ケネディ大統領のカラーコンサルティング その1

 

続きです。

 

しかしながら


当時のモノクロTV討論会の、そのまたモノクロ写真から推察しても、ニクソン氏に差をつける「きらりと光る何か」が明らかにケネディ大統領はあるのです。

 

彼をして勝利に至らしめた「カラーコンサルティング」とは何かはてなマーク

 

謎が謎を呼び、出てきた結論は次のような事ではないかと思います。

 

カラリスト的考察で推論すると、
ケネディ大統領『演出』の一番大きなポイントは明度「コントラスト」の効果です。
濃紺のスーツと純白のシャツのケネディ氏は、モノクロ画面から見る視聴者に白/黒のメリハリのある強い印象を与えます。その結果はシャープで精悍な、若さと自信にあふれたリーダーをイメージさせます。

 

ニクソン氏はなんと「グレイ」、穏やかで控えめでぼやけて見えます。

 

少しマニアックに言うと寒色系、低明度、清色(透明感のある色)の条件を備えた色は、カラーTVの現代でも同じような効果を発揮します。そして高彩度の赤いネクタイなら今でこそ視覚効果抜群でしょう目

 

ケネディ大統領はTV討論会のためにメイクアップをしましたテスティモ

色の効果はメイクアップにも現れています。
肌の色が黒いといわれたケネディ大統領を、健康的でさわやかに見せたのはメイクアップの力です。

ファンデーションで肌の「つややかさ」を演出し、単なる色黒を血色の良い小麦色の肌に見せ、白く輝く歯とのコントラストを強調させることで、好印象を導きだしています。

 

ニクソン氏はノーメイク。

 

 
ThE・パーソナルカラー(青娥書房出版)より

 

結論


その1
ケネディ大統領のカラーコンサルティングと、フォーシーズン分類のパーソナルカラーとは残念ながら時期が合いません。似合うという目的で、大掛かりに色で演出する時代ではなかったはずです。


その2
時代背景を考えればむしろ人の共通心理をベースにした『色彩調節』をイメージコーディネートに応用したと推測する方が自然な流れと言えます。

 

と、いうわけでケネディ氏を勝利に導いたのは
ケネディ大統領に『似合う色』をではなく
理想的な大統領に『演出する色』という事ではないのでしょうか。

 

ケネディ宇宙センター、ケネディ国際空港・・・
今では実在した頃のケネディ大統領を知る人も少なくなりつつありますが、若くして凶弾に倒れた大統領を惜しみ、懐かしむ人々によってその名前は語り継がれていくことでしょうDASH!

 

 

 

スタジオHOWは実績30年!
プロを目指す方も、セミナーご希望の企業の方も、
パーソナルカラー診断を受けてみたい方も、
ぜひお気軽にご連絡ください!
E-mail:info@studiohow.co.jp
URL:https://www.studiohow.co.jp/