奏でる音色 | キャリアパートナーの日々奔走

キャリアパートナーの日々奔走

キャリアパートナーとして日々考えていること、活動していることを綴ります


テーマ:

3〜4月は毎年なにかと忙しい時期。

 

特に4月は連日研修で、毎回1日かけて

行うため、ゆっくりできる時間は

今はなかなか取れません。

 

こうした忙しい時だからこそ、

自分がリラックスできることを

少しでも行うことが大切。

 

今、久しぶりにピアノ楽曲を聴いています。

 

 

心地良いピアノの音色に合わせ、仕事もスムーズに進んでいきます。

 

実は幼稚園から大学生までずっとピアノを習っていました。

 

練習をして先生からOKを貰い、

新しい曲に進むことが楽しくて

通っていました。

 

ところが、中学2年くらいの頃から

段々と先生からOKが出なくなりました。

 

行くたびに「来週もう一回」。

そしてまた次の週に行くと

「まだダメ。もう一回」と。

 

次第にモチベーションが下がり、

ピアノに行くのがつらくなりました。

 

「スラスラと弾けるようになったのに

なぜダメなの?」

 

毎回そう思いながら、

何度やってもOKを貰えないことに苛立ち、

反抗的な態度にもなっていました。

 

何よりもつらかったのは、

「なぜダメなのか?」が分からなかったこと。

 

そんなある時、楽曲を弾き終わり、

一瞬の静寂が起こった後、

先生からこんなことを言われました。

 

「あなたはこの曲をどう解釈して弾いたの?」

 

私にとって衝撃的な一言でした。

 

これまで全く考えたこともなかったのです。

 

今まで私は、「上手く弾けるようになること」を目指して練習していました。

 

音楽の「解釈」とは何か?

当時の私にとって、これほど難しい問いは

ありませんでした。

 

音楽の弾き手として、曲をどのように理解し、

それをどのように奏でるのか。

今思えば、中学時代は勉強よりも何よりも

これが一番つらいことだったかもしれません!

 

ただ楽譜通りに弾くのではなく、

例えば呼吸(間)を入れるかどうか、

入れるならその長さはどのくらいかなども

全て考えていきます。それは解釈によって異なるということです。

 

1つ1つに意味があるということを知り、

音楽とどのように向き合うのかを

深く考えさせられました。

 

自分が何に取り組めば良いのかは

分かるようになりましたが、

とは言え、まだ中学生。

表現の幅もなく、簡単にはいきません。

 

なかなか答えは出ず、

毎回泣きそうになりながら行っていました。

 

よく辞めなかったなぁと思いますが、

悩みながらもなんとか食らいついた、

という感じです。

 

高校に入ってからは、

自分が感じたことを音だけでなく、

全身で"歌い"、表現するようになり・・

 

そしてある時、自分の中で何か壁を越え、

「楽しい!」という気持ちが戻ってきました。

それは以前の楽しさよりも、充実して深みのあるものです。

 

そういえばこの感覚は、社会人となり、

仕事においても似たようなことが

あったように思います。


今、ホロヴィッツによる幻想即興曲を

聴いています。

 

昔から好きな曲。

曲の解釈は、年月が経てば変わっていくもの。

 

今どのように感じるか?それが大切なのです。

 

真夜中の静かな時間の中で、

表現することの面白さ、素晴らしさを

じっくり味わっています。

Sayakaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

    ブログをはじめる

    たくさんの芸能人・有名人が
    書いているAmebaブログを
    無料で簡単にはじめることができます。

    公式トップブロガーへ応募

    多くの方にご紹介したいブログを
    執筆する方を「公式トップブロガー」
    として認定しております。

    芸能人・有名人ブログを開設

    Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
    ご希望される著名人の方/事務所様を
    随時募集しております。

    Copyright © CyberAgent, Inc. All Rights Reserved.