独裁力

テーマ:

Jリーグ初代チェアマンの川渕三郎さんの本。

バスケットのプロリーグを発足した話です。

二つに分かれていたバスケットリーグは、収入の違いもあったし、しかも、片方は、日本代表なんて、どうでもいいという考え方だったようです。

 

男子のおかげで、女子までオリンピックに出場できない状態となっていました。

 

リーグの発足にはJリーグの発足の経験が役に立ち、説得力もあったようです。

 

途中、Jリーグの発足の話から、川渕さんが選手の頃、監督の頃の話まで出てきました。

あとは、選手の頃の話もありました。

本一冊を、一つのネタで終わらせるというのは、難しそうです。

 

ただ、「理念」が大切で、まず「理念」を設定してから活動されていることがよくわかりました。

 

 

 

AD