戦争と平和を考える1週間 | 赤髪デザイナーMOEKOOSAWAカラフルDAYS☆
新型コロナウイルスに関する情報について

戦争と平和を考える1週間


先週は、HIROSHIMAとNAGASAKIがあった1週間だったので、戦後追悼番組やニュースを積極的に見て、戦争のない世界と平和について、改めて考える時間が多かったです。



ヒロシマ、ナガサキ、だけでなく、紛争や戦争で亡くなった多くの方の魂が安らかに眠れますよう祈ります。また未だ、被爆体験の後遺症で苦しい生活を強いられている方々、ご遺族の方々が少しでも心と身体に穏やかさを持てるよう、心からお見舞い申し上げます。


簡単ではありますが、各日のコメントと引用させてもらった記事リンクはfacebookに載せさせてもらいました↓


記事はこちら↓

記事はこちら↓
自分の亡き祖父母や諸先輩方、すごく私の人生に近い人たちの中にも戦争体験された方は多く、直接昔からよく「戦時中は」「戦後は」という話を聞かせてもらってるけど、、、、、それでもこのヒロシマ、ナガサキ、の事は毎年すごく自分の中の「日本人として」の在り方に命題を投げかけられるトピックだと個人的に感じてる。


「被害国」っていう史実的観点ではなく、そこから復旧した強さや誇りみたいなモノや、祖父母の代に起こった事って、まだまだ「昔」ではないから、、、、その経験を近く語り継がれてる我々だからこそ、もっと「平和の在り方」や「実現への小さい日常のアプローチ」を模索していけるんじゃないかな。。。


「平和」ってゆ〜とたいそうに聞こえがちだけど、、、、ちょっとしたことで嬉しいなって感じれる心の余裕だったり、相手に対して優しい気持ちになれたり、とか、そ〜ゆ〜笑顔の少しでも多い日常生活を「平和」って個人的に私はシンプルに認識してるし、自分の大事な人たち、守りたい人たちと、そんな日々を過ごせる人生(日々)が素敵(幸せ)だと思うから、、、周りに「思いやり」や「礼儀」は絶対欠いたらあかんぞ!と、また、ちっちゃい事でも自分に誰かを「ほのぼの」させれたり「ニヤリ」とさせれる事があるのなら、そこは愛情の出し惜しみせず、山盛りてんこ盛り発揮していきたいと思うんだよね。


仕事的には、、、「世界平和」に貢献出来る企業人、アーティストでありたいってゆ〜熱意というか信念は昔からガチガチ固いから、、、、「生き様」「生かされてる命」について真摯に向き合いたいという想いが特に強くなる1週間でした。


1日1日、休み休みでも、命あっての今日。
「その日の精一杯を生きる」自分でありたいと思います。


MOEKOOSAWA