多賀城の学習塾 進学教室StudyGym代表が高校時代の部活の経験を振り返る(その4) | 多賀城の学習塾・公立校合格と成績アップ 進学教室スタディジム

多賀城の学習塾・公立校合格と成績アップ 進学教室スタディジム

多賀城駅前で14年目を迎えた、小中学生を対象とした学習塾です。公立高校受験や日々の学習成績アップをベテランの専任講師が少人数グループ指導で徹底的にサポート・指導し実績をあげています。

こんにちは。
生徒が望む人生を手に入れる能力UPの学習塾 StudyGymの長山です。


無謀な挑戦ばかりをしていた高校時代の私。そんな私に『たった一つのあだ花』が咲きました。④

自己中心的な私が初めて周りの人のことを考えた。


前回までのお話です 

私は3年生になっても、打てない・走れない・守れない・の3拍子揃ったヘタクソのままでした。それでもどうしても試合に出たくて、どうしたら出してもらえるか初めて真剣に考えるようになりました。

エラーばかりして投手に迷惑をかけたり、走塁ミスをしてチャンスをつぶしたり、肝心な場面でチームに貢献できないバッティングをするような選手ではだれも使いたくないだろう、出てほしくなんかないだろう。

自分は何でチームの役に立つことができるかな?

打つ 変化球に目がついていかない。バントができない。
走る スタ―トのタイミングが分からない。

それで、守備を磨くことにした。

生まれて初めて真剣に考えたチームワーク・チームプレー



ファインプレーはできなくとも、自分の守備範囲に飛んできたボールは絶対捕る。取った玉は必ず中継の取りやすい所に返す。

カバープレーの練習をフリーバッティングのとき自分に課した。

常に実戦(ワンアウト1塁)を想定し、自分のところにボールが来た時はボールを捕りに行くし、センターに飛んだ時はセンターカバー、ライトに飛んだ時、単打はショートカバー、長打コースならサードカバーに走る。

バットにボールが当たるたびにスタートして、カバー位置に全力ダッシュ、ジョグで定位置に戻る。これを全員のフリーバッティングが終わるまでずっと繰り返す。
この練習は本当に辛かったけれども、続けていく中で着実に守備の腕は上がっていった。

最後には、バットにボールが当たって、跳ね返る時の角度でボールがレフトに行くかセンターに行くかライトに行くか、位置は前進かバックか瞬時に判断できるようになった。

打球を追う時、打球の真下に入るのではなくボール一つくらい右か左にずれてボールから目線を切らさないで追うようにした。きわどいボールが捕れるようになり、球際に強くなった。

相手打者のスイングのフォームからレフトに打球が来るか、来るとしたら大体どの辺になるか分かり、それに応じて守る位置も変えることができるようになった。

大変な役割を担っている仲間たちの努力を慮ることができるように


まだまだ仲間のレベルに全然追いついていない、しかし一つのポジションを任されるようになることがどのくらい大変なものなのかということが分かってきた。

そして、自分よりも高い技術を持ち、大変な役割を担っている仲間たちの努力を慮ることができるようになり、尊敬できるようになった。

もうこれ以上できないくらいやって、自己ベストも出して、それでも負けるならそれでいい。そう思えるようになった。

神の見えざる手


3年になっても相変わらず打てない走れないままだったが、守備力の向上が認められ、春の大会には、1年生の時のようなパターンで出させてもらった。

その時まで、2年間の公式戦で自分のところにボールが飛んできたのは2回しかなかった。

しかし、この試合では、毎イニングの様にボールが飛んできた。最初は何でかなー?狙われているのかなーと思っていた。
後から分かったことだが、バッテリーが信用して右打者に内角球勝負も選択してくれるようになったのであった。
1年生で出た時とは印象に全く大きな違いがあった。

相変わらず練習は大変だけれども、少しずつ野球が楽しくなっていた。
その矢先、3年の夏の大会の直前に、体育の柔道の授業で鎖骨を骨折、すぐに病院に。しかし、そこはヤブ医者と噂の開業医。
診断の結果は右肩の脱臼で1週間安静。

1週間後、練習に復帰し、バッティング練習をすると、同じ場所に激痛。別な病院に行って診察を受けると鎖骨骨折。全治1か月。

私の高校野球はここで終わった。

監督に報告に報告に行くと意外な反応。



肩を固定され、病院からの帰り道、いろいろなことを考えた。

一生懸命やってきた部活終わっちゃたなーとか。
でも足を引っ張る野手がいなくなるから、これからピッチャーは余計な心配しないで、打者と対戦できるなーとか。
きっとチームはうまく回るんだろうなとか。

そして翌日、監督に報告に行くと、

「何っ!?じゃーお前出れないじゃないか!!」

と大きな声でおっしゃりました。

「すみません。」謝って監督室を出る。

その日の昼休みにキャプテンが私の教室に来て教えてくれました。

監督が(Kさんと呼んでいました。)『長山やっと使えるようになったのに出れないんだもんなー。』

とぼやいていたぞと。

監督やまわりのみんなが私の努力を認めてくれていたのでした。

その言葉を聞いただけで充分でした。

私は最後の夏の大会はスコアラーとして参加させていただきました。納得でした。

人にはそれぞれ与えられた役割がある。自己中心的に、違う役割に就こうとしてもその努力は実を結ばない。神の見えざる力が働いて、排除される。

そんなことを感じた部活動の経験でした。(終)

冬期講習生受付中です。


Study Gym冬期講習のテーマは「難関校への第1歩」
1学年先の学習ができるように導きます。
StudyGym冬期講習3つの目標
  1. 先取り学習で望む結果を出す。

  2. 部活と勉強を両立するコツを身につける

  3. Ok学習法を身に着け勉強が好きになる。

冬期体験講習  6日間コース概要


  • 日程:12/23日・24日・25日・26日・27日・28日
  • 時間帯 :小学生 17時10分~18時40分
          中学生 19時00分~21時30分 
  • 場所:Study Gym教室
  • 料金 :3,000円(教材費別途実費)
  • 模擬試験 :1月7日(火)(Study Gym教室にて)
    : 小学生2,530円 中学生3,700円
    ※事前申込が必要です

詳しくはこちらをどうぞ

お問い合わせ・お申込み


メモ冬期講習お問い合わせ・お申込みフォームからお問い合わせください。

*最後までお読みいただきありがとうございました。





みなさんのお越しをお待ちしております。



スタディジム塾生

無料体験授業受付資料請求

★仙台三高・多賀城高・宮城野高・仙台一高・二高・塩釜高
★多賀城・塩釜・仙台の少中学生が通っています。
★学校の成績アップや公立校高受験合格などの指導を通して、子供たちが望む人生を手に入れるお手伝いをしています。

各ブログランキングに登録しています
人気ブログランキング

にほんブログ村


読者登録