知的余生の方法

テーマ:

 

渡部昇一さんの本は、学生の頃に読んで、その頃から尊敬してます。
冒頭にその著作のくだりがあって、その著作もご自身の生活環境の中で感じたことを書かれたところ、全く違う立場の方々からも多くの反響があって、驚かれたそうです。
今回の本も定年後の立場で、自身の生活の中から感じられたことを書かれたようです。

 

渡辺さんは九十歳くらいになれば、生きる執着がなくなるみたいなことを書かれてますが、私は、私の父が若いころに言っていた、
 

「いつ死んでもいいけど、あと五年は生きたい」
 

が真実かと思っています。

 

●なぜよい学校に入ることがそんなに大切なのか」と聞かれたある予備校の先生は、「よい学校を出ると、卒業後に腕を振るえる自由度が大きくなるからです」と答えたという。 

 

亡くなった父も、私が中学受験の際に同じことを言ってました。
その中学は落ちたので、私は普通に地元の公立中学に通いましたが。

 

●外務官僚として日本人に知ってもらいたいことを、一般の、お金を払って雑誌を買う読者が読むに堪えるような文章にしてまとめることは並大抵のことではない。そういう日常の仕事
以外の仕事を自らに課し続ける 

 

私も幼い頃に知った、白楽天が自分の詩を、身近にいる老いた方に聞かせて、理解してもらった詩だけを発表したって話が好きでした。
今でも、相手が話したいんだか、伝えたいんだかがわからない人がいると、ついつい耳を閉ざしてしまうのですが、そこはやっぱりちゃんと聞かなきゃと思うのですが、なかなかできな
いものです。

 

●自分が興味を持ったものを、毎日毎日、少しずつでもいいから勉強していく。この小さな蓄積が、定年と同時に花開くことにつながるのだろう。 

 

仕事に関すること以外は、私も色々興味があるのですが、なんか一本に絞れないですねー。
読書もテーマがバラバラです。
そろそろテーマを絞らなきゃだめかな。

 

●学者の間で囁かれている話では、晩酌が一番の楽しみとか、酒宴がこの世の楽しみになっている人は、きちんとした本を残せない 

 

確かに私は、本を残してないな。
同人誌は、三十年以上続けてて、来年百号を発行予定ですけど。
でも、晩酌は一番の楽しみではなくて、「夕食」なんだけどなー。

 

●元首相であった岸信介さんは、長寿の心得として「転ぶな、風邪ひくな、義理を欠け」という三ヶ条をすすめていたそうである。 

 

確かに歳をとってくると、ちょっとした怪我とかで動けなくなったことが原因で、体全体が動かなくなってくるのかと思います。
「義理を欠け」というのは、友人の葬式に義理で出席して風邪をひき、それが元で死んだ高齢者とか、岸さんの前に首相の石橋さんが、ご自身の首相就任の祝勝会に出席した際にひいた
風邪で病気になり、わずか三か月の短命内閣だったそうです。
でも、ご自身の祝勝会は欠席できないでしょうね。
 

 

 

 

 

AD