自然性から消化の火が弱くなることによりドーシャは互いに悪化へと作用しあう

その結果種々の病気が発生する


その為、消化機能の主体を強める誰にでも適用できる一般的な用法と養生をすべきである


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈


雨季は一般的に3つのドーシャ(ヴァータ・ピッタ・カパ)が悪化すると言われておりますが

暑さから急激に冷却されるとヴァータが増大し

地上熱が蒸気となって奪われ、時間経過で酸味が変化し、それを含む水はピッタを増大させる

時間経過で消化力が弱まりカパが悪化します


アーユルヴェーダの治療法では催吐、催下法などで浄化しますが


 

風や雨の激しい日には酸味、塩味のはっきりした食物

軽性の(消化の良い)食べ物を蜂蜜と一緒に摂取すべきである

とあります


蜂蜜はヴァータを増大する性質を持っていますが湿潤性を除去する作用があるので、摂ることで自然にヴァータを増大させなくなります


非加熱性の蜂蜜や、コショウ、乾燥した生姜等を日々の食事に取り入れる事、消化力を下げない用に食べ過ぎない、重い質のものを摂りすぎないように気をつける事がおすすめです




その他雨季の過ごし方の中には


┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈

素足で戸外を歩くことを避け、芳香を身につけ、常に直射日光に当てた清潔な衣類を着用し

湿潤、寒冷、霧雨を避け、これらの影響を受けない屋根裏部屋で過ごしなさい、とあります

┈┈┈┈┈┈┈┈┈┈



なかなか洗濯物が乾きにくい時期ですが、晴れた日には洗濯物も直射日光を沢山当ててあげた服を着るのがよいですね


屋根裏部屋で過ごしなさいとありますが、

現代の日本で屋根裏部屋で過ごすのは難しいですね、、

でも湿度の低い所で身体を冷やさないように過ごしましょうという事でしょうか



サロンでは

トリートメント時にお出しするお茶もその季節に合わせたものをお出しするようにしております


この時期はジンジャーやゴツコラのお茶をお出ししたりしています



日本は季節の変化があり、それに合わせて過ごすのはなかなか大変かも知れませんが

季節の変化と自身の変化をきちんと知り、気をつけて対応してあげるだけで体調を崩すことなく過ごしていけるとおもいます


アーユルヴェーダのオイルは過剰に増大したドーシャを正常な状態に近づけてくれます


私も時間がない時は頭だけ、ある時は全身にオイルを入れて過ごしています


梅雨が過ぎれば暑い夏、

みなさまどうぞ無理をしないようお身体ご自愛くださいませ


☆サロンメニューはこちらから


☆サロンのご予約空き状況・ご予約はこちらから


☆当サロンで使用しているオイルやトリートメントについてはこちらから



アーユルヴェーダサロンスアイ