★☆★ 新シリーズブログの(その12です!★☆★

皆さん、お待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、「老後資産増強のコツ」シリーズの(その12)です!

(9月中旬に公開予定でしたが、遅くなりました。すみません!

このところ多忙で、先ほど9月21日発行予定のメルマガの配信登録がやっと終わりましたので、一息つく暇もなく、ブログの更新をさせて頂きました!)

 あと、読みやすいように、前回より「自動的に広告が入らない設定」に変えています!

 

 今回の(その12)は、前回の第6章の続きで、「老後の資産増強に向けての総括的な話の前段として、「老後の資産増強に向けてのFX複利運用法」についてお話します!

(因みに「老後の資産増強に向けてのFX複利運用法」とは、

私が勝手に名付けたFX運用方法です。為念。)

 

  前置きが長くなりましたが、このところの私のブログは、フォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 では、早速今回の「老後資産増強のコツ」シリーズ第6章の続き始めることにしましょう。

(FXにあまり詳しくない方は、是非、私のこのシリーズの最初からお読み下さい!)

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」のブログ内容】

 

今回は、当初予定の下記の、

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開! 

 の前回のイントロ(私のFX運用の総括)の続きとなります。

 

 6-2.「老後の資産増強に向けてのFX複利運用法の前に 

 

 まず本題に入る前に、FXを既にやられている方は、昨今の米ドル/円相場の乱高下で振り回されている方も多いかもしれませんが、全体の大きな動きの中ではこれは良くある話です。
 よって、一時的な相場の動きに振り回されずに
、「大局的に、
相場の動きをファンダメンタル的な面及びテクニカル的な面の両面から冷静に判断しての売り買いをする
」ことが重要だということを、ここ1、2ヶ月で私も身にしみて体験しました!
 と共に、少し前の失敗をリカバリーして、
損を取り戻すどころかこの9月はそれ以上の確定利益を得ることができました!

 前回の教訓として書きました、「まあ為替相場とはこんなもんであり、あまり欲を出すと良くないです!」を自ら実践すると共に、乱高下の影響が大きい米ドルはもう買うことをやめて、メインのメキシコペソに加えて、比較的買いやすいオーストラリアドルも少し買って正解でした。
(このふたつの通貨で、数十万円はこのひと月で、即儲けさせて頂きました、、、、。)

 あと、もう一つの教訓としての「証拠金維持率は、持ち玉の
数が多くなるに従って、できる限り増やすべき」
も実践し、仮に
持ち玉の相場が下がって含み損が出てきても、安心して安値の時にも追加で買い足すことができて、
結果的に大きな流れで再び相場があがって得をした、という次第です。

 よって、最初に書きましたように
、「大局的に、相場の動きを
ファンダメンタル的な面及びテクニカル的な面の両面から冷静に判断しての売り買いをする」が重要
であり、結果的に自分の予想を信じて、まわりの予想に振り回されずに確定利益がかなり増えた次第です。
 これも十分以上にFX口座資金が増えて、リスクに耐えれる
十分な「証拠金維持率」をキープできたからだと思います。
 自分の通貨毎の持ち玉の数と、全体の証拠金維持率との関係を良く理解しておけば、相場が上がった時もあまり持ち玉を増やしすぎず、逆に相場が下がったときに、安心して自分の許容範囲の持ち玉まで買い増すことが出来ます!

 そして、最後に、私が通貨として、メキシコペソ(MXN)と
オーストラリアドル(AUD)に手を出している理由は、
価格的に
買いやすいのと、スワップポイントの率が凄く良い
からです! 
(特に、メキシコペソは、レートの割にスワップポイントの率が
高く、また今後の国としての成長や通貨価値の向上も期待できますので、一押しです!!)

 

 とここまで読まれて、私の書いている内容が良く理解できない方は、私のこの一連の「老後資産増強のコツ」シリーズブログを、最初から読まれることをオススメ致します!

 もし内容が良く理解できるようであれば、以下の内容を引き続きお読み下さい。

 

 

 6-3.「FX複利運用法」とは?

 

 既に書きましたように、これは私が勝手に名付けた「ほったらかしXX運用」のような感じの名称です。

 ここで、重要なのは、「複利」というキーワードです。既に投資をされている皆さんは「複利」の効用は十分ご存じだと思いますが、この「複利」の考え方を、FXでも活用することが長期的に資産を増やす鍵となるのです!

 

 これ以降は凄く重要で、少し長くなりますので、この続きは、9月下旬あたりの暇な時にじっくり書かせて頂きますので、先ず「FX」の意味及び「複利」の意味、特に本質やメリットを、ネット等で良く理解しておいて下さい。それと、ついでに「レバレッジ」という用語も理解していただけると今後の私のブログの内容をより確実に理解できると思います。

 これは、私の今後の「FX複利運用法」とは?を良くご理解頂くために、そしてあなたの「老後の資産増強成功」の為にも重要であり、今回の私のブログから次回のブログまでの間の宿題です!

もう一度言いますが、 「FX」の意味(投資上のメリット、リスク)、「複利」の意味(本質、メリット)、そして、更に「レバレッジ」の用語の単なる意味だけでなく、本質やメリットについて、ネット等で良く調べて理解しておいて下さい。

 これらを理解せずに私のブログをお読みになると本質を理解し損ねる懸念がありますので、、、、。

 「老後に向けての資産増強」を成功させる為に、必ず次回、私のブログをお読みになる前に、これらの用語を必ずよく理解しておいて下さいね!

(私のブログや無料メルマガを最初からお読みの方は、既におわかりの内容かと思いますが、今一度本質を良く復習しておいて下さい。)

 

 今回はここ迄です!

次回は9月下旬から10月初旬頃に、今回の 6-2.「FX複利運用法」とは?を引き続き詳しく解説します!

 

 今後、この第6章は何回にもわたるブログになると思いますので、どうぞお見逃しなく!

 

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、2022年の3月中旬に執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒4月上旬の前半(その4)、および4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開済み

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒7月上旬執筆&公開の(その9)第5章(前半)および、7月下旬(その10)第5章(後半)の2回に分けて執筆&公開済み

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開! 

 更に、FXでの「ほたらかしFX運用のコツ」も公開します!

題して、「あなたは本当のFXの運用の仕方を知らない!」

 ~銀行の複利よりも、もっとどんどん増えて、かつ「リスク最小限で老後に向けて資産を増やすFX運用の方法」の特別公開です!!

  ⇒8月中旬の執筆&公開の(その11)以降のブログシリーズにて、定期的に終わるまで!          

 

最後に更なるオマケとして、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

【アマゾンの新刊今年はまだ出ていませんが、近々発行すべく準備を進めていますので、どうぞご期待下さい!】

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

サイトから既刊を読んだり、無料配信登録も可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

【現在、過去に訪問した海外の各都市での出来事を時系列にエッセイ風に書いた、『海外都市訪問回顧シリーズ』を、好評連載中です!】

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その11です!★☆★

皆さん、お待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、「老後資産増強のコツ」シリーズの(その11)です!

(前回のお約束通り、今回は「ほったらかしFX運用」ノウハウも最後に公開しています! )

【すみません! 先日、この前「わたしのお気に入りフォト【風景部門】」への投稿ブログが、このブログシリーズに混じってしまったようですので、再度、日付を変えての投稿です。

よって、この(その11)をまだお読みでない方は、是非お読み下さい!尚、すでにお読みの方は、次の9月上旬の(その12)をお待ち下さい!】

 あと、最近「自動的に広告が入る」設定になっていましたので、これも入らないように変えました!

 

 今回の(その11)からは、新たな第6章となり、老後の資産増強に向けての総括的な話となります!

 第6章の初回となります今回の(その11)では、このところの米ドル/円相場の乱高下を踏まえて、これまで私が書いてきました「老後の資産増強に向けてのFX投資運用」の総括的な話をまずさせて頂いた上で、次回(その12)につないでゆきたいと考えています。

(結構、これまでの運用を踏まえての反省的な話も含めていますので、FXをやられておられる方やこれから始めようとされる方々にも色々参考になると思います!)

 

  前置きが長くなりましたが、このところの私のブログは、フォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 では、早速今回の「老後資産増強のコツ」シリーズ第6章始めることにしましょう。

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」のブログ内容】

 

今回は、当初予定の下記の、

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開! 

 のイントロ(私のFX運用の総括)となります。

 

 6-1.イントロ(老後に向けての実践FX運用)

 

【ここ数ヶ月の私のFX運用状況】

・数ヶ月前から、メキシコペソに加えて、積極的に米ドル高/円安となっている米ドルのFX運用にも、あまりファンダメンタル的にも詳しくないにもかかわらず、世の中のまだまだどんどん米ドル高/円安が進むとの予想を元に、米ドルにも手を出しました!

 

・それまでは、今年のFXでの確定利益も順調に増えて、150万円ほどにもなっていたんですが、7月下旬頃のかなり急激な米ドル安/円高への急転により他の通貨も変動し、私のメキシコペソも、一時はかなり安くなり、含み損もかなり多くなり、ちょっとピンチになりました!

(これも米ドル高/円安の時に、調子に乗って、自分の持ち玉のメキシコペソの平均値よりもかなり高値でメキシコペソを多数買ってしまったのが根本理由です!)


しかし、普段の私のFX運用方針により、十分なFX口座資金があったのでロスカットへの懸念は全く無かったものの、特に米ドルでの含み損も大きく米ドルとメキシコペソ併せて150万円くらいの含み損となり、精神的な不安に負けてしまい、米ドルやメキシコペソを損覚悟で少し処分し、証拠金維持率をあげて、少し安心させました!

(その結果、確定利益は100万円ほどまでに減りました!

もう少し資金に余裕を持っていれば、精神的にも含み損に
負けなかったのですが、
今回の米ドル及びメキシコペソの大きな変動による含み損に、結果的にやられました!

 

そして、その直後に、当初の私の予想通り、その翌日あたり
から再び米ドル高/円安が再燃してきたのです、、、。

しかし、現在は、以前ほどの米ドル高/円安になっておらず、大富豪の投資家も、今後の相場の動きの様子見のような状態が続いており、私もまだ米ドルを完全に処分できず、まだ米ドルは少し含み損をかかえたまま持っており、現在は処分するタイミングを伺っている次第です。
もう少し資金に余裕を持っていれば、精神的にも含み損に
負けなかった
のですが、今回の何円もの米ドルの急激な変動にはやられました! 
これまでは先読みして勝ったつもりでいたんですが、今回こぞは大富豪の戦略に負けました(
笑)。)


【反省を含めての総括】


・で結果的に、大きな問題にならず、今後もまた再びもっと
米ドル高/円安になる世の中の傾向が続くのかどうかは定かではありませんが、為替相場もほどほのところで安定しており、先ずはひと安心なんですが、結果的にベソの持ち玉が少し減り、確定利益も少し減少した、ここ数ヶ月でした!
 よって、今となっては、強気で少しばかり儲けたからと言って
危険な米ドルを何度も買ったことに少し反省していますが、

今回の急な相場の動きで勉強できたことは、以下です!

(1)世の中、時に米ドルのファンダメンタルな動きを自分自身
ないがしろにせずに良く分析し、専門家の「米ドルはまだまだ
上がり傾向になる!」との意見を鵜呑みにせずに、自分自身のこれまで得た分析情報やファンダメンタルな動きを冷静に判断した上で、高値で買った米ドルやメキシコペソはまだ損失が少ない内に処分して、持ち玉の平均価格を下げて(リスクを減らしておく!)おくべきであった。

(2)相場が急激に悪化し、米ドルやメキシコペソが急激に下がりだした際にも、変に専門家の予想が頭に残っいた為に損覚悟で売るのを躊躇した為、結果的にかなりの安値でいくつか処分してしまって損をしてしまいましたが、上記の(1)を実施していれば、被害はもっと最小限で済んだ筈である。
 (これには、以前株の運用で実施していた、同じ価格の株を2単位買っておき、「売るか売らないか迷った時には即半分売り」という手法をFX運用でも適用すべき、でした!)

(3)あと、私自身の大きな反省としては、メインのメキシコペソに加えて、慣れない米ドルを、少し利益が出たのを良いことに何度も買ってしまったこと。これが結果的に含み損への精神的にリスク懸念もなり、今回の相場が上がるのを待てずに売らないといけない(精神的な負担)事態となって、結果的に確定利益の持ち出し(かなりの損失)となってしまった。

 で結果的に、FX口座の資金(確定利益分も含めて)が少し
減りましたが、今回は、自分自身良い勉強になりました!

その反省点、良かった点は以下です。

幸い、確定利益(今年の儲け分!)が結構ありましたので、メキシコペソのロスカットも出なくて、スワップポイントでの毎月の資産増も引き続き期待できます!

 

しかし、今後は急な相場低下に備えて、もう米ドルには手を出さずに、メキシコペソのみに専念した運用の「老後の資産増強」に向けて、あまり欲を出さない安全な(当然、レバレッジ率にも注意し、証拠金維持率も十分確保して、いくらスワップポイントが増えるからと言って分不相応にFX口座資金以上の持ち玉の枚数を増やさない!))FX運用に専念すべく、新たな気持ちで取り組みます!!

 

・最後に、このブログを書いている時点では、メキシコペソは既に通常の持ち玉運用に戻って、また為替相場も少し安定してきたのと、現在300万通貨(約2000万円)のメキシコペソ分の多大なスワップポイントのおかげで、含み損は全て消え、逆にスワップポイント分が含み益となってきています!!

(このままの為替相場が維持できれば、これからは毎月、何もしないでもメキシコペソのスワップポイント分で、毎月約15万円ほどが自動的に増えて行く、「老後に向けての中長期的なFX運用」にやっとなりました!)

 

・しかも、私のような少額の投資家でも、特に何も難しいことはしなくても、ロスカットリスクもほとんどないような証拠金率を維持しつつ、単に持っているだけで、です!
(良くある言葉で言えば、「ほったらかしFX運用」ですね(笑)。)


・が、私は「ほったらかし」でなく、今後も「老後の資産増強に向けてのFX複利運用法」をメキシコペソに適用しつつ、今後も今のメキシコペソの高金利を活かして、今のうちに老後に向けてどんどん老後の資産を増やしてゆくつもりです!

 

・もちろん、投資にはリスク回避のための分散も、当然必要です。しかし、このFXの投資は仮にゼロになっても(私の運用法では、多分日本が戦争になっても、そうなりませんが(笑))良いように、余裕資金だけで運用しており、また、既に書きましたように、国内の株や海外の投資信託、更には円のリスクも考えて、幸い海外の銀行預金や金も少しはありますので、これらにも分散して投資しています。あとはその比率を調整するだけです。

が、今のところは、株よりも金よりも、投資信託よりも、「私自身のメキシコペソによるFX運用手法」が一番利益率が高いです!(何しろ、高金利と複利の効果に加えて、この金利(つまりスワップポイント)にFXのレバレッジ効果(5倍~10倍)もかけていますので!!)

 

 まだまだ「老後に向けてのFX運用」に関して色々書きたいことはあるのですが、長くなってきましたので、今回のイントロはこれくらいにしておきます(笑)!

 

 今回はここ迄です!

次回も、第6章の本題に入る前に、今回のイントロの続きとして、上記の「老後の資産増強に向けてのFX複利運用法」について、そのメリットやデメリットも含めて、詳しく解説しましょう!

 

次回は、9月上旬の(その12)で、第6章の続きとなります。

そして、前回お約束しましたように、私のこれまでのFX運用で儲けたノウハウを、「ほったらかし、FX運用のコツ」として、特別に第6章のなかで少し公開させて頂きました!

今後も更に、(その11)以降で公開してゆきますよ!!

 よって、第6章は何回にもわたるブログになるかもしれませんね~! お見逃しなく!

 

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒今回の5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、次回6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開予定

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒今回の7月上旬執筆&公開の(その9)第5章(前半)および、次回7月下旬(その10)第5章(後半)の2回に分けて執筆&公開予定

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開! 

 更に、FXでの「ほたらかしFX運用のコツ」も公開します!

題して、「あなたは本当のFXの運用の仕方を知らない!」

 ~銀行の複利よりも、もっとどんどん増えて、かつ「リスク最小限で老後に向けて資産を増やすFX運用の方法」の特別公開です!!

  ⇒8月中旬の執筆&公開予定の(その11)以降のブログにて!!          

 

最後に更なるオマケとして、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

【アマゾンの新刊今年はまだ出ていませんが、近々発行すべく準備を進めていますので、どうぞご期待下さい!】

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

サイトから既刊を読んだり、無料配信登録も可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

【現在、過去に訪問した海外の各都市での出来事を時系列にエッセイ風に書いた、『海外都市訪問回顧シリーズ』を、好評連載中です!】

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

【新年、新幹線車窓からの富士山!】

 

 2022年元旦の朝方、単身赴任先から、自宅へ家族との食事の為に向かった新幹線の車窓からの写真です。

 突然美しい富士山が見えて、慌ててスマホで撮った写真です。急に撮ったにしては、思いの外良く撮れており、スマホからすぐに家族にもLINEで写真を送りました!

 そのあと、家族とも楽しいひとときを過ごせたのはもちろんのこと、その富士山のお陰か、今年も良い年を送れています!

 

 

                      ヒデクラ

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その10)です!★☆★

皆さん、遅くなりました。お待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、「老後資産増強のコツ」シリーズの(その10)です!

 

 今回の(その10)第5章(後半)は、7月上旬のブログの続きです!

 前回の第5章(前半)では、予告の「国の税金優遇制度の活用」のイントロとして、国の税金優遇制度制度対象外のFX運用に関連し、この20年来の米ドル高/円安の相場の動きの中で、私がメキシコペソで儲けていますFX運用ノウハウを特別公開しましたが、その後も更なる円安が進み、再び1ドル140円に迫ってきましたね~。(この詳細はまた別途!)

 

 今回は、ちょっとFX関連は横に置いておいて、国の税金優遇制度のひとつであるNISAについて、私の経験から「老後の資産増強」に向けての効果的な活用方法をお話しすることとします!

(あと、FX関連は、この円安でまた少し儲けさせて頂きましたので、このあたりのお話は最後に少しだけ付け加えさせて頂きます! 因みに、私の現在メキシコペソの持ち玉は450万ベソ程度にもなっており、毎月のスワップポイントの含み益は”18万円”くらいにまでなっています(笑)! いわゆる「ほったらかし株運用」でなで、「ほったらかしFX運用」ですね(笑)。このあたりの経緯、運用ノウハウも、少しだけ後ほど!)

 

  前置きが長くなりましたが、このところの私のブログは、フォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 

 では、早速今回の「老後資産増強のコツ」シリーズを始めることにしましょう。

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」のブログ内容】

 

今回は、当初予定の下記の、

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

 の(後半)となります。

 

 5-2.NISAとは?

 皆さん、NISAってご存じですよね?また、つみたてNISAとの違いもご存じですよね?

 もし、まだご存じない方がおられましたら、ネットで調べて頂ければ、最新の制度情報がすぐにわかります!

 が簡単に纏めると以下のような税金優遇制度になります。

 

(1)NISAもつみたてNISAも優遇の年数は違えど、どちらも、

通常投資時の利益に対して徴収される税金(約20.3%も!)が免除になる制度

 

(2)つみたてNISAの場合は、銀行で投資信託等のNISA口座を開けば、投資信託取引の利益に対しての税金が免除となりますが、現在銀行では株の売買はできませんので、株の売買益でこの税金免税の優遇を受けたければ、証券等の株を扱えるところで、NISA口座を開く必要があります。

 そうすれば、本来、源泉徴収されたり、確定申告で支払うべき投資利益に対しての税金納付は免除(不要)となります!

 

(3)あと、皆さん良く誤解していたり、NISAでご存知無いのは以下です!

・NISAの場合、5年間優遇されますが、これは毎年の取引限度内で独立して適用されます。つまり、NISAの場合、取引の限度額は毎年120万円なんですが、これはその年での取引額であり、所持額ではありません。よって、いったん100万円の枠で株をかって、それが値上がりして150万円で売ったとすれば、確かに売買益の50万円に対しての税金はかかりませんが、あとその年に購入できる株の枠は20万円になり、120万円ではありません!

 しかし、その株を売却せずに、ずっと持っておくと、買った年

も含めて5年間有効ですので、5年後に250万円になっていれば(いくら上がっても購入額ではないので大丈夫です!)、利益分の150万円に対して税金が優遇されます。

 よって、その年に売らずに5年間もっておいたほうが良かったということになります。

 逆に、5年後に下がって50万円で売った場合の損金はどうなるのでしょうか?

税金が源泉徴収される特定口座での取引での損金は、確定申告で申請すれば、その翌年に控除されます。

しかし、NISAには税金が取られない代わり損金の控除は受けられません

 

 【これを踏まえての上手なNISA口座の運用の仕方!】

(1)NISA口座で運用する投資は、確実に利益が少しでも出そうな投資信託商品や株銘柄、また、株銘柄であれば、あまり上がり下がりの変動が少なく、配当率の高い会社の銘柄とし、いったん買ったら、その後の5年間は必す売らずに持っておくこと!

⇒そうすれば、購入年含めて各年の株の毎回の配当が5年間無税で丸ごと受け取れます!相場の上がり下がりは気にせずに、それこそ「ほったらかし株投資運用」です!

 

(2)逆に言えば、源泉徴収で税金が取られる特定口座の株は下がるリスクがあっても、優待券等で優遇される銘柄で、配当は少ない口座でも良いでしょう。

⇒そうすれば、優待品には税金がかかりませんので、そのメリットは享受でき、もし売却時に値下がりしていれば、確定申告すれば、その分を損金算入し、翌年の確定申告での控除対象となります。更に、特定口座の株が下がったり、配当が多くなっていっぱい税金が源泉徴収で取られた場合も、収入によっては確定申告で少し戻って来るケースもありますので、特定口座は確定申告不要ですが、確定申告した方が得になる場合もあるのです!

 

(3)最後に、NISAが5年間有効といっても、毎年購入年から5年間ですので、通算最後の5年目に買った株や投資信託もその後4年間は税金の控除対象になりますので、通算9年間無税となります!ここをあまり良く理解していない方もおられるようですが、毎年の株の購入は独立した運用となることを理解すれば、毎年の無税購入枠が余ったからと言って翌年に繰り越しできないことも理解できると思います!

 

 あと、「老後の資産運用」には、NISAより無税期間が長い「つみたてNISA」の方は良いという方もおられますが、「つみたてNISA」は毎年の運用額が40万円と「NISA」の3分の1ですので、私はNISA の120万円でも枠が少ないくらいですので、NISA十分です!

(しかも、私はあと20年も生きれないと思いますので(笑)!

5年間のNISAで十分で、 あとの投資は、「FXのほったらかし運用」でかっても稼せげます!FXは、毎年の確定申告で、多くの税金が取られますが、それでも増えた方がうれしいです!)

 

 まだまだNISAに関しても色々書きたいことはあるのですが、長くなりますので、ポイントは以上です!

 

 今回はここ迄です!

次回は、8月中旬の(その11)、第6章となります。

そして、冒頭で書きました、FX関連のオマケのノウハウのかわりに、私のこれまでのFX運用で儲けたノウハウは、「ほったらかし、FX運用のコツ」として、特別に第6章のなかで、本格的に隠すことなく、(その11)以降で全て公開しましょう!!

 よって、第6章は数回にわたるブログになるかもしれません!

 

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒今回の5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、次回6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開予定

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒今回の7月上旬執筆&公開の(その9)第5章(前半)および、次回7月下旬(その10)第5章(後半)の2回に分けて執筆&公開予定

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開! 

 更に、FXでの「ほたらかしFX運用のコツ」も公開します!

題して、「あなたは本当のFXの運用の仕方を知らない!」

 ~銀行の複利よりも、もっとどんどん増えて、かつ「リスク最小限で老後に向けて資産を増やすFX運用の方法」の特別公開です!!

  ⇒8月中旬の執筆&公開予定の(その11)以降の数回にて!!          

 (あまり反響が大きくて、私の気が変われば、私の無料メルマガである【実践留学道場】もしくは、アマゾンKindleでの公開に変更になるかもしれませんよ~。冗談です(笑)。)

 これがどれだけ凄いことかは、私の実績をこれまでのブログでも書いていますので、是非過去のブログを全てお読みください。私の身近な方で、はじめは「FXはギャンブルで危ない」と言っていた方々も、私がこの1年間のFXの運用方法でかなり儲けたことを実際に知って、皆さんFXを即、始めています!

(因みに、まだ私はFX初心者でまだまだ勉強中ですので、もっと上手いFX運用法があるかもしれませんが、私が最初にかなりFXの本質を本を何冊も読んで勉強して、そして実践で試行錯誤して実証した理論は、まだまだブラッシュアップすれば、それこそ「ほったらかしFX複利運用」にまで発展すると、自分自身でも自負しています。が、基本的に誰でも同じ運用で大丈夫なんですが、誰でもできると言えば、ちょっとウソになるかも知れませんね~、、、。

 特に今の時代、ITやグローバルに疎い方は、そもそもチャートの見方やRSIの表示の仕方もわかりませよね?(失礼!)

 やはりそれなりの運用のコツやITスキルやグローバルな感覚や、リスク回避の注意等々も当然あります。

 

 が、私はこの1年足らずで、最初50万円の少額から初めて、毎月貯金のつもりで余裕資金を5万円くらいづつ貯めて、やっと400万円くらいになりました(純粋な利益は2.5倍くらい?)ので、これくらいの資金があれば、あとは、「ほっておくだけ」で、既に書きましたように、現時点ではやっと毎月20万円くらい勝手に増えるくらいまで達しました。が、これでもまだまだダメです!単利だと、1年間で数百万円しか増えません!

 これを複利的に最大限に増やす方法を、今実践でトライ中ですので、今後どうなるか私も良くわかりません、世の中の相場の動きも影響しますので、そのリスク回避は十分におこないつつ実践運用しています!

 一方、5万円から少額で初めて同じようなFX運用のほうは、まだ15万円くらいとあまり増えていませんね~。やはり最初はある程度の金額がないと増えないかもしれません。

世の中、大金持ちが、よりどんどん金持ちになる訳ですね!

 

 詳細は、長くなりますが、これまで私がやってきたこと全て公開しますので、信じられる方のみ私の次回以降のブログをお読みください!

(私はもう既に65歳で、つみたてNISAの少額で20年もの運用を待っていれる齢ではありませんので、今の貯蓄額を最大限の投資で安全に増やしてから70歳以降の老後を棺桶に入るまで楽しむ必要があり、60歳以降は、株も含めて色々トライしましたが、株や投資信託では貯蓄の少ないこの齢では、もうまもなく引退するこの身では、あまり稼げないことがわかりました!

 そして、NISAやFX、当然、投資信託や株等々も含めて、、このあとの5年間が勝負と色々投資の研究をして行きあたったのが、この「ほったらかしFX投資複利運用理論」(自分で勝手に名付けています(笑))なのです!!)

 

  

最後に更なるオマケとして(笑)、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

サイトから既刊を読んだり、無料配信登録も可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その9)です!★☆★

皆さん、お待たせしました!

月日のたつのは早いですね~。アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、「老後資産増強のコツ」シリーズの(その9)です!

 

 今回の(その9)第5章は、7月上旬に更新予定でしたが、このところのFXの動きも含めてお知らせしたく、7月2日(土曜日の夜中!)早々の更新です!

 よって、目次で予告の「国の税金優遇制度の活用」のお話の前に、今回もFX運用に関連し、急遽、この20年来の米ドル高/円安の相場の動きの中で、私がメキシコペソで儲けています、FX運用ノウハウの特別公開です!

 

  このところの私のブログは、フォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 では、早速今回の「老後資産増強のコツ」シリーズを始めることにしましょう。

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」のブログ内容】

 

今回は、当初予定の下記の、

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

 について始まる前に、先ずはイントロとして、

この大幅円安の流れの中での、私が老後資産増強に向けて、FXでどのような運用をしており、またこのところの円安も活かして儲けているのかのコツおよび実績のご紹介とします!

 長いですが、是非、最後までお読みください。

(最後に、FX運用のオマケもあありますよ!)

 

 5-0.イントロ

 前回、以下のように書きました!

「そして、この6月の私の読みが大当たりして、米ドルとメキシコペソでのささやかなFX運用だけで、前回の5月末からこの2週間ほどの米ドルとメキシコペソの運用で、何んと確定利益が急にどんどん増えて、五十万円ほどの確定利益がでました! そして、今年に入ってからのFX運用だけで、確定利益は合計百数十万円にもなりました!

と、書きましたが、、、、

 実は、更に今回の米ドル高/円安で資産がもっと増えました!

 その背景及びFX運用のメリット/デメリットは以下です!

 

 先ずは、私のメインの運用通貨はメキシコペソです。その理由は、スワップポイント(金利差による利益)が凄く多く、老後のための長期運用にはベストだからです!

(すでに、現時点で、私のメキシコペソによる毎月の含み益(何もしなくても増える利益です!)は既に10万円/月ほどにもなっています!)
 ただし、今回のように米ドル高の動きと、円安の動きの両方が大きい時には、少し注意(リスク回避のための運用のコツ!)が必要となります!

 

 つまり、メキシコペソ/円は、あいだに米ドルの動きも挟んでの相場となり、メキシコペソ/米ドルの相場の動きもメキシコペソ/円の相場に影響します。
 と言いますのも、米ドル自体が高くなると、海外ではその利益を狙って米ドルを買う人が増えて、メキシコペソ/米ドル相場は下がります。しかし、米ドル/円で円がかなり安くなると、メキシコペソ/円相場は相対的に少し上がります。

 よって、メキシコペソ/円の相場は、結果的に、米ドル/円ほどの変動もなく、少し安くなったり、円安にもかかわらず、相対的にメキシコペソ/円が少し下がったりするわけです。
 ややこしいですが、要はメキシコペソのような米ドル以外の通貨は、米ドル高・安と円高・安のふたつのファクターが独立して影響して、結果的にメキシコペソあがったり、さがったりするので、ややこしい訳です。

 で、私の場合、いずれにしろ、メキシコペソの持ち玉を順調に
増やしつつあります、現時点もうかなり増えており、スワップポイントの含み益もそれなりに増えています。これは、大きなFXのメリットです!

 しかし、持ち玉が増えてくるとFXのデメリット(リスク!)も増えます!
 それは、メキシコペソが大きく下がった際に、ロスカット(強制的に売られてしまうことです!)にならないように、FX口座にはメキシコペソの保有量に応じた十分な余裕資金をいれておかないといけない、と言うことです!
 これまでの私はメキシコペソの持ち玉はせいぜい10枚(1枚が10万メキシコペソ)程度だったんですが、このところの相場の動きの確定利益もあって結構買い増ししており、現在は30枚程度にもなっています!
 ということは、相場が下がり、ペソに1万円の含み損が出た
時には、その30倍の30万円もの含み損がでることになります!
 現在、私はかなり余裕を持った証拠金運用をしていますので、これくらいの相場変動では全くリスクはありませんが、仮に(急激に!)ペソが1円下がると10万通貨で10万円の含み損となりますので、、300万通貨だと見かけ上の含み損は300万円にもなります!

まあ、急にこんなに下がることはないとは思いますが、リスクヘッジとしては、たとえこのような含み損がでても、決してロスカット(証拠金の半分以下)にならないように証拠金運用をしておかないといけないと言うことです!
と言うのも、ペソが安くなり勝手に売られてしまうと、そのロス分が確定し、せっかく貯めたスワップポイントの利益の意味がなくなってしまう、と言うことなのです!

(つまり、保有通貨数が増えるとそれに伴ってリスクが増えるのもFXの特徴(リスク!)であり、私は全くリスクがないと言ったのはウソではありませんが、このようなリスクが発生しないようなFX運用をしないといけない、そうでないと巷でよく言われるようにFXで大損をした!、というようなケースになるわけです。
 これが、FX運用の一番重要なポイントとなります!

(これさえ気をつければ、「老後の資産増強」に向けてのFX運用は安全(安泰)です(笑)!)

 ちなみに、他のFX運用のコツも多々ありますが、またまた長くなってきましたので、FXの長期運用のコツは最後に纏めることとして、今回の本題に入りましょう!

 5-0.国の税金優遇制度NISAとは?
 このところ政府も「資産運用を!」といっていますので、国の税金優遇制度である「NISA」や「つみたてNISA」については皆さんも既にご存じですよね?

 まずは老後の資産増強のコツは、如何に税金を減らすかであり、私もこのNISA制度を今も利用して、株や投資信託の運用をしています。

 しかし、国はそう言っている割には、大きな利益が期待できる、「FXにはこのNISAは適用」できないのです!

(理由は、私もよくわかりませんが、多分、相当このFXで儲けている人がおり、その分の税金もいっぱい国に入っているからではないでしょうか(笑)?)

 長くなってきて、この後のメインの文章は字数制限に引っかかりましたので、続きは次回7月下旬の(その10)とさせて頂きます! m(_ _)m
 

 

 と、またまたイントロが長くなってしまいましたが、最後に再度、私のFX運用のコツ、ノウハウを公開しておきます!

 FX関連の用語も結構出てきますので、FXに関してあまりご存じない方は、必ず、私の過去のブログ、特に(その1)~(その6)をお読みください。そうすれば、今回の(その9)や下記の内容も良くご理解頂けると思います!

 

では、最後に重要なオマケです!!

 【私の「老後資産増強」目的での、FX運用のコツ】

 

余裕資金のみでFX口座を開設し、その後は、銀行への積み立て定期預金のかわりに、余裕資金を毎月FX口座に追加し、これで、メキシコペソ1枚(10万通貨)を安いときに買って、少しづつ増やしていった!

⇒幸い当初5.5円くらいのペソが6.5円にも上がりある程度の含み益が出たときに売却し、その余融資金で、安い時にまた買い増す、の繰り返しで、ペソ通貨によるスワップポイントや含み益の確定で、FX口座資金が更に増加

 

2.去年末あたりに、資金も増えたので、米ドルの購入も開始し、メキシコペソと同様の運用の繰り返しで、ますます更に増えた。

⇒仮に下がってもFX口座の資金は余裕がある運用をしており、ロスカットの心配は全くなく、持っているだけでもスワップポイントがたまるので、かえって良いくらいの考え方で、よほどのことがない限りあまり売り買いはしない、中長期的な運用!

(ただし、このところの円安でかなりの含み益が出たときには、メキシコペソも売って利益を確定させ、その利益でまたメキシコペソを買い増しして更にスワップポイントが増えています!)

 

3.これまでの日銀総裁の発言や、米国等の動きから円安傾向は当面続くとの判断(ファンダメンタルファクターです!)で、米ドルの枚数を増やしていたところ、やはり米ドル高/円安になったので、ある程度の含み益が出た段階で、割り切って売却そして、少し円高に戻ったときに、また追加で買って、更にある程度高くなったときにまた売るという運用で、確定利益が急増

 

4.というように、メキシコペソと米ドルだけの中期的な運用を例外的に実施し、この円安の流れの中で上記の確定利益が出た次第です。

⇒しかし、これには、以下の重要な前提(リスク!)があります!

(1) 余必ず余裕資金での運用をすること!

(2)上がり下がりはあまり気にしなくてもよいように、レバレッジも10倍以下に押さえ、かつ、証拠金の3倍(300%)以上は常に確保しての運用とすること!

(既に書いたように、保有通貨枚数増加に併せた余裕資金を絶えずFX口座に確保しておくこと!、つまりスワップポイントがたまるからから言って、メキシコペソを買いすぎないこと!!)

(3)少ない資金で運用でき、かつ、持っているだけで含み益がかなり増えるメキシコペソでの運用をメインとする!

(私は、昨今の米ドル高/円安で、その後短期的な米ドルでの取引も開始しましたが、あくまでもメインはメキシコペソでの中長期的なスワップポイント狙いです!)

(4)本格的に上記の運用を始める前に、書物やサイト情報を参考に、少ない資金(1000通貨程度)で、楽天銀行FX等での試行を経て、ファンダメンタル(世の中の動き、トレンド)やテクニカル(チャートの見方やボリンジャーゾーン、RSIインディケータ等を自分自身で体感した上で設定)の2要素をマスターしてからの本格運用とする!

(5)最後に重要なことは、既に第3章でも書きましたが、FXでは特にグローバルな感覚(情報収集や大局的な判断)が重要であり、大きなトレンドを把握することによりリスクも減ります!

(大富豪のひっかけの取引にもだまされないように(笑)。)

(私の場合、ラッキーがあったのかもしれませんが、やはりその背景にはきちんと情報を収集し、世の中のトレンドに沿った運用をしており、仮に一時的に下がっても全くロスカットのリスクが無い運用をしており、逆に、ファンダメンタルファクターを踏まえて、また上がるまでに安く買えるチャンスだと信じて運用した結果が、これだけもの利益が出したのだと思います。)

 

 

 今回はここ迄です!

次回は7月下旬の(その10)、第5章の(後半)となります。

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒今回の5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、次回6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開予定

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒今回の7月上旬執筆&公開の(その9)第5章(前半)および、次回7月下旬(その10)第5章(後半)の2回に分けて執筆&公開予定

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒8月中旬の執筆&公開予定(その11)

           

 (一応、「ヒデクラの真の戯言」シリーズの「老後の資金増強」関連はこの目次の範囲くらいで終えることとし、その後はまた新たな 「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後に更なるオマケとして(笑)、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

サイトから既刊を読んだり、無料配信登録も可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その8)です!★☆★

すみません、6/27に一部、誤字・脱字のみ修正させて頂きました! m(_ _)m  基本的に内容自体は同じです、、、。

尚、今週末更新予定の次回の(その9)でも、その後のFXの順調な状況を最初にイントロで書かせて頂きます。どうぞご期待下さい!

 

 アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、「老後資産増強のコツ」シリーズの(その8)です!

 

 今回の(その8)第4章の後半は、6月中旬の予定より少し早めの更新です!

 その理由の詳細はこのあとお知らせしますが、目次予告の「年金関連」の後半のお話よりも、今回は既に第2章び第3章で解説済みのFX運用に関連し、急遽、この20年来の円安の中で私が儲けさせて頂いています、FX運用ノウハウの特別公開です!

 

  このところの私のブログは、フォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 では、早速今回の「老後資産増強のコツ」シリーズを始めることにしましょう。

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」のブログ内容】

 

今回は、当初予定の下記の後半部分である、

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

 は、最後に簡単に纏めるとして、予定を変更して、

急遽、今回の本題は、この大幅円安の流れの中での、私のFX運用のコツおよび実績のご紹介とします!

 長いですが、是非、最後までお読みください。

 

 前回、下記のように書きました!

「因みに、その後、米ドル高/円安が一時とまりかけて、また円高に戻るのかな、というような兆候もでましたが、既に第2章のFXのところでも書きましたように、私はあまり心配せずに、逆に米ドルが安くなれば、その時が米ドルを追加で買うチャンスくらいに考えてあまり心配していませんでした。 と言うのも、まだまだ大きな流れは円安ですので(笑)。そして、私のFXは円高になろうが、円安になろうがあまり関係なく、メインはスワップポイントですので、米ドルも金利高により、また少しスワップポイントが増えたのは、うれしい限りです!

 ただ、その後、予想通りやはり円高はあまり進まず、現時点また少し米ドル高/円安の流れが少し戻ってきているような感じですね。」

と。

 

 そして、この6月私の読みが大当たりして、米ドルとメキシコペソでのささやかなFX運用だけで、前回の5月末からこの2週間ほどの米ドルとメキシコペソの運用で、何んと確定利益が急にどんどん増えて、五十万円ほどの確定利益がでました! そして、今年に入ってからのFX運用だけで、確定利益は百数十万円にもなりました!(そして、まだ円安が続いていますので、含み益もまだかなりあります! 当然、メキシコペソは私の本来の運用でスワップポイント狙いで常に10枚(1枚10万通貨)ほどもっていますので!)

 何んだ、それだけの利益か、と思っている人もいるかと思いますが、これは私がこの1年間のFXへの投資額の2倍以上にも既になっているのです!!

(当初、定期預金から移した50万円でFX口座を開き、毎月定期預金のように余裕資金をFX口座に少しずつ増やしてゆき、それでメキシコペソを安い時に少しづつ増やしていっていました。そして、去年末あたりからはグローバルな動きから、米ドル高/円安傾向が見えてきていましたので、米ドルも数枚(1枚1万通貨)も買い出した次第です。)

 

 と、またまたイントロが長くなりましたが、早速、私のFX運用のコツ、ノウハウをお話をしましょう!

 今回は、FX関連の用語も結構出てきますので、FXに関してあまりご存じない方は、必ず、私の過去のブログ、特に(その1)~(その6)をお読みください。そうすれば、今回の(その8)の内容も良くご理解頂けると思います!

 

 

 【私の「老後資産増強」目的での、FX運用のコツ】

 

  以下、私のFX運用のポイントを簡潔に箇条書きで書くことにします!

 

1.余裕資金のみでFX口座を開設し、その後は、銀行への積み立て定期預金のかわりに、余裕資金を毎月FX口座に追加し、これで、メキシコペソ1枚(10万通貨)を安いときに買って、少しづつ増やしいった

⇒幸い当初5.5円くらいのペソが6.5円にも上がりある程度の含み益が出たときに売却し、その余融資金で、安い時にまた買い増す、の繰り返しで、ペソ通貨によるスワップポイントや含み益の確定で、FX口座資金が更に増加

 

2.去年末あたりに、資金も増えたので、米ドルの購入も開始し、メキシコペソと同様の運用の繰り返しで、ますます更に増えた。

⇒仮に下がってもFX口座の資金は余裕がある運用をしており、ロスカットの心配は全くなく、持っているだけでもスワップポイントがたまるので、かえって良いくらいの考え方で、よほどのことがない限りあまり売り買いはしない、中長期的な運用!

 

3.日銀総裁の発言や、米国等の動きから円安傾向は当面続くとの判断で、米ドルの枚数を増やしていたところ、やはり円安になりある程度の含み益が出た段階で、割り切って売却そして、少し円高に戻ったときに、また追加で買って、ある程度高くなったときにまた売るという運用で、確定利益が急増

 

4.というように、メキシコペソと米ドルだけの中期的な運用だけで上記の確定利益が出た次第です。

⇒しかし、これには、以下の重要な前提があります!

 

(1) 余裕資金での運用

(2)上がり下がりはあまり気にしなくてもよいように、レバレッジも10倍以下に押さえ、かつ、証拠金の3倍(300%)は常に確保しての運用。

(3)少ない資金で運用でき、かつ、持っているだけで含み益がかなり増えるメキシコペソでの運用がメイン

⇒昨今の米ドル高で、その後短期的な米ドルでの取引も開始。ただし、あくまでもメインはメキシコペソでの中長期的なスワップポイント狙い

(4)本格的に上記の運用を始める前に、書物やサイト情報を参考に、少ない資金(1000通貨程度)での楽天銀行FX等で試行を経て、ファンダメンタル(世の中の動き、トレンド)やテクニカル(チャートの見方やボリンジャーゾーン、RSIインディケータ等を自分自身で体感した上で設定)の2要素をマスターしてからの本格運用。

(5)最後に重要なことは、既に第3章でも書きましたが、FXでは特にグローバルな感覚(情報収集や大局的な判断)が重要であり、大きなトレンドを把握することによりリスクも減ります!

(大富豪のひっかけの取引にもだまされないように(笑)。)

⇒私の場合、ラッキーがあったのかもしれませんが、やはりその背景にはきちんと情報を収集し、世の中のトレンドに沿った運用をしており、仮に一時的に下がっても全くロスカットのリスクが無い運用をしており、逆にまた上がるまでに安く買えるチャンスだと信じて運用した結果が、これだけもの利益が出したのだと思います。

 しかし、ここで重要なのは、仮に円高になっていなくても全くリスクはなく、米ドルやメキシコペソを持っているだけでも自分のFX口座の含み益(特にスワップポイント)がどんどん増えており、今度また円安になったときに売ればよい、という自信があったことです。

 決してFXは、巷でいわれているような、ギャンブルではありません!

 

 そして、最後にひとこと、年金関連の続き(後半)として、

年金もFXと同様です。自分自身で正しい情報をつかんで、前半でも書きましたように、世の中の公開情報を鵜呑みにしないようにして、自分自身の判断で対応(手続き)することが重要です!

(決して、国や他の人の言動を鵜呑みにして、振り回されてはいけません!年金も知らないと損をすることが沢山ありますので!)

 これで、第4章を終えます!

 

 

 次回は7月上旬の税金関連の(その9)第5章となります。

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒今回の5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、次回6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開予定

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒7月上旬執筆&公開予定(その9)

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒7月下旬執筆&公開予定(その10)

           

   (一応、老後の資金増強の「ヒデクラの真の戯言」シリーズ

    は、このくらいで終えることとし、その後は、また新たな

    「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後にオマケで、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

既刊を読んだり、無料配信登録が可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その7)です!★☆★

 

 皆さん、5月下旬の更新が遅くなり、お待たせしました。

何とか、ぎりぎり5月中に更新できました!

 

 アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、実践「老後資産増強」講座の(その7)です!

 

  私のフォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も「老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 早速今回も、「老後資産増強のコツ」シリーズを、目次(本ブログの下のP..S..のところ御参照)に沿って.始めることにしましょう。

 

 前回は(その6)第3章でFXでも何でも「グローバルの意識」が資産増強に役立ったという話をしました。

(因みに、その後、米ドル高/円安が一時とまりかけて、また円高に戻るのかな、というような兆候もでましたが、既に第2章のFXのところでも書きましたように、私はあまり心配せずに、逆に米ドルが安くなれば、その特に米ドルを追加で買うチャンスくらいに考えてあまり心配していませんでした。まだまだ大きな流れは円安ですので(笑)。そして、私のFXは円高になろうが、円安になろうがあまり関係なく、メインはスワップポイントですので、米ドルの金利高によりまた少しスワップポイントが増えたのは、うれしい限りです!

 ただ、その後、やはり円高はあまり進まず、現時点また少し米ドル高/円安の流れが少し戻ってきているような感じですね。この先日本はどうなるんでしょうかね~?)

 

 と、またまたイントロが長くなりましたが、早速、今回の(その7)第4章として、ちょっと皆さんが知らないような「年金」関連のお話をして、その上で「年金」と「老後の資産増強」との関連のお話をしましょう!

 今回は、ちょっとクイズ形式で、皆さんの年金関連の知識を確認しますよ! 楽しんで、お読みください。

(今回の第4章も長くなりますので、第4章は、今回の(その7)前半と次回の(その8)後半の2回に分けてお送りします!)

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」ブログ内容】

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

 

 4-1. 皆さんがあまり知らない年金の常識

 では、年金関連の用語の知識確認から始めます!

 下記の用語をあまり知らない方は、知らないうちにかなり損をしている可能性があるかも?!

 

(1) 特別老齢厚生年金とは?

これはご存じですよね? これも年金の受給申請をしないと全くもらえない年金ですが、対象者の生年月日に制限があります。

 以前、年金制度が変わり、年金の支給開始年齢が60歳から65歳になった際に、経過措置として、対象の生年月日(つまり、60歳から65歳の間で年金をもらえる対象者)が受給できる年金ですが、基礎年金部分等は、65歳からの支給となりますので、65歳まではその分が少ない支給額となります。

 この対象者は生年月日により異なりますが、対象者には受給できる年齢の誕生日前に手続き用の書類が年金機構より届きますので、これに対して正式に申請すれば「特別老齢厚生年金」がもらえますが、申請しないと全くもらえません!

 尚、「特別老齢厚生年金」は、経過措置としてもらえる年金ですので、通常の65歳からの年金と違って、「あとからもらうような方法」でその分の金額を増やす」ことはできません。尚、65歳の時に、それ以降の正式の年金を、先のばしにするか否かを選択可能です。

 よって、この年金は貰わないとと損な年金ですが、老齢基礎年金の受給資格等に加えて、年齢の条件があります!

因みに、現在まだ60歳になっていない男性は全て対象外です。昭和36年4月1日以前に生まれた人のみが対象です。ただし、女性は5年間分、男性よりも対象の生年月日が遅くても対象となっており、例えば、今年60歳(昭和37年生まれ)となる女性の場合、「特別老齢厚生年金」は、63歳から受給できます!

 対象者は、該当年の誕生日前の年金機構からの書類を忘れずにチェックして申請してください。

 また、60歳を過ぎても今も会社で働いており、かつ、厚生年金保険料を払っている人は、この特別老齢厚生年金を申請してもらえるとしても、現在の給与額により、受給年金額が減額されますので、ご注意ください。

 ⇒実はあまり知られていませんが、これに対しては、既に私も対策を実施しており、働きながら、年金を全額受給できています!

(例えば、「特別老齢厚生年金」が貰える63歳前まで会社で働き、63歳以降は会社を辞めて、フリーランスとして業務委託契約で働く、等々です。)

 その具体的な対策の背景は、以下です!

 ⇒それは、厚生年金対象の会社で社員として働くのではなく、フリーランスのように、自分の専門分野を武器に(例えば、「ドクターXの大門未知子」のように(笑)!)、業務委託契約等で会社と契約して報酬をもらって働く労働形態であれば、いくら稼いでも、全く年金の減額対象にならないのです!

(詳細は、多分、巷のネット等で調べるとおわかりになるかと思いますが、年金ネットからでは、このことは明確にはわかりませんので、詳細は、別途、年金事務所等にお問い合わせ下さい。)

 

 

(2) 加給年金とは?

⇒これはあまりご存じないでしょう!

これは配偶者の年齢があなた(年金受給者)より若い場合にのみ対象となる年金です! 本当です(笑)。 配偶者があなたより年上だとダメです。

これも他にもいくつか条件はありますが、たとえば、あなたが65歳になり厚生年金に加えて基礎年金をもらえる歳になり、その段階であなたの配偶者が60歳であれば、あなたの配偶者が65歳になって年金受給が始まるまで、あなたの年金には、「加給年金」と称して、これも生年月日により金額は異なりますが、約22万円~39万円/年(特別加算分含む)もの年金があなたの厚生年金(基礎年金含む)に付加されて支給される年金です。よって、「加給年金」と呼ばれています!

 

⇒そして、配偶者が65歳になって年金が受給できるようになると、この「加給年金」はどうなるのでしょうか?

 その後は、この「加給年金」は配偶者の年金に「特別加算」として加算されて支給され、あなたの受給年金からは「加給年金」分はなくなります。尚、「加給年金」のことは、あまり年金ネットにも書かれておらず、また配偶者が年金受給開始となった場合に、「加給年金」分が全額「特別加算」として配偶者の年金に加算されるのかどうかも、私もまだ検証出来ていません。詳細不詳です!

(これは私の配偶者が年金受給を開始し、「特別加算」を受給できるようになった際に確認したいと思っています! 名前からして、加給年金額全てでなく、特別加算分のみの加算になるかもしれませんね~。)

 

 

 と言うことで、年金のたったこれだけの情報だけでも長くなってしまいましたが、まだまだ年金に関して、我々が知らない、それで損していることが多々あるのです!

 

 と言うことで、長くなってきましたので、この続きは次回(その8)後半としますが、最後に一言重要なことをお伝えして、終えることとします!

それは、投資でも、年金でも、何でも同じですが、要は何も知らないと損をすることが世の中多く、また、何んでも自分自身で確認&検証することが重要であり、それが「老後の資産増強」につながると言うことです。

 例えば、これまで皆さんが「危険がと言っているFX」で、私は「FXは決してギャンブルでない」と言い切れるのも、自分自身が実際にFXをやって身をもって感じている、更に実績が出ているからなのです!

 

 では、この続きは次回の(その8)後半となります!

今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒今回の5月下旬執筆&公開の(その7)前半および、次回6月中旬の(その8)後半の2回に分けて執筆&公開予定

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒7月上旬執筆&公開予定(その9)

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒7月下旬執筆&公開予定(その10)

           

   (一応、今回の老後の資金増強の「ヒデクラの真の戯言」

    シリーズは、このくらいで終えることとし、また新たな

    「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後にオマケで、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

既刊を読んだり、無料配信登録が可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その6)です!★☆★

 

 皆さん、お待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、実践「老後資産増強」講座の(その6)です!

 

  私のフォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も老後資産増強の

コツ」シリーズです。

 

 では早速今回も、「老後資産増強のコツ」シリーズを、目次(本ブログの下のP..S..のところ御参照)に沿って.始めることにしましょう。

 今回は、前回の(その5)第2章のFX関連の話題に続き、新たな(その6)第3章です。

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」ブログ内容】

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

 

 3-1. 前回のFX投資のその後の補足(イントロ)

 前回はたまたま興味を持って始めたFXで、少しづつの資産(味見)からFXを始めて、結果的にその後に老後資産増強のFX運用の仕方を習得したと言うお話をしました。

 また、その後も順調に老後の資産増強にむけてFX運用が順調に進んでいると言うお話もさせて頂きました。

 

 ここで、本題に入る前に、昨今の米ドル高(と言うよりも円安)で、

本来の長期的なメキシコペソの運用に加えて、米ドル/円の取引も短期的な取引として新たにトライし、幸いこの1月から5月に掛けて少し儲けさせて頂だいたお話を少しさせて頂きます!

 これにより更なるFX口座でのメキシコペソの長期運用に向けての資金が更に増えましたので、このあたりの実績を少しお話してから、今回の本題の「グローバルの意識」のテーマに入ることにします。

 

 3-2.昨今の円安傾向への対応および、その結果

 少し前の年末年始からこのところの米ドル高(と言うよりも円安)に掛けて、米ドルのFXもはじめ、何度か売り買いをしたり、持ち玉を増やしたり減らしたりして、今もまだ米ドルを少し(1万通貨で数枚分の持ち玉)持っていますが現在の結果としては、確定利益で30万円程度、現時点(5月6日金曜日の夜時点)での米ドル持ち玉での含み益は約10万円と、未だわずかですが、米ドルへのFX投資額(1枚5万円程度を10枚)にしてはそれなりに着実に利益がでている方だと思います。

 

 そして、ここからが重要であり、今回のテーマにつながるのですが、上記のようなFX初心者の私が利益を出せた理由は、以下です。

 

(1) 今回のFXでの米ドル/円の利益は、金利引き締め等による米ドル高もあるが、これは日本の政策により円安になっているところが大いに背景にあると、このところの動きから掴み、多少の米ドル安になっても心配せずに、一時米ドルが下がったときに安く買い増し、ある程度米ドルが上がった段階で、いったんすべて売り、また少し安くなった時に買って、高くなったときに売るということを、このところの米ドル/円の動きの中で何度かゆっくり取引をした結果なのです。

 

(2)そして今現在もまだ米ドルを数枚(数万取りドル)持っていますが、まだしばらくは円安が続くと踏んでおり、多少の米ドル安にも心配せず、しばらくは持ち続けるつもりです。
(それは、多少の米ドル/円の上下はあっても傾向としてはまだまだ円安が続くと考えているからです。)

 よって、多少米ドルが下がっても私自身は全く問題無く、そのまままた米ドルが上がるまで持ち続け、あまり欲をださずにあるタイミングで売るだけです。理由は、米ドルのスワップポイントは少なく、私の本来の中長期的な老後資産増強の為のFX運用では無いからです!

 

(2) では、どうしてまだまだFX初心者の私が短期的なFX運用で利益が出せたのでしょうか?

 それは、日本の動きだけでなく、今回のテーマである「グローバルの意識」をもってFX運用をしたからです。

 つまり、以前に書きましたテクニカルファクターだけでなく、ファンダメンタルファクター(特に、日本でなく海外の動向や海外の投資家の動きも意識して、彼らのフェイクにだまされないようにする。また、大きな世の中の流れ、特に今回は日本の政府や日銀の対応を意識して、一時的に米ドルが下がってももまた上がると信じての運用が功を奏したからです。

 ある意味、私はラッキーだったのかもしれません。しかし、たとえ世の中の動きが逆行して円高になっても、全く問題ないFX運用をしていたので、全くロスカットの心配はありませんでした。

(この運用の仕方の詳細は、前回の(その5)をお読みください。)

 それで、私の考え方の背景として、今回の本題につながってきます。(イントロ以降が長くなってしまい、すみません!)

 

 

 3-3.老後の資産増強に向けての、FX取引での「グローバルな意識」の重要性

 皆さん、「それはFXでなくても、株でも何でも資産運用では重要だ!」と、おっしゃるかもしれません。

 しかし、それは、少し間違っています。

私は既に日本の株取引も経験していますので、よくわかります。

 FXについては、良くテクニカルファクターだけでなく、ファンダメンタルファクターも重要だ、と言われます、それは正解です!

 しかし、ここで言うファンダメンタルファクターとしては、米国の雇用統計や金利政策等々の公開情報なんですが、私の場合は少し異なります。

 

 良く、為替の動きは、大きく3つの要素でこれまで動いているといわれています。

 基本的には、「購買均衡説」、「金利均衡説」、そして更に「政治的なファクタ」の3点と言われており、確かに今回もこれがベースでの米ドル高、円安になっているのでしょう。

 よって、米国や日本の金利政策の発言により、米ドルが少し前に一時的に下がったという事実もあります。

 

 しかし、私はこれらも当然参考にはしますが、今回の米ドル高は、円安の要素がかなり大きく、実際、メキシコペソ/円等の他の通貨が米ドルの上下に関係なくすべて高くなっており、これは米ドル高というよりも円安の要素が大きいと私はこれまでの「グローバルの意識」から感じ、特に日本の日銀総裁や政府の動きを中心にグローバルな中での日本の動きに注目し、日銀総裁が辞任する、あるいは考えや施策が変わるまでは、しばらくは円安が続くと中長期的な判断をしたからです。

 実際、ここまで円安になるとは思っておらず、少し米ドル高になった段階で、リスクヘッジもあり、いったん売って利益確定させました。

 しかし、私にとっては嬉しいことに、米国の動きを受けてまた少し米ドル安になりましたので、そのときに新たにまた米ドルを少し買うとやはりまた米ドル高となり、これを繰り返すうちに確定利益が上記のように増えてきた次第です。

 今回の米ドル取引は、私にとってラッキーだったのかもしれません。しかし、早くから「グローバルな意識」をもって、米国だけの動きにとらわれずに、自分の感覚を信じて、かつリスクヘッジもした自分なりのFX運用が功を奏したのでしょう。

 既に書きましたように、今回の米ドルの短期的な売り買いは私の本来のFX取引ではありません。しかし、FX取引において、これまでの私の海外生活や「グローバルな意識」が役立ったことは否定できません。これまでに日本株の取引をしているときには、あまりこのようなことは意識しません(影響しません)でした。

 

 一方、私の現在のメキシコペソのFX運用では全くリスクがなく、外貨預金のような運用となっています(笑)。

 しかも、外貨預金のような高い手数料は取られず、かつ、スワップポイントもかなり得られますので、これは私の「老後資産増強に向けてのメインの運用」となっています。

 よって、皆さんFXは危険だ、ギャンブルだと言いますが、FXは運用の仕方によっては決してそのようなことは無いと、私は断言できます!

 一方、私は多少ギャンブル的なことも好きであることは否定できません(笑)。よって、米ドルでは多少ギャンブル的な中長期のFX運用もしている次第です。

 

 ただ、今回この第3章で私が言いたかったことは、老後の資産増強目的でFXを始める場合には、既に前回の(その5)で書きました内容に加えて、単にテクニカルファクターのみに頼ることなく、ファンダメンタルファクターも当然参考にした上で、「グローバルな意識」を持って、日本がどのような動きをしているか、そして、世界の投資家(金持ち、富豪)がどのような意識、動きをしているか、を理解する(フェイクにだまされないように先読みする)ことが重要だということです。

 FXにおいては、日本のマーケットは世界の投資家から見て小さいですが、欧米や日本の動きは、他通貨の取引でも当然重要となりますので、世の中の大きな動きをつかむこと、つまり「グローバルな意識」が重要だと特に感しています。

 これはFXだけではありませんが、特に今回の円安の動きのなかでこのFX取引での「グローバルの意識の重要性」を痛感した次第です。

 

 

 では、また長くなってきましたので、今回はこのくらいとしましょう!

(前回の(その5)を読まれておられない方は、必ず(その5)もお読みください!)

 次回は、P..S..のところの目次(案)に沿って、少しFXから離れて「投資の重要性と年金との関連」を、5月下旬に(その7)第4.章でお話させて頂きます。

 

 

 では、今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒(その3)で、3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒今回、(その6)で5月上旬に執筆&公開済み

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒5月下旬執筆&公開予定(その7)

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒6月中旬執筆&公開予定(その8)

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒7月上旬執筆&公開予定(その9)

           

   (一応、今回の老後の資金増強の「ヒデクラの真の戯言」

    シリーズは、このくらいで終えることとし、また新たな

    「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後にオマケで、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

既刊を読んだり、無料配信登録が可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その5)です!★☆★

 

 皆さん、またまた、長らくお待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、実践「老後資産増強」講座の(その5)です!

 

  私のフォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズを、このブログで2022年2月頃から開始しており、その名も老後資産増強の

コツ」シリーズです。

 

 では早速、「老後資産増強のコツ」シリーズを、(その2)で書きました目次に沿って、始めることとしましょう。

 今回は、前回の(その4)の2.章で書けなかった部分、特にFX関連です!

(前回、(その4)を未だ読まれておられない方は、先ずは(その4)を読まれてから、このブログを読まれますと、より理解度が深まりますよ~。)

 

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」ブログ内容】

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)の続き(後半)

 

 2-4 わたしがFX投資を始めたきっかけ

 前回は私が株を始めたきっかけや「老後の資産増強」の観点かたの私の株投資の仕方、運用の仕方を解説させてもらいました。

 私の運用の仕方でも着実に配当金等での資産は増えていっていますが、これだとタネ銭(毎月投資額)の少ない私の投資額ではやはり配当金の総額もまだまだ少ない、という状況が続いていました。

 ちょうどその頃、出張先の関西で「資産運用EXPO関西」と言うのがあり、無料での参加で色々な方の面白そうな(役に立ちそうな)話が聞けるということで、即申し込んで、いくつかの株関連のセミナーを聴講し、これはこれで大変参考になりました。

 そしてそのあと、展示会場内を散策していると、ある証券会社のブースでFX関連の説明があり、その時は世の中で言われるリスクも感じて、まあだあまり関心がありませんでした。

 しかし、その後FXに興味を持ち、少しづつの資産(味見)からFXを始めて見ることになったので。(結果的に良かったです!)

 さすがにFXは危ないと噂で聞いていましたし、そんなに投資する気もなかったのですが、いつものごとく自分なりに古本屋(Bookoffのことです)で、FX関連の書籍を何冊も買って読んで勉強しているうちに、通貨毎の金利差による利益(スワップポイントといいます)が、通貨を持っているだけで貯まるということで、これが老後の資産増強に向けて良いのではと興味をもって、まずはFX口座を開くことにしました!

 そして、早速少額(メキシコペソで1000通貨)から、実際の取引を始めて見ました。その証券会社のFX口座はレバレッジ(投資額の何倍まで買えるか、いうイメージです。現在日本ではレバレッジ25倍まで可能となっています!)を、低く5倍で設定し、取引を開始しました!

 結果、タイミングもよかったのか、長期保有戦略(スワップポイント狙い)ながら、いくばくかの短期の売り買いも加え、その後半年ほどで、FX口座の資金が1.5倍の7万5千円程になりました!

 それで、その後、南アフリカランド通貨も追加で投資購入し、今も運用益を少し出しつつその味見のFX口座でもスワップポイントを稼いでいます。

 まあ、元の投資が5万円程度の味見レベルですので、わずかばかりの利益ですが、これでかなりFXの運用ポイントが見えてきました。

(これは、このブログの次のセクションでも詳しく解説いたします!)
 

 

 2-5.その後の本格的なFX投資で大幅FX口座資産増へ!

 私のFX投資経験はまだまだ続きます。上記は、ほんのイントロです!

 その後、このFX味見の経験や、更なる古本での勉強で本格的にメキシコペソ(10万通貨単位)でのFX取引を、新たに別の証券会社で始めました。

 その時には、それまで毎月定期預金に充てていた資金を、このFX口座に毎月投資し、ロスカット(証拠金不足)にならないように慎重に少しづつメキシコペソの購入枚数を増やしてゆきました。

 そして、これもタイミングが良かったのか、順調にメキシコペソの枚数(1枚10万通貨単位)が増えて、スワップポイントがかなりたまるメリット以外に、結構高くなった時に売り、自分の持ち通貨の平均より安くなった時に買う、という中期的な取引によっても、更にFX口座の資金が増えてゆきました!

 この資金をもとに更にメキシコペソを買い増し(複利の考え方での再投資です)、今では上記に書きました味見のFX口座同様に、このFX口座も、資金が1.5倍くらいになりました!!

(因みに、このFX口座では、メキシコぺでは現在80万円くらいの余裕投資資金で運用し、10万通貨をが10枚以上まで増やしており、これは長期保有するつもりです。

(1枚3万円ですので、80万円で10枚程度の保持であれば、必要証拠金30万円の2倍以上の余裕がある運用です!!)

 

 また、幸い短期の売り買いによっても、確定利益がかなり出てきて、すぐに100万円を超えました。よって、この余裕資金で、更に昨今、米ドル高(円安)の米ドル(1万通貨)も数枚中期取引で購入し、やはりあまり欲を出さずに(米ドルはメキシコペソほどもスワップポイントが高くないので!)短期での売り買いで、これも円安の流れのおかげもあり、米ドルだけで、数十万円の確定利益が出ました!

 よって、今ではこのFX口座への投資資金(確定利益分を含む)は、これまでの株への投資総額(約200万円)を、わずか1年足らずで既に大幅に超えています!

(ただし、FXの利益はNISA対象外ですので確定申告が必要です。

私は、毎年の自分のフリーランス報酬の確定申告の際に、株に加えてFXも確定申告に加えて実施しています。因みに、昨年は株取引で10万円くらいの売却損があったのですが、これは来年(今年度)の確定申告の際に控除されますので、少額の取引でも必ず申告すべきだと思います。)

 
 

 2-6.老後の資産増強に向けてFX投資で重要なポイント

 今回も長くなってきましたが、では、ここで、皆さんお待ちかねの私の老後に向けての資産増強でのFX運用の仕方(ノウハウ!)を少し書いて、今回のブログを終えることとしましょう!

 

 ここでは、わかりやすく簡潔に箇条書きとします(笑)

(1) 株で身に着けたチャートの見方や運用の仕方がこのFXでもすごく役立った!

⇒チャートの見方を知らない人は、最低「ローソク足」の意味や、更には「ボリンジャーバンド」の意味を、是非、次回のブログまでに勉強しておいてください。

 

(2) 必ず余裕資金で運用し、利益がでても引き出さずに、ひたすら再投資すること!

⇒定期預金をしている人は、定期預金のつもりでFX口座に毎月投資して行き、かならず余裕をもって外貨を購入運用し、もし追加購入できる利益が出た場合にだけ追加で購入し、それ以上の購入は次のFX口座への定期預金入金(笑)まで購入したくても買わないことが重要です。

 

(3) FXで運用する通貨選択は、少ない投資資金でも運用でき、かつスワップポイントの高い、メキシコペソのような通貨とすること!

⇒皆さん良くFXで売買している米ドルやユーロは、今回の円安の動きでもわかるように少ない資産での運用ではリスクがあります。

逆の言い方をすると、FX口座に、あまり投資資金(タネ銭)のない人は、レバレッジが低くなるようにFX運用を始めることです。

(例えば、10万円の資金で、米ドルを1万通貨運用するのと、メキシコペソを同じ1万通貨運用するのでは、約125万円の運用と約6万円の運用となり、それぞれレバレッジが、12.5倍と0.6倍となり、同じ10%の為替の変動でも、12.5万円の変動と6千円の変動の違いとなることをよく理解すること。つまり、10万円程度の投資で、米ドルを1万通貨買うと、10%下がると、すぐにロスカット(証拠金不足)になる可能性があり大変危険ですが、メキシコペソであれば、ほとんどそのようなリスクがなくなります。)

 要は、ロスカットにならないような投資の仕方をすることが、「老後のための長期的な資産運用」では大変重要となります!

 

(4) 最後に一番重要なのは、自分資産運用の戦略、計画を持つこと!

⇒これFX取引においても、私が一番重要視していることです。

つまり、老後迄大切な資産をロスさせずに着実に増やしてゆくために、安易に他の人の意見やアドバイスを鵜呑みにせず(もちろん、参考にするのはOKですが)、自分なりに以下の2点を良く理解した上で、自分なりの戦略をもって、長期的な観点から資産運用することです。そうすれば、FXは全くギャンブルではなくなります。

(海外のカジノで結構負けた(笑)この私が、自分自身のこれまでのFX取引経験から言えることです!)

1) いつころまでにFXでどのくらいの老後資金を貯めたいか、またそのために、毎月いくらの余裕資金を投資(定期預金をためるように)できるのか、をまず明確にした上で毎月の投資額を決定すること。

2) 株取引等の経験が無い人は、先ず書物で勉強し、さらに少額で運用(例えば、メキシコペソ1000通貨単位をレバレッジ5倍にて)し、徐々に購入枚数を増やしてゆくこと。そうすれば、この期間で、自分なりにFXと言うものの本質を理解することでできると思います。

 その上で、メキシコペソ以外通貨での運用も可能ですが、そのためには特に米ドルの動きや世の中の動きも良く理解する必要があります。(この理由は、次回の(その6)の3.章で解説します。)

 すなわち、FX取引には、グローバルな感覚(ファンダメンタル要素)とテクニカルの知識(チャートの見方、理解の仕方)の両面が複雑に絡んできますので、簡単ではありません。

(実際、私も他通貨に安易に手を出し、失敗した(確定利益が減った)痛い思いをしたこともあります。)

 私のこれまでの色々な海外での生活経験をもとにしたグローバルの観点(ファンダメンタル視点)や、株取引で経験したチャートの見方、分析の仕方(テクニカル視点)の両方がFXではより重要になるのだと、昨今の大きな円安の流れの中でも、特に身をもって感じています。

 

 では、長くなりましたので、このあたりの詳細は、来月の(その6)のブログをお待ち下さい!

 

 

 

 では、今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

(次回は(その6)は、P.S.のところの目次(案)に沿って、5月上旬の(その6)3.章となります。)

 

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒前回の4月上旬の前半(その4)、および今回の4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開済み

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒5月上旬執筆&公開予定(その6)

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒5月中旬執筆&公開予定(その7)

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒6月下旬執筆&公開予定(その8)

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒7月上旬執筆&公開予定(その9)

           

   (一応、今回の老後の資金増強の「ヒデクラの真の戯言」

    シリーズは、このくらいで終えることとし、また新たな

    「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後にオマケで、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

既刊を読んだり、無料配信登録が可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -

 

 

  ★☆★ 新シリーズブログの(その4)です!★☆★

 

 皆さん、こんにちわ。長らくお待たせしました!

アマゾン電子書籍でおなじみの多門院 英蔵こと、ヒデクラです。

今回は、実践「老後資産増強」講座の(その4)です!

 

  私のフォロワーやメルマガ【実践留学道場】の読者の方は既にご存知のように、新たな「ヒデクラの真の戯言」シリーズをこのブログで開始しており、その名も老後資産増強のコツ」シリーズです。

 

 では早速、「老後資産増強のコツ」シリーズを、(その2)で書きました目次に沿って、始めることとしましょう。

 前回の1.に引き続き、今回は、2.です

 

 【今回の「老後資産増強のコツ」ブログ内容】

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 

 

 2-1. イントロ

 

 前回、老後の資産増強に向けて一番重要なポイントを書きましたが、覚えておられるでしょうか?

 それは、 一般に「危険だといわれて一般に避けられている投資」に目を向けくことなのです!

 先ず、これを少し補足してから、今回の2.の本題に入ることにしましょう。

 良くFXのことをギャンブルと表現する人もいますが、投資はギャンブルとは全く異なり、”正しい運用の仕方をすれば”凄く良い投資方法になります。 

 それは、海外でカジノ、ギャンブルを数多く長年経験した私が身をもってその違いを感じています。そして、昨今は、誰でもローリスク、ローリターン(あるいは、ミドルリターンも可能!)で投資できる環境、インフラが整っており、誰でも何歳になっても、その方法さえきちんと理解すれば、安全に投資できるということが、定年後のここ数年で自分自身の体験が実証しています!

(この詳細や理由は、今後このブログの中で実際の損益も含めて、順を追って書かせて頂きたいと思っています。)

 

 実際、投資に関しては、国もNISA等で税金面で優遇し、投資による個人の資産増強の支援をしていること自体が、今の日本の投資による資産増強が必須(そうしないと年金だけではNG!)であることを立証しています!

 

 では、初心者は投資として、何を始めるのが、「老後の資産増強」によって一番良いのでしょうか?

 それを、今回および次回のブログで、「2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)」と題して、ご説明しましょう!

 

 

 2-2.定年前後に投資を始めたきっかけは? 

 既に皆さんもご存じのように、最近は、投資が話題になっていますが、その背景として、年金だけでは老後は十分な生活ができないとか、物価の上昇に比べて低い今の定期預金金利では全く資産が増えないばかりか、かえって目減りする、等々の話がいたるところで聞こえてきているからです。

 しかし、わたしが定年になる前は、そのような話は全くなく、私は自分のもらえる年金額すら定年直前まで把握していませんでした!

 そもそもの株投資のきっかけは、確か定年前に持ち株会で貯まっていた株を現金に換えた(精算した)際にそれなりのお金が入ったことで株というモノに少し興味を持ったのがきっかけだったと思います。

 それまでは、自分が勤めていた会社の株の上下にもあまり目を向けていませんでしたが、それをきっかけに身近なヤマダ電機の株を初めて買いました。

(もともと、会社の株は野村証券だったのですが、野村證券では全く株の売買はやっておらず、口座がある、というだけでした。しかし、丁度その頃に楽天銀行の口座を開いており、樂天証券の口座もネットからすぐに開けました!)

 そして、一番最初に買ったのが既に書きましたように、自分が良くパソコン関連の商品を買うヤマダ電機であり、その理由は株主優待券が100株保有者でも貰えることでした。その当時のヤマダ電機の株価は今夜も少し高かったですが、確か5万円ほどで、割と手軽に100株買えて、500円割引の株主優待券も数枚貰えたと思います。

 ただ、配当金が貰えることはほとんど意識していませんでした。

しかし、これが私が株式投資に本格的に取り組むきっかけになったのです。

 配当金が振り込まれる時期になると、例えば5万円ほどの株価で、4%配当の会社の株あれば、2000円ほどのお金が証券口座にふりこまれます!

 そこで、優待券もいいですが、配当金も良いことがわかり、その後もヤマダ電機の株を少しずつ買い続け500株まで増やすともに、他のもっと配当率の良い5%程度の銘柄の株で手頃な金額のモノ(例えばUFJも確か5、6万円で100株買えたと思います)を買うとともに、株投資に関しての色々な情報もわかってきたのです

 例えば、ある程度の株をもっていると優待券のかわりに色々な商品をカタログから選んで貰える会社や、会社により配当率がかなり異なることもある、等々が。

 また、配当金は、会社の業績や株価にも関連するので、株の売買はしなくても、株価に興味を持つようになり、最初は全く株価のチャーの意味も良くわかりませんでしたが、今では、ロウソク足の意味や、更に移動平均、ボリンジャーゾーン等々、株価の動きを詳しく見ることもできるようになりました。

 そして、この知識は株の売買に役だったとともに、その後にFXを始めた際にもこの株で学んだチャートの見方は、為替のチャートの見方にも応用が利いたのです!

 

 そして、もうひとつ重要なことがわかりました!

 

 それは、配当金から20%以上もの税金が源泉徴収されていることでした!

 そして、これを避けるためにはNISA口座を開けば年120万円までは株の売買益や配当金に税金がかからないことがその後にわかり、その翌年には即、楽天証券でNISA口座を開きました!

 それは2021年でしたので、それまでNISAについて関心が無く、NISA口座を開かずにちょっと損した気がしました。というのも、その当時NISA口座は2023年におわると言われていたからです。

 しかし、NISA口座の有効年が伸びることになり、2021年の分は2025年まで無税、最後の5年目の2025年に購入の株の売買益や配当金は、2029年まで無税となることになりました。

まだ早めにNISAのことを知って、良かったです!

(そして、この楽天証券でひらいたNISAが、その後の投信信託への投資の際にも活用できています!)

 

 というように、私の株式投資は、定年後に本格的にはじまるとともに、私の株投資の知識もどんどん増えてゆきました!

 因みに、私の株投資歴は定年になる頃からですので、もう5年ほどになりますが、本格的に始めたのは数年前であり、今は配当率が高い銘柄や優待の良い銘柄をいくつも持っており、これらを

合計するとNISA口座や特定口座(税金が源泉徴収される口座)の株数を合計すると4000株(時価、200万円)ほどになっています。

 しかし、これだとまだまだ配当金も少なく、老後の資産としてはまだ不十分です。

(株投資は、今後も継続して少しづつNISA口座を中心に増やして行きます!)

 

 

 2-3.老後の資産増強に向けて株投資で重要なポイント

 私の株投資は、あまり株価の上がり下がりを気にしていません.逆に安い方がいっぱい買えて良いくらいです(笑)!

 その理由は既にご推察のように配当金を貯めて、そのお金で更に株を追加購入して、更に配当金を増やすとい長期目的での運用だからです。

 今の世の中、日本の株でも割と安くて配当率の良い会社が一杯あります。よって、それなりにつぶれそうで無く、配当率の良い会社の株に絞ってすこしづつ株数を増やしてゆくのが、私の株投資における老後資産増強のポイントです。

 よって、株が少しぐらい上がろうが下がろうが、あまり気にしていません。ただ、安いときには買い、また、その株価が極端に上昇し、今後数年間の配当以上の利益が出そうなときには売ります!

 と言うのはその売却益で更に安い株をたくさん買うほうが、配当金がもっと加速度的に増えるからです。

(ただ、ここで注意しないといけないのは、NISA口座の株は、売ってもいったん買ったNISA枠からはずれず、その分の買い増し枠が無ければ、特定口座でしか買えません!よって、私の運用戦略はあまり上がり下がりが無く、配当金が良い会社の株はNISA口座で、上がり下がりが結構あったり、株主優待があっても配当金があまり多くない会社の株は特定口座での運用としています!

これは株価の売買が理由だけで無く、株主優待には配当金と違って税金がかからない、20%の税金を引くことができない、からです。)

 

 というような形の運用ですが、ここで注意して頂きたいのは、この私の株投資はあくまでも毎月の余裕資金での運用となっていることです。よって、上がり下がりを気にせずに、長年保有することが可能な理由なのです。

 幸い私は定年後もIT関連のフリーランスとして働いており、それなりの収入や年金も貰っていますので、生活資金は家内に渡しているものの、そのあまり分は、従来の定期預金から株投資にすこしづつ移動しています!(銀行の定期預金はほとんど増えず、株投資の方が確実に貯まることがわかったからです。)

 因みに、某銀行株に10万円のほど投資して株を買った方が、その10万円をその銀行に定期預金で預けるよりも何百倍もの利益、資産増になります!

 お金を増やしたければ、銀行は、その銀行に定期預金を預けるところでは無く、その銀行の株を買うべき対象なのです(笑)

 

 

 簡潔に書くつもりが、いつものように長くなってきました。

当初始めた株投資の話が長くなりましたので、今回はこのくらいとし、その先のFXへの投資の話や、投資信託の話は次回としましょう!

 因みに、分散投資ということで、”金”積み立てはもうかなり前から少しずつ貯めており、昨今の金の価格高騰だけでなく、金は少しづつ値上がりしていますので、金積み立ても老後への投資として良いかと思います。

(しかし、金の価格自体は誰も予想できず、また、次回書きますFX投資のようなスワップポイントもたまりませんので、証券会社の人が進めるような金の先物取り引きは、私は一切やっていません!余談。)

 

 よって、次回は、

 2-4 わたしがFX投資を始めたきっかけ

および

 2-5.老後の資産増強に向けてFX投資で重要なポイント

について書かせて頂くとともに、ここ数年で私の資産がどの程度と投資で変化(増強!)したかも少しお話しして、この2.を終えることとしましょう! どうぞご期待ください!!

 

 

 では、今後も、この「ヒデクラの真の戯言」をご期待下さい!

(次回は(その5)で、目次(案)に沿って4月下旬の2.の続きとなります。)

 

 

 是非、ご意見やご感想(ご質問もOK)を、コメントもしくはメッセージにてお気軽にお寄せ下さい。

 

 Take care and study hard. See you soon!

ヒデクラでした。

 

 

P.S. 以下、今回のブログシリーズの目次(案)です!

 

1.まだ現役あるいは、これらか定年を迎えられる方々にとって、「老後資産増強」のために留意すべき一番重要なポイント

 ⇒3月中旬執筆&公開済み

 

2.定年前から定年後で、既に5年以上経過した私の「老後資産増強」に向けての変遷(成功&失敗の実践経験事例)

 ⇒今回の4月上旬の前半(その4)、および次回4月下旬の後半(その5) の2回に分けて執筆&公開予定

 

3.私の無料メルマガ【実践留学道場】の冒頭イントロや編集後記でいつも書いている重要な「グローバルの意識」」が資産増強にも

大いに役立った、という「目から鱗」の事例

  ⇒5月上旬執筆&公開予定(その6)

 

4.年金の実態(年金だけでは、全く悠々自適な老後が送れず、年金から税金や社会保険料も取られ、ほとんど残らない)と言う事実と、更に、昨今では定期預金だけでは老後の資産は全く増えず、積極的に投資をしないと老後の資金は増えない、という事実

  ⇒5月中旬執筆&公開予定(その7)

 

5.国の税金優遇制度を大いに活用できるNISAを、どのような投資にどのような方法で運用するのが効果的か、そのノウハウ

  ⇒6月下旬執筆&公開予定(その8)

 

6.株投資、FX投資、金投資、投資信託、等々、私が定年後に初めて実践した「老後資産増強」のための実践事例(金持ちでなく、私のような小市民にお勧めの方法)、および、今後の私の「老後資産増強」計画、更に、私が実践した節税法も特別公開!

  ⇒7月上旬執筆&公開予定(その9)

           

   (一応、今回の老後の資金増強の「ヒデクラの真の戯言」

    シリーズは、このくらいで終えることとし、また新たな

    「ヒデクラの真の戯言」シリーズ開始の予定です!)

    

最後にオマケで、毎回恒例の皆さんのお役に立つサイトのご紹介です!

1.先ずは、「使える英語力を身につけたい方の為に」のサイト

アマゾンの書籍や無料コンテンツも、盛りだくさんのサイトです!

http://www.studying-abroad.jpn.org/RealEigo.htm

 

2. 以下は、「Bookcase」で紹介されました私の人気の著書です!

https://my-bookcase.net/entry/2019年多門院英蔵おすすめの本ランキング/

 

3. 最後に、30タイトル以上発行済みの、私のアマゾン電子書籍サイトです!

https://www.amazon.co.jp/多門院-英蔵/e/B004LWCM8Q

 

★以下は私の無料メルマガのサイトです。

既刊を読んだり、無料配信登録が可能です

・無料メルマガ【実践留学道場】 【無料配信好評受付中!】

(英語や留学のみでなく、人生成功へのグローバルな話題満載の20年以上のロングランの留学・英語関連、グローバル視点のメルマガです!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/merumaga.htm

 

・無料メルマガ【週刊グローバルネットビジネス】【統合済、休刊中】

(【週刊GNB】がメルマガ【実践留学道場】に統合されるまでの創刊号から最終号までは、下記のURLからお読みになれます!)

http://www.studying-abroad.jpn.org/WeeklyGNB.htm

 

                        - 以上 -